2017年10月19日

アイム・ノット・シリアルキラー 【劇場で鑑賞】

久々に近くのシネコンのスケジュールを見てみると、
シッチェス・カタロニア国際映画祭など複数の
ファンタスティック系映画祭で受賞歴があるという
ホラー映画『アイム・ノット・シリアルキラー』
が上映されていましたので観に行ってきました。

アイム・ノット・シリアルキラー [Blu-ray]



アイム・ノット・シリアルキラー

原題:I AM NOT A SERIAL KILLER

製作:2016アメリカ

作品紹介
謎の連続殺人事件が発生した田舎町を舞台に、死体や殺人に
異常な関心を抱く少年が、さらなる凶行を阻止すべく
シリアルキラーに立ち向かうサイコスリラー。自身の奥底
に眠る暴力的な衝動に葛藤する主人公を『かいじゅうたちの
いるところ』などのマックス・レコーズ、猟奇殺人鬼を
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどの
クリストファー・ロイドが怪演。『エイリアン パンデミック』
などのビリー・オブライエンがメガホンを取る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ヨーロッパ・ビスタ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★

田舎町に暮らし、家業の葬儀屋を手伝う高校生の
ジョン(マックス・レコーズ)は、遺体や殺人に異常な関心を
抱く若者で、反社会的な傾向があるソシオパス(社会病質者)
と診断される、そんなある日、街で犠牲者の体から内臓の
一部を持ち去るという連続殺人事件が発生し・・・。

映画が始まると画質は思いっきりフィルム、音楽は
けだるいインディーロックでハートを掴まれます、
アスペクト比がやや幅が狭いビスタだと思って調べて
みたらヨーロッパ・ビスタということ、ちなみに製作も
舞台もアメリカです。

雰囲気から『ライフ・アフター・ベス』みたいな地方の
若者が主役のゆるめでコミカルな味付けの青春ホラー
かなと思いきや、今の何っ!?、え、そっちいく!?、
とひねりを効かせてきます。

低予算と設定から出来ることは限られている中、主人公
の行動をサスペンスフルに描き、そこに外しというか
すかしというか意外性があるシーンが挟み込まれ印象に
残ります、そして主人公がシリアルキラー予備軍という
のがスパイスになっていて効果的。

でもはまらなかったら退屈になってしまう可能性大かも、
画的に地味ですし、展開を受け入れられない方も大なり
小なりいらっしゃいますでしょうか、自分としては小粒
ながらオリジナリティがあり、一風変わったところが
良かった映画で楽しめました。

なお一部グロいところアリ、造形が良く出来ていてリアル
でした・・・。

アイム・ノット・シリアルキラー [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 17:30| Comment(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。