2014年05月25日

ロボコップ (2014) 【劇場で鑑賞】

4月に観た3本の映画の内の2本目は87年に公開
されたポール・ヴァーホーヴェン監督の名作
「ロボコップ」のリメイク「ロボコップ (2014)」、
2D作品ながらアイマックスで公開されていましたので
遠征して観に行ってきました。

ロボコップ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]



ロボコップ (2014)

原題:ROBOCOP

製作:2014アメリカ

作品紹介
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』
をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の
重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ
変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などの
ジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジャラス・ラン』
などにも出演したスウェーデン人俳優のジョエル・キナマン
を抜てき。ゲイリー・オールドマンやマイケル・キートン、
サミュエル・L・ジャクソンら実力派俳優が脇を固める。
ブラックを基調とする新生ロボコップのデザインやさまざま
なガジェットなど、クールな武器にも注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)IMAX
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

オリジナルのロボコップのデザインは日本の特撮
「宇宙刑事ギャバン」に影響を受けたそうですが、
リニューアルされたロボコップは非常にスタイリッシュ
なデザインになっており色も変更、しかし動きは昔と
同じくロボットっぽいものでイメージは損なわれて
いませんでした。

その新たなロボコップが見せるアクションは映画
「リベリオン」の銃を使った格闘技「ガン=カタ」
を思わせる構えを取る実弾系&スタン系の二丁拳銃
使い、モダンで小気味よい殺陣を見せます、実弾系
のほうはオリジナルと同じくバーストで撃つのが○。

ストーリーは陰謀渦巻くダークなもので爽快なヒーロー
アクションをもとめる観客には合わないのでは、自分も
さすがに最後はわかりやすくスッキリする落とし方を
入れて欲しかったところです、前作同様ブラックな味付け
も入っていますし。

オリジナルデザインのロボコップやED-209を思わせる
デザインのメカが出てきたりと旧作に程よく配慮されて
いましたし、現代的にリファインされた部分も良く、
そつなく楽しめたSFアクション映画でした。

ロボコップ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:SF アクション
posted by かとちゃん00 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い
Excerpt: 1987年制作のポール・ヴァーホーベン監督の「ロボコップ」のリメイクです。 デト
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2014-05-28 22:16

ロボコップ(2014)
Excerpt: ROBOCOP 2014年 アメリカ 117分 SF/アクション 劇場公開(2014/03/14) 監督: ジョゼ・パヂーリャ 出演: ジョエル・キナマン:アレックス・マーフィ ゲイリー・オール..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2014-08-09 00:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。