2015年01月29日

祝宴!シェフ 【劇場で鑑賞】

今年の映画鑑賞は台湾発グルメ映画の『祝宴!シェフ』
からスタート、公開から時間差で近くのシネコンで
上映されていたので観に行ってきました。

祝宴!シェフ [DVD]




祝宴!シェフ

原題:總舖師:移動大廚
ZONE PRO SITE

製作:2013台湾

作品紹介
『熱帯魚』、『ラブゴーゴー』で知られる台湾映画界の
ヒットメーカー、チェン・ユーシュン監督が、およそ16年
ぶりにメガホンを取ったコメディー。美食の街・台南を
舞台に、著名な宴席料理人を父に持ちながらも料理の
心得がほとんどない娘が、人々を幸せにする究極の
レシピを探し求めて奮闘するさまを描く。テレビドラマ
や映画などで活躍するリン・メイシウ、『僕の恋、彼の
秘密』などのトニー・ヤン、本作が映画出演2作品目
となるキミ・シアらが出演。全編を彩る台湾料理の数々
に食欲をそそられる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

高名な宴席料理人の父を持つ売れないモデル、シャオワン
(キミ・シア)は元恋人の多額の借金のため夜逃げし、
母パフィー(リン・メイシウ)が営む食堂に駆け込む、
そこに亡くなった父だけが作れる古来の宴席料理を
作って欲しいという老夫婦がやって来るが・・・。

テレビでは鉄板の企画であるグルメ系、映画でも同じく
ハズレが少ない印象です、こちらもそれにならい画面
に出てくる料理の数々は食欲をそそり、それだけで
ポイントがアップしてしまうというもの。

ストーリーはキミ・シアちゃん演じるシャオワンがお母さん
と協力して料理バトルに挑むというわかりやすい骨格に、
シャオワンのバックグラウンドや相手役・サブキャラの
エピソードも挟み込み盛り沢山、そのため長尺になって
しまいましたが、作りが丁寧ですのでややゆったり気味
のテンポでも心地よし、各キャラの立ち具合もなかなかで
楽しませてくれました。

舞台は現代の台湾ですが、ノスタルジックな演出もあって
どこか日本の昭和を思い起こさせます、面白かったのは
劇中出てくるオタクの格好で、芋ジャージなんか着ている
人がいて何故か日本とそっくり。

ファッションといえばキミ・シアちゃんのカラフルな衣装
はアイドル然としたとても可愛いもので、彼女のルックス
の良さと相まって画面に華を与えています、その衣装と
ライティングやセットなども合わさり映像は全体的に
ポップな仕上がり。

親しみやすい感触で大盛りながらペロッと完食できた映画
で楽しかったです、それにしても主役のキミ・シアちゃんが
可愛い!、彼女のキュートな魅力でキャラの弱点もプラマイ
ゼロに引き上げている感じ、それとリン・メイシウさん演じる
関西色満点の爆裂オカンのサポートも忘れてはいけませんね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

祝宴!シェフ
Excerpt: ミスター味っ子のようなリアクションは笑った。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-02-01 01:01

祝宴!シェフ
Excerpt: 祝宴!シェフ '13:台湾 ◆原題:總舖師:移動大厨 ◆監督:チェン・ユーシュン「熱帯魚」「ラブゴーゴー」 ◆出演:リン・メイシウ、トニー・ヤン、キミ・シア、ウー・ニェンチェン、クー..
Weblog: C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2015-02-23 19:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。