2015年03月25日

ドライブ・ハード 【劇場で鑑賞】

ジョン・キューザックとトーマス・ジェーン
が共演したアクション映画『ドライブ・ハード』が
公開されましたので観に行ってきました。

ドライブ・ハード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]



ドライブ・ハード

原題:DRIVE HARD

製作:2014カナダ

作品紹介
『ハイ・フィデリティ』などのジョン・キューザック、
『ミスト』などのトーマス・ジェーンの実力派共演による
アクション。元レースドライバーの運転教習所教官が、
謎めいた教習生と出会ったばかりに強盗事件に巻き込まれて
しまう姿を追う。メガホンを取るのは、『アドベンチャー
・オブ・ジ・アース』『ダブル 完全犯罪』などの
ブライアン・トレンチャード=スミス。男たちのプライド
や絆をめぐるドラマもさることながら、主人公たちが操る
ビンテージのフォード・マスタングの激走ぶりも見もの。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★☆

元レーシングドライバーで今は教習所の教官として
働くロバーツ(トーマス・ジェーン)のもとにある日、
彼を指名して路上教習を受けたいという不審な男
ケラー(ジョン・キューザック)が現れるが・・・。

これはなんとも懐かしい雰囲気、80年代B級映画か
テレビムービーかという作り。

主演はジョン・キューザックとトーマス・ジェーン、
飄々としたキャラでかき回し役のジョンと奥さんに
尻に敷かれ気味な巻き込まれ役のトーマスのコンビ
の掛け合いがなかなか楽しい、ジョンの軽〜いノリ
と長髪がオールドスクールな作風にマッチしている
トーマスのえらい目に合いっぷりをお二人が安定感
のある演技で見せます。

一方アクションシークエンスは全体的にイマイチで、
前半のチェイスシーンは動きは悪くないもののスピード
感に欠け、後半は車の見せ場があまりないと、カー
アクションとしては厳し目。

ですのでアクション部分にもう少しパワーがあったら
なと思いつつも、バディもの&ロードムービー要素
が良いポイント、この時代にこの作風を投下する?と
タイムスリップしたかのような感覚に陥ったのも
悪くなし、コミカルな劇で引っ張った矢先ブラックな
味付けも急に入るなど意外な面を見せるのも○、
何か地デジじゃない頃のテレビ東京の午後か深夜に
ユルりとかかっているようなテイストで自分はそれなりに
楽しめてしまった映画でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ドライブ・ハード
Excerpt: 評価:★★☆【2.5点】(11) 出ました!ジョン・キューザックのやる気なしキャラ(爆)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-03-27 00:10

ドライブ・ハード
Excerpt: DRIVE HARD 2014年 カナダ 95分 アクション PG12 劇場公開(2015/02/28) 監督: ブライアン・トレンチャード=スミス 脚本: ブライアン・トレンチャード=スミス ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-08-16 14:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。