2015年11月28日

アメリカン・ドリーマー 理想の代償 【劇場で鑑賞】

もうすぐ公開される話題作『スター・ウォーズ
フォースの覚醒』にも出演しているオスカー・
アイザックを主演に迎え、『ゼロ・ダーク・サーティ』
などのジェシカ・チャステインらが共演する、
80年代のニューヨークを舞台にした社会派ドラマ
『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』が
公開されましたので観に行ってきました。

アメリカン・ドリーマー 理想の代償 [DVD]



アメリカン・ドリーマー 理想の代償

原題:A MOST VIOLENT YEAR

製作:2014アメリカ

作品紹介
『マージン・コール』『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』
などのJ・C・チャンダーが放つ社会派ドラマ。1980年代初頭
のニューヨークを舞台に、オイルビジネスに参入した実業家
夫妻が、何者かの策略によって窮地に立たされる姿を追う。
主人公夫妻にふんする『インサイド・ルーウィン・デイヴィス
名もなき男の歌』などのオスカー・アイザック、
『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステイン
らが出演。さまざまな思惑が交錯する石油ビジネスの実態に
加え、全編を貫く緊迫感あふれるタッチにも圧倒される。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

1981年のニューヨーク、石油業界に乗り込み一定の成功を
収めている事業家であり、公明正大な経営をモットー
とするアベル(オスカー・アイザック)、彼の妻であり
共同で会社を立ち上げたパートナーでもあるアナ(ジェシカ
・チャステイン)、彼らが全財産を投げ打って事業拡大に
必要な土地の購入に取り掛かるが、妨害工作など様々な
問題が降りかかり・・・。

主人公の石油会社の社長アベル(オスカー・アイザック)
はクリーンな経営がモットー、現在ではそういった方針は
歓迎されるでしょうが、生まれた時と場所が悪かった、
舞台となるのは1981年のニューヨーク、非常に治安が
悪く、あの悪名高かった地下鉄なんか怖すぎる!、昼間
でも圧を感じるほどです、そして例え石油会社といえど
邪魔な同業者には何をするかわからず、アベルが受ける
妨害工作も、嫌がらせというより、普通に犯罪じゃない
ですか!、それに対して取った彼の対策がまた凄い。

アクション映画ではなく、それに類したシーンも入って
いない地味めな作品ですが、核となる一気に問題が噴出
してそれを何とか解決しなくてはならないという部分に
面白みがあり、主人公の強固な信念を持っているという
キャラクターを上手くそこに載っけてデコレート、奥さん
との絡みもスパイスとなり、観る前は石油業界のお話という
全く興味のない題材だったのであった心配も払拭、見応え
のある作品となっておりました。

ノワールものに近いといっていい独特の暗さがある雰囲気
と映像も良かったです。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。