2015年12月21日

カンフー・ジャングル 【劇場で鑑賞】

中国のトップアクションスターであるドニー・イェン
主演のアクション映画『カンフー・ジャングル』が
公開されましたので観に行ってきました。

今年は『アイスマン』『スペシャルID 特殊身分』
『モンキー・マジック 孫悟空誕生』とドニー兄貴の
主演作が次々と公開されましたがこちらがとどめの一撃、
今後の予定はアイスマン、イップ・マン、グリーン・
デスティニーと続編が続く兄貴です。

ちなみに公開当時劇場では『全力スマッシュ』とこちら
をはしごすると割引というキャンペーンが行われていました。

カンフー・ジャングル(初回限定生産) [Blu-ray]



カンフー・ジャングル

原題:一個人的武林
KUNG FU JUNGLE

製作:2014中国/香港

作品紹介
『孫文の義士団』などのテディ・チャン監督と、『イップ・マン』
シリーズなどのドニー・イェンが再び組んで放つカンフー
アクション。一流の武術家たちが次々と命を狙われる中、
警察と武術家として名をはせた囚人が協力して犯人を追う
様子に迫る。『アイスマン』などのワン・バオチャンが
悪役を演じ、『浮城』などのチャーリー・ヤンがエリート警部
を熱演。元祖香港カンフー映画にリスペクトをささげた、
カンフーの魅力が満載の内容に引き込まれる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

拳法の達人で警察の武術教官を務めていたが、試合中に
殺人を犯してしまい、現在は服役中のハーハウ・モウ
(ドニー・イェン)、ある日名高い武術家の殺人事件を
知った彼は、捜査を担当するロク警部(チャーリー・ヤン)
に協力を申し出るが・・・。

今度のドニー兄貴は拳法の達人で警察の教官職でありながら
過ちを犯してしまい、今ではムショ暮らしをしているハーハウ
・モウという役、漢字で書くと「夏侯武」となりいかにも
強そうですね。

ストーリーは連続拳法家殺人事件の謎を追うサスペンス仕立て
になっており、アクションを盛り込みつつ、犯人がなぜその
ような事をしでかしたのか?、次は誰が狙われるのか?という
ところをしっかりと見せていく厚みがある流れ、舞台を現代に
した武術家を主人公とした武侠映画というかたちです。

主演はもちろんわれらがドニー・イェン、暴走する狂気の
武術家には『アイスマン』で実力のほどは保障済みの
ワン・バオチャン、少林寺出身の彼は本作で大活躍です、
他にも猛者が揃い、アクションのクオリティが高くなって
います、中国拳法特有の形をきちんと見せつつ現代的な映像
とテンポにアップデート、といっても香港映画の殺陣はもう
何十年も前から現在でも通用するレベルなんですけどね、
それにしても皆さん動きが良い!。

迫力十分なアクションでしたが、欠点としては話の都合上
ドニーの出番が少なめ、これはしょうがないですか、それと
尺の関係もあってそれぞれのシークエンスが少々食い足りない
長さ、出ている人が人だけにもう少し見てみたくなってしまい
ました、後はCGワークが少々チープ、これはクライマックス
の素晴らしいバトルの唯一のウィークポイント。

良かったのは『スペシャルID 特殊身分』』の時はペラペラ
だった音響がちゃんとしたものだったのと、オマージュやら
カメオ出演含め、これでもかといわんばかりのカンフー映画
へのリスペクト、エンドクレジットではマニアはのけぞること
うけあいです。

今年最後に公開されたドニー映画は思わず体に力が入る
アクション映画で面白く、まさにとどめの一撃、カンフー映画愛
溢れるこちらを作ったドニーをはじめ、その思いはジャッキーや
ジェット・リーなど中華圏から、とうとう『アイアン・フィスト』
を作ってしまったRZAやアクション映画ファンを公言するキアヌー
・リーヴスなどのハリウッドにまで飛び火、他にもヨーロッパなど
世界各地に心強い人たちがおり、武術映画の灯火は消えることは
なさそうです。

カンフー・ジャングル(2枚組)(初回限定生産) [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。