2014年04月02日

赤×ピンク 【劇場で鑑賞】

仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズを
手がけたことで知られる坂本浩一監督の新作映画
「赤×ピンク」が公開されましたので劇場まで
観に行ってきました。

仮面ライダー、スーパー戦隊、ウルトラマンと
特撮人気シリーズの全てを手がけた経験がある
監督の作品だからか特撮にゆかりがある俳優さんが
多く出演していますね。

赤×ピンク ディレクターズ・ロングバージョン Blu-ray BOX



赤×ピンク

製作:2014日本

作品紹介
直木賞受賞作家、桜庭一樹が初期に執筆した小説を基に、
非合法の格闘技ショーに出場する女性たちを描く青春
アクション。六本木の廃校で開かれる格闘技ショーの
格闘家である4人が、惹(ひ)かれ合ったり、暴力的な
夫に追われてショー存亡の危機にまで追い込まれたり、
もがきながらも成長する様子を映し出す。性同一性障害
である空手家のヒロインを『仮面ライダー』シリーズなど
の芳賀優里亜が演じるほか、多田あさみ、水崎綾女、
小池里奈らが共演。格闘家を体当たりかつエロチックに
演じる、フレッシュな女優たちに目を奪われる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

レズビアンの女性が主役のセクシーアクション、アクション
派注目の坂本浩一監督作という事でやはりその含有量は多め、
坂本監督というと大胆なワイヤーワークが印象深いですが
今回は物語に合わせて封印、オクタゴンの中で行われる地下
格闘は立ち技中心で一部関節が入るリアルに準じながらも
映像的に派手さも加えている方向性です。

その地下格闘技に参加している女性たちの物語、激しい戦いに
投じながら女性に恋する多感な主役の女性を演じるのは仮面
ライダー555やキバに出演していた芳賀優里亜さん、久々に
見た彼女は変わりなく可愛い方、ルックスがあまり変わって
いないので26歳とすっかり大人の女性になっていることに
驚きです、アクションシーンだけでなく話題になったフル
ヌードを披露するなど体当たりで作品に挑んでおられ、
しょっぱなから脱ぎっぷりの良さにビックリ。

共演はグラビアアイドル兼プロデュース業もしていると
いう多田あさみさん、大人っぽく色気がある方ですが
年齢は芳賀さんの一つ下ということ、他にはセクシーで
スタイルも素晴らしい水崎綾女さんや超童顔の小池里奈さん
などの女性陣、あからさまに動きが良い悪役の女性はライダー
の映画で素面で出ていたりスーツアクターもしている人見早苗
さんでした。

悪役を演じていたのは榊英雄さん、「特命戦隊ゴーバスターズ」
の司令官で馴染み深い彼ですが、今回は真逆の役で良い子は
決して見てはいけないいやらしい悪役を怪演。

アクションシーンとともにセクシーなシーンも結構入っており、
基本綺麗に撮られている中思ったよりエロさもありました。

個人的にはアクションシーンにもう一つバリエーションが
あっても良かったかなと、統一感は十分にあったと思いますが、
オクタゴンの外での格闘シーンでは武器を使ったり、
試合では例えばチェーンデスマッチとかアクセントをつけて
も悪くないような、ストレートな格闘を見せるという趣旨が
あったと思いますので全然良いのですがね。

色々な面で力が入っていたアクション作で楽しめた映画でした。

赤×ピンク ディレクターズ・ロングバージョン DVD BOX



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「赤×ピンク」 一昔前のVシネのよう
Excerpt: 「仮面ライダーフォーゼ」でメイン監督を務め、特撮では最近メキメキと存在感を増して
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-04-13 16:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。