2016年01月30日

ピッチ・パーフェクト2 (2回目) 【劇場で鑑賞】

大手シネコンのTOHOシネマズが発行している
ポイントカード「シネマイレージカード」では
鑑賞に応じてマイルが貯まり、各種景品と交換
することが出来ます、その中でも最高に位置する
のは一ヶ月映画観放題のフリーパスポート、
2015年には3年ぶりにゲット出来ました。

それを使ってこの前観て面白かった音楽コメディ映画
『ピッチ・パーフェクト2』をリピート、パスポート
使用3本目となります。

ピッチ・パーフェクト2 ブルーレイ&DVDセット(ボーナスDVD付) [Blu-ray]



1回目のネタばれなし感想はこちら

『ピッチ・パーフェクト2』

前作の感想はこちら

『ピッチ・パーフェクト』

今回の記事はネタバレを含みます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

上映の終了が近くなったので最後にバーデン・ベラーズ
に会いに行ってきました、もう半分ライブを見に行く
感覚、ベラーズは前作に引き続いての主要キャラ+新人で、
相変わらずちょっと変わった人たち、人気が出たレベル
・ウィルソンの出番が倍増し、その反面ほとんどしゃべら
ないメンバーがいたりします。

今回のライバルキャラはドイツのアカペラ世界チャンピオン
「ダス・サウンド・マシーン」、最初のステージでいきなり
MUSEの「Uprising」!、しかもダブ・ステップ&ドイツ風
アカペラにアレンジし、凄いインパクトだ!、世界大会で
のパフォーマンスでは、スローモーション風にマラソンの
ゴールみたいにするところが最高(笑、素晴らしい対戦相手
でした。

中盤の見せ場は強引といってもいいくらいにぶっこんで
くれたアカペラバトル「リフ・オフ」、今回は曲のBPM
を揃えてDJ MIX的な繋がりになっており、何気に格段の
パワーアップをとげていました、参加チームも粒ぞろい
で、因縁のDSMやおなじみのトレブルメーカーズ、
ちゃっかりバンパーも新しいチームで参戦、アカペラ
とは関係ない体格の良さを誇る(笑)地元のグリーンベイ
・パッカーズも印象に残ります。

音楽は年代がバラけて幅広い選曲、テーマ曲のような
扱いの「Flashlight」のオリジナルは今活躍している
シンガーのジェシーJ、リフオフでは90年代ヒップホップ
のサイプレス・ヒルとか、インセインインダメンブレ〜ン!、
80年代ではパット・ベネターきた〜〜、あまりの懐かしさ
にファットエイミーとバンパーとともに昇天!。

小ネタとしては最後の最後のバンパーのオーディション番組
の審査員がファレルとか本物、もしかしてあの後バンパーは
歌手にはならずにアン・ハサウェイが経営している会社の
インターンになったとか?、他にはプロレスファンにはWWE
のラナ(ルーセフのマネージャーなど)として知られる
C.J. Perryが元ベラーズの一員としてクレジット、今回
改めて見てみましたら、確かにそれらしき人がいました。

次回作は2年後、ほとんどのメンバーが卒業してしまった
ので、どういう展開になるのか?、シリーズ通して歌の
クオリティが高いので、その辺は心配しなくても大丈夫
そうですね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック