2017年10月09日

エイリアン コヴェナント 【劇場で鑑賞】

巨匠リドリー・スコット監督の新作で、名作ホラー
『エイリアン』の前日譚にあたる映画、
『エイリアン コヴェナント』が公開されましたので
観に行ってきました。

エイリアン:コヴェナント 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]



エイリアン コヴェナント

原題:ALIEN:COVENANT

製作:2017アメリカ

作品紹介
巨匠リドリー・スコット監督がメガホンを取った『エイリアン』
シリーズの原点となるSFホラー。移住のため宇宙船コヴェナント
号で旅立ったクルーたちが、ある惑星で遭遇した出来事を
描写する。アンドロイドを『スティーブ・ジョブズ』などの
マイケル・ファスベンダーが演じ、ヒロインを
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などの
キャサリン・ウォーターストンが熱演。スコット監督が構築
した世界観と衝撃の展開に絶句する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

コールドスリープ中の宇宙移民4000人を乗せた宇宙船
コヴェナント号は、植民地の惑星オリガエ6に向かって
宇宙を航行する途中、事故が発生してしまい・・・。

あの名作ホラー『エイリアン』の原点に迫るこちら、
そういえば2012年の公開時、エイリアンサーガという
プロモーションが全くされなかった同監督作の
『プロメテウス』がありましたが、もしかしてと思ったら
・・・、思いっきり繋がっているやないかい〜、もう
忘れちゃったよ!、今度はプロメテウス2とかではなくて、
タイトルにしっかり「エイリアン」といれてアピールする
方向に転換した模様。

物語は移民宇宙船「コヴェナント」にトラブルが起き、
謎の惑星に降りて大騒ぎというもの、主役はダニー
(キャサリン・ウォーターストン)ということでしたが、
観てみると完全にアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)
が主軸、全編を通して哲学的な台詞がまぶされています。

アンドロイドパートが格式の高さを見せる反面、宇宙船
のクルーのほうはプロフェッショナル感皆無、なんだか
キャラも薄い、リドリー監督『オデッセイ』最近撮った
ばっかりなのに真逆じゃないですか〜、王道のB級ホラー
の犠牲者という感じで、対比を見せたかったのだったら
やりすぎでちょっとアンバランス。

流れとしては前半地味ながらしっかり前置き、後半畳み
掛けるという王道の作り、しかしながらクライマックス
などどうも既視感があるというか・・・、まあこう
なっちゃうかなといえなくもないですけどね、あとさすがに
展開が読めすぎというのもあり。

良かったのは綺麗な映像、美術、R15指定ということで
若干グロいところもあり容赦のなさは○、そして表情の
一つ一つから目が離せないマイケル・ファスベンダーの演技、
これらで最後まで観続ける事が出来ました、しかしながら
結局思ったほどでは・・・という感想になってしまった
こちら、続編があるとしたらどうなってしまうのでしょうか。

予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー SF
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。