2016年03月25日

モンスターズ 新種襲来 【劇場で鑑賞】

『GODZILLA ゴジラ』などのギャレス・エドワーズが監督
を務めた異色SF映画『モンスターズ 地球外生命体』
続編で、ギャレス・エドワーズは製作総指揮に回り、
新たにこれが長編デビューとなる新鋭トム・グリーンに
監督がバトンタッチされた『モンスターズ 新種襲来』が
公開されましたので観に行ってきました。

モンスターズ/新種襲来 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]



モンスターズ 新種襲来

原題:MONSTERS:DARK CONTINENT

製作:2014イギリス

作品紹介
低予算ながらも高い評価を得た『モンスターズ 地球外生命体
の続編。地球外生命体が生息する中東で、消息不明となった
部隊の捜索にあたるアメリカ軍兵士たちが、想像を絶する
巨大モンスターと対峙(たいじ)する。前作で監督を務めた
『GODZILLA ゴジラ』などのギャレス・エドワーズが製作総指揮
を担当。『ビトレイヤー』などのジョニー・ハリス、
テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズなどの
ジョー・デンプシーらが出演。モンスターとの攻防と、
極限状況下で展開するドラマに手に汗を握る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★☆

地球全土にモンスターが現れ、危険地帯が拡大している世界、
中東某国ではモンスターに対する米軍の空爆で被害を受けた
武装勢力と米軍が軍事衝突していた、そんな中危険地帯で
消息不明になってしまった部隊を救出するため、歴戦の兵
フレイター軍曹(ジョニー・ハリス)を隊長とし、派兵された
ばかりの若い兵士を含む小隊が捜索のため深部に向かうが・・・。

前作は怪獣映画というよりかは、モンスターがいる世界での
ロードムービーというスタイルでしたが、今度も一般的な
怪獣映画では無く、モンスターがいる世界での戦争映画と
いった趣でした、ですのでタイトルやポスターから来る
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のようにクリーチャーと
ガシガシ戦うイメージとは離れた内容となっております。

救出ミッションのために危険地帯の奥地まで向かうことに
なった小隊を描くのがメイン、モンスターは大型化し量も
増えているので、米軍は空爆で対処しているのが非常に
リアルな設定、その空爆により被害を被った現地の武装
勢力との衝突も現実的です。

そのような紛争地帯の戦争映画というところにモンスター
が・・・、う〜ん絡まない・・・、背景的扱いというか、
平行線上で交わらなかったです、それがこのシリーズの
特色といえばそうで、距離感が良いシーンがあったのも
確か、しかしいまいち盛り上がりに欠けた展開でしたので、
ガッチリ噛み合わせる場面があっても良かったのでは。

アクションはまずまずで、モンスターの独自の立ち位置や
その造形も悪くなし、所々に印象的なシーンがあるなど
良い点はあったものの、どうにもストーリーに抑揚が
少ないのと既視感があり、あまり面白くなかったのと、
ポイントで挟み込まれたイメージ映像っぽいショットも
効果的には感じられないと、やりたいことはわかるけども、
上手くいかなかったかなという自分としては惜しい作品でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435658395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

モンスターズ/新種襲来
Excerpt: MONSTERS: DARK CONTINENT 2014年 イギリス 119分 SF/サスペンス R15+ 劇場公開(2016/01/09) 監督: トム・グリーン 製作総指揮: ギャレス・..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-05-16 21:33

モンスターズ/新種襲来  監督/トム・グリーン
Excerpt: 【出演】  ジョニー・ハリス  サム・キーリー  ジョー・デンプシー  【ストーリー】 地球外生命体を乗せたNASAの探査機の空中大破により、メキシコにモンスターが生息し始めてから16年が経過。いま..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2016-05-18 23:20