2015年09月03日

攻殻機動隊 新劇場版 【劇場で鑑賞】

士郎正宗が発表したSFコミック『攻殻機動隊』
シリーズの連載開始25周年を記念した劇場版
『攻殻機動隊 新劇場版』が公開されましたので
観に行ってきました。

攻殻機動隊 新劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]



攻殻機動隊 新劇場版

製作:2015日本

作品紹介
テレビアニメ、小説、映画化などメディアミックス展開され、
世界中で絶大な支持を獲得してきた『攻殻機動隊』シリーズ
の連載開始25周年を記念した劇場版長編アニメ。1989年に
士郎正宗が発表したSFコミックを基に、サイバー犯罪を
制圧すべく組織された攻殻機動隊の起源と、超絶ハッカー
スキルを持った全身義体のサイボーグである主人公・
草薙素子の出生の秘密が明かされる。シリーズの原点に
迫るストーリー、そしてスタイリッシュな映像世界に注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館 ビスタ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

2029年、総理大臣が殺害され、草薙素子はバトーやトグサらと
捜査を開始、その過程で洗脳、ゴーストへの侵入、疑似記憶の
形成を行うことができる電脳ウイルス「ファイア・スターター」
の存在が浮かび上がる・・・。

攻殻機動隊のビギニングものといえる最新シリーズARISE
をベースにしていながら、時間軸は直後じゃないですよね
これ、また総集編でもなし、しかしまとめはちゃんとして
くれるという独特の立ち位置。

ストーリーは毎度のことながらついていくのが精一杯で集中を
要する内容、様々な勢力が絡み合い、専門用語が飛び交います
のである程度の予習は必須となっております。

そんな中興味深い義体の設定が、デッドエンドと呼ばれる
義体のアップデートができなくなってしまう問題で、
物語の重要なファクターとなっています、素人考えとしては
義体はパーツに分けられるので、首さえすげ替えれば大丈夫
じゃね?なんて思ってしまい、制御ソフトが全く違うものに
なってしまうとしても、さすがに人の命がかかっていますので、
旧規格との互換性は保っていくのでは?、とも考えてしまい
ます、この映画ではそういった旧来からのサポート体制を
推し進める側と新規格派の争い、さらには・・・というところ
まで突っ込んでいきます、この映画を観て少し経ってから
発売当初大人気だったロボット犬“AIBO”のサポートが終了し、
修理が困難というニュースを見て思わずデッドエンドとリンク、
よりリアルに感じられました。

劇中デッドエンドと共に物語の鍵となるのは電脳ウィルス
「ファイアスターター」、擬似記憶も作れるもので捜査陣
と観客の両方をかく乱、ネットワークが進歩する一方で
なりすましや他人に操られる怖さがある事を見せつけます。

そういったことがありましたので義体の個人認証とか
どうなっているのかな?という疑問が、他人と同じ顔に
出来ますし、ものによっては性別をも超えてしまう、
しかも遠隔操作義体まであるとなると、個人の特定が重要
になってくるなと思いましたので、もしかしたら義体化
する際に生体時の指紋や網膜などのデータを移植すること
が義務付けられているとか?、あるいはどこかにバーコード
的な識別が出来るものが付いているのか、もしかしたら
過去の作品や原作にそのようなところに言及した部分が
あったかもしれませんが、今回のストーリー展開で知りたく
なった部分でした。

非常に画期的な電脳という概念は25年前に士郎正宗氏が
提示したもの、前回の劇場版の『GHOST IN THE SHELL』
も公開から既に20年が経過、そちらも映画館で鑑賞
しましたが、その時の電脳のイメージと今回で受け取り方
に大きな差が生まれました、現在ではインターネットが
これだけ発達し、スマートフォンやタブレットなど携帯性
も高くなっていますので、もう電脳が現実に起こっても
おかしくはないというところまで来ている・・・、
というのはいささか大げさかもしれませんけど、昔より
格段に想像がつきやすくなったのは確かで、改めて
士郎正宗氏の世界観は凄いなと。

濃密なドラマだけではなくもちろんダイナミックな
アクションもあり、そんな中ちょいちょい挟み込まれる
草薙少佐のドSなセリフも印象的、過去作へのオマージュ
まで入っているなどギッチリ詰め込まれた内容、正直一回
観ただけで全てを把握するのは難しかったですけれども、
押井監督版と神山監督版よりはまだ自分にはとっつきやすく、
エレクトロニカ系や電子音中心のコーネリアスの音楽も◎、
まとまりもよくシャープで楽しめた映画版でした。

攻殻機動隊 新劇場版 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アニメ
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

義体の行き着く未来。〜「攻殻機動隊 新劇場版」〜。
Excerpt: 素子VSクルツ? 電脳と義体をめぐる利権でもって結局戦争は続く。 なんかAIBOの末路とこのストーリーででてくる「デッドエンド」がかぶっちゃったな。 機械の体を手に入れるってことはそれをメンテ..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-09-09 08:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。