2014年06月04日

シークレット・チルドレン 【劇場で鑑賞】

クローン人間を題材にしたSFドラマ
「シークレット・チルドレン」が公開されました
ので観に行ってきました。

こちらは日米合作映画で監督は日本人の中島央さん、
キャストはアメリカ人で言語は英語になっています。

シークレット・チルドレン [DVD]



シークレット・チルドレン

原題:THE SECRET CHILDREN

製作:2014アメリカ/日本

作品紹介
製作に日本の会社、監督にアメリカで映画製作を学んだ
中島央が加わったアメリカ映画で、近未来を舞台に
クローン人間の生き残りを懸けた戦いを描くSFドラマ。
新しい大統領となった独裁者の方針で、かつて人口増加
のために誕生したクローン人間シークレット・チルドレン
の廃絶計画が浮上し、そんな状況で繰り広げられる
クローン人間の壮絶なサバイバルを映し出す。アメリカ
のテレビシリーズなどに出演するオーガスト・コリエルら、
これから飛躍しそうな俳優たちの演技にも注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★☆

舞台は近未来の架空の国家、政策が変わったために
殺されてしまう運命のクローン達の物語。

クローンですので見た目は普通の人間となんら変わらず、
そんな彼らを一方的に用済みとし、捕らえては処理
していくという非常に気分の悪くなる設定。

さらにクローン達があまりにも無力・・・、敢えてこういう
方向性にしているのでしょうけど、さすがにもう少し
何かしらクローン側からアクションを起こして欲しいと
思ってしまうレベルで、国際的に非難を受けておかしく
ない行いをされていますから、諸外国から何らかの支援
を受けるなり亡命するなりとにかく動いてくれと画面に
願ってしまいます。

そんなクローン達を写す群像劇でアクションは無く会話中心
のドラマ、幾つかのパートに分かれていますが全体的に淡々
と進行し、そのような地味な作風かなと観ていると中には
悪くないエピソードも、そして時間的にクライマックスに
向けて進むと思いきやそこからまた新たなキャラが出てきた
時点でドッと疲れが・・・、ここからまた組み上げるの?と。

案の定あまり時間を取らずに次に行ってしまっていたので、
構成に疑問を持ってしまいます、クローンに対する仕打ち
を見ていると過去に人類が犯した過ちを思い起こさせたり、
人間の愚かさを見せていると感じましたが、映画としての
面白みや感動といった部分は薄く、低予算のダークなSF
ドラマとしてみても物足りなさを感じてしまう自分には
合わない作品でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:近未来SF ドラマ SF
posted by かとちゃん00 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。