2015年03月21日

機動戦士ガンダム THE ORIGIN T 青い瞳のキャスバル 【劇場で鑑賞】

『機動戦士ガンダム』シリーズの人気キャラクター、
シャア・アズナブルの過去に迫った安彦良和のコミック
をアニメ化した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN T
青い瞳のキャスバル』が映画館でイベント上映
されましたので観に行ってきました。

『シェフ 〜三ツ星フードトラック始めました〜』
を観た後続いて同じシネコンで上映していたこちらを鑑賞、
さすがにガンダムだけあって集客が良かったです、ちなみ
に料金は1300円、自分が行った時にはもう予定数を終了
してしまっていましたが、入場者プレゼントのミニ色紙が
あったそうです。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]



機動戦士ガンダム THE ORIGIN T 青い瞳のキャスバル

製作:2015日本

作品紹介
『機動戦士ガンダム』シリーズの人気キャラクター、シャア
・アズナブルの過去に迫った安彦良和のコミックをアニメ化。
後にシャアと名乗ることになる少年キャスバル・レム・
ダイクンと、その妹アルテイシア・ソム・ダイクンが歩む
波乱の運命を見つめる。安彦が自ら総監督を務め、
キャラクターデザインも担当。監督には「宇宙戦艦ヤマト2199」
のCGディレクターなどを務めてきた今西隆志、メカニカル
デザインには数多くのガンダムシリーズに携ってきたカトキ
ハジメら、シリーズを支えた顔ぶれが集結している。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館 ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

宇宙世紀0068年、サイド3ムンゾ自治共和国を率いる
ジオン・ズム・ダイクンはスペースノイドの革新
のために地球連邦政府からの独立を決意するが、
議会で宣言しようとした矢先に倒れてしまう・・・。

日本ロボットアニメの金字塔にて今なおその人気
がとどまることを知らない『機動戦士ガンダム』(1979)、
そのキャラクターデザイン・アニメーションディレクター
の安彦良和氏が手がけた人気コミック『機動戦士ガンダム
THE ORIGIN』がついにアニメ化、ガンダムの主人公
アムロ・レイの好敵手にしてもうひとりの主人公とも
言われるシャア・アズナブルとその妹セイラ・マスの
物語『シャア・セイラ編』を全4部で製作されるという
ことです。

でその第一作目がこちら、アニメ『機動戦士ガンダム』
の前日譚にあたり、サイド3というスペースコロニー群の
ムンゾ自治共和国での出来事を描きます、ダイクン家、
ザビ家、ラル家の3つの家系の人達の群像ドラマですが、
説明的セリフはあったもののナレーションでの解説、
字幕でのフォローとかはほとんど無かったと思います
ので一見さんには厳しいというか知っている前提の作り
というか、事前に最初のガンダムを予習されておいたほう
がより楽しめると思います、まあこれを観ようとする
大半の方はもうご覧になっているでしょうが・・・、
自分はガンダムのアニメは観た事があり、オリジンの
原作の漫画は未見での鑑賞となりました。

いざ観てみると序盤に大仰な演出が入り、まさかこんな
感じでいくのかな?と思ったら今度はギャグアニメっぽい
タッチのコメディパートが挟み込まれ困惑、アニメでは
珍しくない画でしたが、“ガンダム”でやられるとかなり
のインパクトです、ダブルゼータの前半でもここまで
崩しませんでしたし、個人的にはユーモアが入って全然
構わないものの、もう少しスマートにやっていただき
たかったところ。

画的には一部CGワークにチープさを感じる部分があり、
そこを除けば全体としては悪くない作り、やはり安彦良和氏
のキャラは魅力的で、動くのが見られるだけでも嬉しく
なってしまいます、氏のキャラはロボットアニメ好きな
自分のDNAに深く刻まれている模様、一方メカデザインも
良く、今回はまだモビルスーツが出てこない時代なので
次に期待が持てますね。

後は芝居がかったシーンやコメディパートなど食い合わせが
気になった部分が今後どうなるか、ガンダムに地続きに
なっているストーリーながら、独自の色が出ているこちら
のシリーズの次作に注目です。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [DVD]



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アニメ ガンダム
posted by かとちゃん00 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度にあれもこれもTBにやってきてどうもすいません。
最近あまり映画を見れてない上に
ブログの更新も途絶えがちで
アップするのはフォトのほうが多いもんで。(^_^;)

物事が善と悪なんてふうに簡単に割り切れないんだよ〜ってな話をなんとなく感じた作品がガンダムで、
モビルスーツよりは人間ドラマで結構リアルタイムにファーストをみてハマった世代でして
当然シャアに対する思い入れはがっつりあって。そのくせあまり覚えてないのだけど。(^_^;)

ランバ・ラルをイジるのか〜ってのはありますが個人的にはその分もっと彼を好きになったかもしれません。(^_^;)
秋まで長いですが楽しみにしています。(^-^)/
Posted by Ageha at 2015年04月28日 17:12
Ageha様お忙しいところありがとうございますm(_ _)m、そちらのご都合もありますのでTBの件はお気になさらずに。

オリジンはOVA版で初めて観ましたが、こういう作風だったとは、今年中に次作が発表されるのはまずまずのペースではないでしょうか、今回と同じく次も盛況になると良いですね。
Posted by かとちゃん00 at 2015年04月28日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル  監督/今西 隆志
Excerpt: 【声の出演】  田中 真弓(キャスバル・レム・ダイクン)  藩 めぐみ(アルテイシア・ソム・ダイクン)  喜山 茂雄(ランバ・ラル)  沢城みゆき(クラウレ・ハモン)  池田 秀一(シャア・アズナブ..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2015-03-22 19:35

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル
Excerpt: ガンダムだけど、ガンダムは出てきません。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-03-22 20:01

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I/青い瞳のキャスバル』(2015)
Excerpt: 宇宙世紀0068、サイド3のムンゾ自治共和国。地球連邦政府からの独立を宣言しようとした矢先、ジオン・ズム・ダイクンは突如倒れ帰らぬ人となる。側近のジンバ・ラルはザビ家の陰謀だと公言し、ダイクンの遺児キ..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2015-03-22 21:08

ハモンとランバラルがよいわ〜♪〜「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 1 青い瞳のキャスバル」〜
Excerpt: 実はファースト世代で、周りの友達が見てたから なんとなく見てしまってそのまま巻き込まれ系でシャアが好きになってしまったってことで。 とはいうものの、見ていたのはこのファーストのみで そのあと劇場で見..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-04-28 17:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。