2014年04月04日

ハリケーンアワー 【劇場で鑑賞】

新宿の角川シネマでアクション映画「赤×ピンク」
観た後は歌舞伎町の新宿ミラノまで移動し、
故ポール・ウォーカーさん主演の映画「ハリケーンアワー」
続けて鑑賞です。

期間限定で上映されていたのは新宿ミラノ3、これは
また懐かしい劇場で、巨大なスクリーンがあるミラノ1
では子供の頃確かターミネーターやコブラ、マッドマックス
サンダードームとかを観たような、90年代にはマトリックス
やフェイス・オフを観たと思います、小さい頃はミラノで
観た後に隣にあったアニメプラザミーくんで買い物をする
のが黄金コースでした、今回行ったミラノ3となるともう
覚えていませんが、多分何回か訪れていることでしょう。

ハリケーンアワー[Blu-ray]



ハリケーンアワー

原題:HOURS

製作:2013アメリカ

作品紹介
『ワイルド・スピード』シリーズなどのポール・ウォーカー
が主演を務め、生まれたばかりのわが子を守ろうとする
父親を熱演したサバイバルドラマ。巨大ハリケーンに
襲われ機能停止状態の病院に残った父親が、生命維持装置
なしでは生きられない娘のために必死で生き抜こうとする
姿を描く。彼の妻を「ラストスタンド」などのジェネシス
・ロドリゲスが好演。助けを待ちながら、さまざまな知恵
と勇気を振り絞って奮闘する主人公の姿が胸を打つ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

ポール・ウォーカーさんが銃を構えたポスターは
何やらアクション映画のような佇まいですが、
そのような内容ではなく、サバイバルドラマ、
あるいはサスペンスといった感じになっています。

巨大ハリケーンが襲来し、出産のために立ち会った
病院で孤立してしまうポール、そこに至るまでの
流れがスムーズでこれが怖い、まさにいつの間にか
誰もいなくなっているという状況です。

そして赤ちゃんの命をつなぐために定期的にある
アクションをしなくてはならず、タイムリミット
がある中で、助けを呼ぶなど様々な行動をしなけれ
ばならなくなってしまいます。

そのような閉鎖的な状況を描いていますが正直かなり
地味、これは可能な限り現実に起こりうるイベントと
いう方向性ですのでしかたのない部分もあるかと、
しかし中にはアメリカならではの物騒な一面があったり、
徐々に徐々に消耗していくポールの演技がみられる
など、自分としては十分に見ごたえがある内容だと
思いました。

なさそうだけどあってもおかしくはないという絵空事
ではない設定は日本人でも分かり得るものだったのと、
彼の新たな一面が見られた小粒ながらずっしり印象に
残る映画でした。

ハリケーンアワー[DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ハリケーンアワー
Excerpt: HOURS 2013年 アメリカ 96分 サスペンス 劇場公開(2014/02/15) 監督: エリック・ハイセラー 製作総指揮: ポール・ウォーカー 脚本: エリック・ハイセラー 出演: ポ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2014-08-09 00:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。