2017年11月10日

ワンダーウーマン 【劇場で鑑賞】

DCコミックスのヒーローが集結する映画
『ジャスティス・リーグ』の公開が2017年11月下旬
に迫った10月のこと、その映画にも登場するスーパー
ヒロイン『ワンダーウーマン』がまだ上映されて
いたので、見逃すまいと観に行ってきました。

ワンダーウーマン 3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]



ワンダーウーマン

原題:WONDER WOMAN

製作:2017アメリカ

作品紹介
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも
登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマン
を主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性
を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。
ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・スピード』
シリーズなどのガル・ガドット。『スター・トレック』
シリーズなどのクリス・パインらが共演し、監督は
『モンスター』などのパティ・ジェンキンスが務める。
イスラエルでの兵役経験もあるガルの本格的なアクション
に期待。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

人間社会から隔絶した島に女性のみで暮らす一族、
そのプリンセスとして生まれたダイアナ(ガル・ガドット)は、
美しく、そして強く成長した、そんなある日、彼女は浜辺
に飛行機が不時着するのを発見、そこには今まで見たことの
なかった男性の姿があり・・・。

DCコミックス産の老舗ヒロインのワンダー・ウーマンですが、
バットマンやスーパーマンに比べて実写化が少なく、自分は
70年代のテレビシリーズをかすかに覚えているくらいの
認知度、ですのでほぼ全く知らない状態での鑑賞なので、
こういう背景があったのかと非常に新鮮、その内容は
マーベルに当てはめるとあの作品とあの作品を足して
2で割ったような感じもありますが、作りはこちらも負けず
にしっかりしていました。

設定がワンダーウーマンが世間の事を知らずに育った
というものなので、カルチャーギャップコメディに振る
ことも出来るところ、そこはアクセント程度にとどめ、
シリアスに決めます、戦時中という時代背景もあり、
悲惨な現実に向かう彼女の姿も見所で、エンタメ作品
の中で戦争の愚かしさを描いているのも志を感じます。

そしてなんといってもワンダーウーマンが格好良い!、
演ずるは『バットマン vs スーパーマン』で颯爽たる
デビューを飾ったガル・ガドット、彼女の凛とした
佇まいと最新のVFX、ザック・スナイダー直系のスロー
モーション&キレキレのハイレベルなアクションシーン
が相まって、現代に素晴らしいワンダーウーマンを
生み出してくれています。

共演のクリス・パインも色男で◎なスーパーヒロイン
爆誕作、今後の『ジャスティス・リーグ』での活躍
にも期待です。

ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | 映画:わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。