2017年10月07日

ダンケルク 【劇場で鑑賞】

久々の更新となります、その間にシーサーブログ
ではトラックバック機能が終了してしまいました、
自分は使うほうでしたので終わってしまったのは非常
に残念、今までTBしてくれた方々にお礼を申し上げます。

しばらくぶりに観に行ったのは話題作を多数発表する
監督クリストファー・ノーランの新作『ダンケルク』
です。

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]



ダンケルク

原題:DUNKIRK

製作:2017イギリス/アメリカ/フランス

作品紹介
第2次世界大戦で敢行された兵士救出作戦を題材にした作品。
ドイツ軍によってフランス北端の町に追い詰められた連合軍
兵士たちの運命と、救出に挑んだ者たちの活躍を描く。
監督は
『インセプション』などのクリストファー・ノーラン。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディ、
『プルートで朝食を』などのキリアン・マーフィ、
『ヘンリー五世』などのケネス・ブラナーらが出演。
圧倒的なスケールで活写される戦闘シーンや、極限状況下
に置かれた者たちのドラマに引き込まれる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー
海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。
ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイト
ヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。
一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し・・・。

これは!?、わけもわからぬまま戦場にいきなりぶちこまれる!、
名も無き若き兵士(フィオン・ホワイトヘッド)を追っていくと
徐々に切迫した状況であることが分かってくるのですが、
説明台詞が極限まで排除されているので、戦争の知識があると
カバーしやすいです、そこまで詳しくなくても見られる内容
ではありますが。

構成は少々変則的で3つの時間軸に分かれています、

防波堤=1週間
海=1日
空=1時間

の3つ、それぞれ目的が撤退、救出、迎撃で、登場人物
や画的にもしっかり描き分け、整理されているので
特に混乱せずに見られるのがお見事。

もう一つ面白かったのはとことんこちら側(連合国)に
立っての描写なので、敵が映画としては珍しい扱われ
方、ある意味POV的か。

役者さんは無名の方と有名どころが平等の扱い、
そこに説明台詞が乗っからないのがあるものの、
判別はつくと思います、でもトム・ハーディは
ちょっとわかりにくいでしょうか、ケネス・ブラナー
やマーク・ライランスなどの渋い方々がガッチリと
脇を固め、『ベルファスト71』に出ていた英国的な
顔立ちの若きバリー・コーガンも印象的。

一般的な戦争ものとは一線を画す、一筋縄では
いかない、そして見ごたえがあった映画でした。

なお通常の映画館で観ましたらスクリーン内に一回り
小さくなっている状態での上映でした、調べてみると
シネスコclassic 65mm format(1:2.20)のため、ビスタ
サイズにレターボックス収録されているということ、
殺伐とした内容ながら、画的には非常に綺麗なのと、
音響がまたもの凄いので、IMAXシアターで観るのが
最適ですね、そちらをお勧めします。

ダンケルク プレミアム・エディション ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/ブックレット付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。