2014年09月17日

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー 【劇場で鑑賞】

ミュージカルコメディー映画『ザ・マペッツ』の続編
『ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー』が、千葉県の
シネマイクスピアリと東京都のイオンシネマむさし村山
の2箇所で限定公開、かなり少ない公開館数ですが、
ラッキーなことに近くで上映していましたので観に行って
きました。

ちなみにこちらの映画はディズニー史上初めて劇場公開
と同日にオンデマンド配信を開始したそうです。

ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー (字幕版)



ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

原題:MUPPETS MOST WANTED

製作:2014アメリカ

作品紹介
カエルのカーミットなど人気マペットたちの活躍を描き、
第84回アカデミー賞歌曲賞を受賞したミュージカル
コメディー『ザ・マペッツ』の続編。カーミットにうり
二つの極悪カエルの登場により大胆不敵な犯罪計画に
巻き込まれた「ザ・マペッツ」の仲間たちが、ヨーロッパ
を舞台に大冒険を繰り広げる。カメオ出演陣には
『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストン、
『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グレース・
モレッツ、歌姫レディー・ガガら豪華な顔ぶれが集結。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

第84回アカデミー賞歌曲賞を受賞した2011年公開
の『ザ・マペッツ』の続編、前作を劇場で観て
面白かったので今回も観に行ってきました。

敏腕マネージャーのおかげでワールドツアーに
出ることになったマペッツの面々、しかしそこ
にはカーミットそっくりの邪悪なカエル“コンスタン
ティン”の悪巧みが隠されていた!、危うしマペッツ!。

ユーモラスな風貌で可愛らしいマペッツたちが歌って
踊る大活躍を見せるシリーズ第2弾、今回はリーダー格
のカーミットそっくりの悪のカエルが登場し、ワールド
ツアーに出発するマペッツを混乱に陥れるマペッツパート
と、囚われの身になり悪戦苦闘するカーミットパートの
二つを軸に、ギャグ満載で時にサスペンスフルなドラマ
を見せます。

前作に引き続き今回もミュージカルシーンはたっぷり、
映画の全部の台詞を歌うタイプではなく、所々挟み込まれる
独立したミュージカルパートです、その曲調は伝統的な
ミュージカルといった曲中心で、またまた良い曲を
聴かせてくれました。

カラフルなキャラクターのマペッツたちに負けんと、
人間側も一癖も二癖もあるキャラばかり、メインキャスト
の他にはレディ・ガガやクロエ・グレース・モレッツ
など豪華なカメオ出演も沢山、ストーリーが進むとともに
バンバン現れるのでお見逃しなく(わかっている限りの
カメオ出演者はネタバレのほうにまとめてあります)。

日本ではイマイチなじみの薄いキャラクターのマペッツ
たちですが、個性的なデザインで動くと愛嬌があり、
内容は大人から子供まで観られるもの、彼らの事を
あまり知らない自分でもついていけました、今回も
楽しい映画になっていて観て良かったです。

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
ここからネタバレあり感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

前作に続き豪華なスターのカメオ出演が多々、
IMDBのキャスト表などを見つつ整理してみました。

・アッシャー→アッシャー役。

・クリストフ・ヴァルツ→クリストファー・ワルツ。

・クロエ・グレース・モレッツ→新聞配達の女の子。

・ザック・ガリフィアナキス→結婚式の客
“ホーボー・ジョー”、前作と同じ人役だったとは。

・サルマ・ハエック→本人役。

・シアーシャ・ローナン→本人役。

・ジェームズ・マカヴォイ→UPS Guy役、UPSという会社の
配達員ということで、イーグルのでっかいバッジを運んで
きた男のよう、これはよく見ていないと気づかないですね。

・ショーン・コムズ(P.Diddy)→本人役、元々パフ・ダディ
がどんな人か知らなかったので気づきませんでした。

・スタンリー・トゥッチ→カーミットに機関銃を撃った
刑務所の見張り“アイヴァン”役、いかにもカメオでっせ
という登場でしたが、この前観た『TF ロストエイジ』
のように眼鏡をかけていなかったので気づかず。

・セリーヌ・ディオン→本人役。

・トビー・ジョーンズ→プラド美術館警備員#2。

・トム・ヒドルストン→刑務所のショーで鎖をつけていた
“グレート・エスケイポ”、スタンガンで鎮圧されたのが
ロキだったとは、短髪&髭面でわからず・・・。

・レディ・ガガ本人→本人役。

などなど、ラストのミュージカルシーンでちゃんと
出てきてくれたのも嬉しかったです。

あとカメオ出演ではありませんが、収容所にいた小さい方
は米プロレス団体『WWE』のレスラー『ホーンスワグル』
が演じています。

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック