2014年02月09日

アイム・ソー・エキサイテッド! 【劇場で鑑賞】

鬼才と呼ばれるスペインの映画監督ペドロ・アルモドバル
の新作コメディ映画「アイム・ソー・エキサイテッド!」
が公開されましたので観に行ってきました。


アイム・ソー・エキサイテッド! Blu-ray



アイム・ソー・エキサイテッド!

原題:LOS AMANTES PASAJEROS
I'M SO EXCITED!

製作:2013スペイン

作品紹介
『トーク・トゥ・ハー』『私が、生きる肌』などの鬼才
ペドロ・アルモドバルによるコメディー。機体トラブルで
旋回し続ける旅客機内を舞台に、オネエ系の客室乗務員を
はじめとするクセあり乗務員と乗客が抱腹絶倒の騒動を
繰り広げる。『気狂いピエロの決闘』などのカルロス・
アレセスや『トーク・トゥ・ハー』などのハビエル・カマラ
ら、スペインの実力派俳優が結集して怪演を披露。
アルモドバル監督ならではのカラフルでポップなビジュアル
に加え、アントニオ・バンデラス、ペネロペ・クルスと
いった大物出演も楽しい。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

数々の話題作を発表しているペドロ・アルモドバル
監督、鬼才と呼ばれる彼の新作は意外にもB級なワン
シチュエーションコメディ、自分はアルモドバル監督
の映画を観るのは初めてでしたので、こちらのような
サックリ軽い作風でも問題ありませんでしたが、氏の
ファンは複雑?。

飛行機が舞台の半密室劇で出てくる乗務員はお酒を
飲んだり○○したりともうユルユル、冒頭で断り書き
があったのもうなずけます、まあコメディですから
大丈夫なんですけどね、それにしてもシモネタが
多かった、あとゲイネタ、オープニングがポップ
だったり全体としてはそれほどお下劣には思えません
でしたが、結構直球で。

登場人物は皆一癖あるキャラ、その中にあって台風の目
だったのがおネエ系の客室業務員たちで、カルロス・
アレセス氏なんかは怪しげな見た目だけでもう笑って
しまいます、彼らの予告にも出ていたダンスシーンは
程よいユルさと悪くないコリオで楽しませてくれましたが
あくまでもスパイス程度、キャラが良かっただけにもう
ちょっと見たくなりましたね。

くだけた雰囲気の小品でまずまず楽しめた映画でした。

アイム・ソー・エキサイテッド! [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:コメディ
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アイム・ソー・エキサイテッド!/LOS AMANTES PASAJEROS/I'M SO EXCITED!
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」 ガエルの女装が見れる「バッド・エデュケーション」..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2014-02-11 01:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。