2014年09月11日

攻殻機動隊ARISE border4 Ghost Stands Alone 【劇場で鑑賞】

士郎正宗原作の人気アニメシリーズ最新作
『攻殻機動隊ARISE』の第4弾で最終章となる
『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』
が映画館でイベント上映されましたので観に行って
きました。

攻殻機動隊ARISE 4 [Blu-ray]



攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone

製作:2014日本

作品紹介
士郎正宗原作のコミックを基にアニメーション化した
人気シリーズで、攻殻機動隊の創設やヒロイン・
草薙素子の知られざる物語を描いた新4部作の最終章。
戦後復興の兆しが表れ始めた2028年を背景に、
“ファイア・スターター”が引き起こした無差別発砲
事件の解決に挑む攻殻機動隊のメンバーと、事件の裏
に潜む少女と男の謎を活写。総監督・キャラクター
デザインを、これまでのシリーズ同様黄瀬和哉が担当、
シリーズ構成・脚本を『天地明察』などの冲方丁、
音楽をコーネリアスが手掛ける。シリーズを締めくくる
壮絶な展開に引き込まれる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館ビスタ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

ARISEシリーズで暗躍する“ファイア・スターター”が
引き起こした無差別発砲事件の解決に挑む草薙素子率いる
チーム、彼らの前に現れた全身義体の少女の正体は?。

攻殻機動隊の創設を描くシリーズの最終章、今まで登場
したキャラや謎だった部分も巻き込んだ事件が勃発、
一つの事件ですが謎めく容疑者や事件の背後に蠢く
陰謀など様々な要素が絡み、物語についていくのが
精一杯、もちろん攻殻機動隊の世界の独自の設定や
用語もポンポン出てきますので、当シリーズの中でも
一番画面に集中を強いられることに。

その中にキレのあるアクションも挟み込まれメカ類
のサービスもアリ、プラス台詞量が多かったり
しながらも話のテンポは良好。

話の中でわからない部分はあったものの流れ的には
ギリついていけました、とにかく素子が格好よくて、
全部が全部わからなくても楽しめました、冷静沈着な
少佐が攻撃的な台詞を吐くとしびれます。

今年は人間とネットワークの関係を描いた映画が
何本か公開された中、電脳の可能性と“怖さ”の
ほうもしっかり感じさせたのはさすが元祖、
テクノロジーが発達して便利になった一方非常
に危うい世界になってしまったというところを攻殻機動隊
は観客に見せてくれます。

60分×4話と短いシリーズですが攻殻機動隊の今までの
ファンに配慮がありつつとっつきやすさもあり、
アクションシークエンスとストーリーどちらも楽しめる
バランスの良い作り、濃度十分の作品でした。

攻殻機動隊ARISE 4 [DVD]



以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
  にほんブログ村 映画ブログへ  
ここからネタバレあり感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

エンディングに流れた曲でえ?YMO!?と思わず
のけぞってしまったエレクトロニカ調の曲は
やはり高橋幸宏さんがボーカル、音楽を担当して
いるコーネリアスとのコラボで、 高橋幸宏&METAFIVE
(小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ
×LEO今井)という名義、好きな人にはたまらないであろう
豪華な面子で、幸宏さんの過去にリリースした曲をテクノに
こだわったライブで見せるユニットだそうです、今回
レコーディング音源は初ということで貴重な新曲が
聞けましたが、YMOの新曲と言われても納得してしまう
ような電子音をふんだんに使った曲に載る幸宏さんの
艶っぽい声は健在、まさかここで聞けるとは思って
いなかった自分には非常に嬉しいサプライズでした。
  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アニメ SF
posted by かとちゃん00 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone
Excerpt: ARISE4部作、面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2014-09-15 22:13