2015年11月15日

Dearダニー 君へのうた 【劇場で鑑賞】

ジョン・レノンが新人アーティストに宛てた励まし
の手紙が、数十年を経て本人に届いたという実話
からインスパイアされたドラマで、主役のミュージシャン
を名優アル・パチーノが演じる『Dearダニー 君へのうた』
が公開されましたので観に行ってきました。

『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』を観た後
映画館から映画館に移動、はしごとなりました。

Dearダニー 君へのうた [Blu-ray]



Dearダニー 君へのうた

原題:DANNY COLLINS

製作:2015アメリカ

作品紹介
ジョン・レノンが新人アーティストに宛てた励ましの手紙が、
数十年を経て本人に届いたという実話から着想を得たドラマ。
曲を作るのをやめた往年の人気アーティストが、ジョン・
レノンが自分宛てに送っていた手紙を読んだのを機に人生
を見つめ直す。監督は、『塔の上のラプンツェル』などの
脚本を手掛けたダン・フォーゲルマン。主演を務めた名優
アル・パチーノを筆頭に、アネット・ベニング、
ジェニファー・ガーナーら実力派が結集。全編で流れる
ジョンの楽曲も作品に彩りを添えている。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

新曲は何年も発表していないものの、往年のヒット曲で
ツアーを続けるベテランシンガーのダニー・コリンズ
(アル・パチーノ)、ある日彼のもとに訳あって届かなかった
43年前の自分にジョン・レノンが送った手紙をマネージャー
が入手しプレゼント、その内容に心を動かされた彼は人生を
やり直すことを決意、ツアーをキャンセルし・・・。

随分とやさぐれたというかへべれけになってしまった
主人公のベテラン歌手を演じるのは名優アル・パチーノ、
自堕落な生活をしていながらもどこか憎めないろくでなし
を好演、正直歌はそんなに上手くないけれども、スター性
は抜群です。

『アントマン』などのボビー・カナベイル演ずる
息子のもとに向かうダニー、ほったらかしにして
いた息子だけに取るリアクションも・・・そら
そうなるわなという感じ、そうした家族との関係の
再生と、ミュージシャンとしての再生を描き、そこに
チャーミングなアネット・ベニングとの絡みがスパイス。

主人公がシンガーなので音楽も豊富に使われています、
手紙をもらったジョン・レノンの曲が随所に流れ、自分
としては初めて聴くそれらは新鮮、アル・パチーノ自ら
歌うオリジナル曲には有名プロデューサーで映画との関わり
が深いドン・ウォズや名の知れたシンガーソングライター
のライアン・アダムスもクレジットされています。

そのステージングはもうキュートといってもいいくらいで、
珍しい姿を見せてくれたアル・パチーノ、殺伐としてない
彼も魅力的です、そんなパチーノを堪能できた一本、
語りすぎずある程度の余白を残しているのも良かった映画
でした。

Dearダニー 君へのうた [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。