2014年12月23日

ショートターム 【劇場で鑑賞】

未成年の保護施設を舞台にしたドラマで
各国の映画祭で話題になったという映画
『ショートターム』が公開されましたので
観に行ってきました。

ショート・ターム [Blu-ray]



ショートターム

原題:SHORT TERM 12

製作:2013アメリカ

作品紹介
ロカルノ国際映画祭ほか世界中の映画祭や映画賞を席巻
した、未成年の保護施設を舞台に生きる喜びを描いた感動
のヒューマンドラマ。ティーンエイジャーをケアするため
の短期保護施設で働くヒロインの心の闇や、彼女を取り
巻く施設の子供たちが心に受けた傷を丁寧にすくい取る。
監督と脚本は、これまでショートフィルムなどを手掛けて
きたデスティン・ダニエル・クレットン。主演は、
テレビドラマ「ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ」
シリーズなどのブリー・ラーソン。人とのつながりや人の
温かさを感じさせる、珠玉のストーリーが心に響く。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

未成年の短期保護施設“ショートターム12”が舞台、
児童虐待など訳あって家に帰ることが出来ない子供たち
を保護している施設で、そこに暮らす人々を映し出す
ドラマ。

保護されている子供達はごく普通に生活している様子
ですが、中には上手くコミュニケーションを取れ
なかったり、心を閉ざしてしまっている子も、
そんな彼らの姿は役者さんと演出陣の手により
このような施設の中を見たことがない自分にも
リアリティを強く感じられるものでした、特に凄かった
のはマーカス役のキース・スタンフィールド君、
いったい彼に何があったのか?、これからどうなって
しまうのか?と思ってしまう佇まい、役柄に説得力が
十二分にありました。

もちろん子供達をケアする職員のほうのドラマもあり、
実質的な主役のブリー・ラーソン演じるグレイスを
はじめとする印象に残る人物達、セラピストでもなく
教師でもありませんが、友達?、家族?、仲間?、
とにかく真摯に子供たちに接しています、そんな彼ら
の施設内外での生活を描き、物語の幅が広がっていました。

職員のグレイスを中心に彼女と子供達の交流を
踏み込んだところまで見せますが、所々にユーモア
を交えたり、人生色々なところを非常に良い流れ
で観せてくれますので、最後まで画面に引き込まれて
いました。

大げさな演出がないのが◎で、さりげなく心に染みる
エピソードが入っていたりと口当たりは良好、一方
静かめのシーンで衝撃を与える言葉が出てきたりと
ピリッとしたところもあり、派手ではありませんが
抑揚はしっかりとありました、そして登場人物の心の
動きを自然に追える作りではないかと。

今年は親子と血のつながりを考えさせられる映画に
出会え、こちらもその内の一つとなりました、是非
多くの人にこの物語に出てくる人たちの言葉に
耳を傾けてもらいたい、そんな映画でした。

ショート・ターム [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。