2015年11月10日

ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女 【劇場で鑑賞】

女性監督アナ・リリー・アミールポアー初の長編作
で製作にはイライジャ・ウッドが名を連ねる映画
『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』が
公開されましたので観に行ってきました。

ザ・ヴァンパイア~残酷な牙を持つ少女~ [DVD]



ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女

原題:A GIRL WALKS HOME ALONE AT NIGHT

製作:2014アメリカ

作品紹介
孤独な吸血鬼の少女と人間の青年の運命的な出会いを、
イランの架空の町を舞台に描いたヴァンパイアムービー。
気鋭の女性監督アナ・リリー・アミールポアー初の
長編作で、モノクロの映像美、絶妙な音楽センスが
サンダンス映画祭など世界各地の映画祭で高い評価
を得た。『ブラック・ハッカー』などのイライジャ
・ウッドが製作総指揮に名を連ねている。美しき
ヴァンパイアを、『アルゴ』などのシェイラ・ヴァンド
が演じる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★

孤独な青年(アラシュ・マランディ)はまるでゴーストタウン
のようなさびれた街“バッド・シティ”で麻薬中毒者の父と
暮らしている、ある日黒衣の美少女(シェイラ・ヴァンド)と
偶然出会うが、彼女の正体は・・・。

おーー、言語が英語じゃない、舞台が監督が出身の
イランに設定されておりペルシャ語を使用、でイラン映画
かと思ったら製作にイライジャ・ウッドの名があるとおり
アメリカ作と一風変わっています。

ストーリーはというと・・・、う〜んあってないような
というか、淡白というか、とにかく地味な内容です。

その代わりといってはなんですが、モノクロを使っての
映像がとにかく綺麗、画力が非常に高くなっています、
女も男も綺麗な人はより綺麗に!、そうでない人は
それなりに!、その中には画が語るといったショットも。

まったりした進み具合の物語に、なにか少し変わった
要素が入っていたので自分は惹きつけられるものが
ありました、黒衣の少女(シェイラ・ヴァンド)が
変な動きをしたり、青年(アラシュ・マランディ)が
歩いている脇の川原っぽいところに何故か○○が
あったり。

黒衣の少女といえば着ているイランの民族衣装である
チャードルがケープに似たシルエットなのも意味深、
彼女が好む音楽の年代も正体から推察してしまうなど、
説明セリフが無いだけに色々と考えてしまいます。

アート系のモノクロ映画ということでジム・ジャームッシュ
やデヴィッド・リンチと比較する方も多いかと思いますが、
自分は土着的なものや変態性は感じず、耽美的な部分が多い
かな〜と、確かなのは普通のホラー映画は期待しない方が
良いということ、娯楽性は薄く芸術性は高いということを
踏まえて予告編をご覧になり、映像が気に入った方はチャレンジ
されても悪くないと思います、後役者さん達の他には可愛い
猫ちゃんのミステリアスな表情にも注目ですね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜
Excerpt: 評価:★★★【3点】(14) 余りにカッコいい予告篇にまたも釣られてしまい。。。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-11-13 20:46

ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女 ★★
Excerpt: 孤独な吸血鬼の少女と人間の青年の運命的な出会いを、イランの架空の町を舞台に描いたヴァンパイアムービー。気鋭の女性監督アナ・リリー・アミールポアー初の長編作で、モノクロの映像美、絶妙な音楽センスがサンダ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-11-19 13:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。