2015年10月07日

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター 【劇場で鑑賞】

社会派フォトグラファーとして知られるセバスチャン
・サルガド氏のこれまでの軌跡を捉えたドキュメンタリー
で監督は息子のジュリアーノ・リベイロ・サルガドと
ドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダースが務めた映画
『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』が
公開されましたので観に行ってきました。

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター [Blu-ray]



セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター

原題:THE SALT OF THE EARTH

製作:2014フランス/ブラジル/イタリア

作品紹介
『パリ、テキサス』などのドイツの巨匠ヴィム・ヴェンダース
監督がメガホンを取り、高名な写真家セバスチャン・サルガド
の足跡に迫るドキュメンタリー。彼の息子ジュリアーノ・
リベイロ・サルガドとヴェンダース監督が、セバスチャンが
2004年に開始したプロジェクト「Genesis」の魅力を
ひもといていく。ガラパゴス諸島やサハラ砂漠など120か国
にも及ぶ場所で撮影を敢行。何かが訴え掛けてくるような
写真に魂を揺さぶられる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

写真家セバスチャン・サルガドの足跡に迫る
ドキュメンタリー、彼が撮った写真を見せながら
本人がコメンタリーをする形式が基本的なブロック、
他には写真撮影をしている貴重な姿を捉えたブロック
もあり、しっかりとテーマを持って活動されている
ので、それぞれの期間で区切られていて見やすく
なっていました。

スクリーンに映し出されるサルガド氏の写真の数々は
圧巻・・・、荘厳な自然の姿もさることながら、人間
を撮ったものが強烈、この映画を観るまで氏の事を
知りませんでしたので、ポスターやチラシで見た自然写真
とは別に、報道写真家として戦地に赴き、難民の実情などを
フィルムに収めていたとは、その中にはもちろん惨たらしい
写真も含まれており、地獄のような惨状を目の当たりにします、
一方で楽園のような大自然も眼前に広がり、これが同じ地球
で起こっていることなのかと、そういった写真を映していくと
その部分が結構な分量になりますが、全く不満はありません
でした。

写真を映すとともに氏のコメンタリーが聞けるというのも
良い点、その言葉も人間の絶望と希望を垣間見せられる
非常に興味深い内容で、極限状態を体験した方の重みを
感じました。

最後は自分が思ってもみなかった方向に展開したのが事実は
小説より奇なりということでしょうか、映像と内容どちらも
見ごたえのある作品で面白かったです。

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。