2017年11月15日

アナベル 死霊人形の誕生 【劇場で鑑賞】

人気ホラー映画シリーズ『死霊館』に登場する人形
アナベルをメインに据えたスピンオフ作品第2弾の
『アナベル 死霊人形の誕生』が公開されましたので
観に行ってきました。

アナベル 死霊人形の誕生 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



アナベル 死霊人形の誕生

原題:ANNABELLE:CREATION

製作:2017アメリカ

作品紹介
ホラーシリーズ『死霊館』に登場する人形アナベルに迫る
スピンオフの第2弾。手にした者を怪現象に引きずり込む
アナベルの生まれた経緯が明らかになる。メガホンを取るのは
『ライト/オフ』などのデヴィッド・F・サンドバーグ。
『バッド・ウェイヴ』などのステファニー・シグマン、
『ヴェンジェンス』などのタリタ・ベイトマン、
『ウィジャビギニング 〜呪い襲い殺す〜』などの
ルル・ウィルソンらが出演する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

幼い娘を亡くした人形職人とその妻が暮らす屋敷に、
児童養護施設からシスターと6人の少女が住むことに
なった、施設が閉鎖され新たな住まいを見つけられた
彼女たちだったが、その家では怪現象が起こり、ある日
不気味な人形アナベルを発見する・・・。

人気シリーズになったホラー映画『死霊館』に出てきた
人形のスピンオフ映画『アナベル 死霊館の人形』に続いて、
今度は恐怖の人形アナベルの誕生の秘密に迫ります、前作
と時代設定が違い、キャストも一変されているので、ここ
から観始める事も出来ますが、出来れば前作を観ていたほう
が良く、そのほうがより楽しめる作りになっています。

監督はなかなか面白かったホラー映画『ライト/オフ』
のデヴィッド・F・サンドバーグ、コツコツとフラグを立て、
しっかり積み立てていく丁寧さがあり、視線の誘導や凝った
音響と大変作りがしっかりしています、ギミックや小道具
の組み込みも◎。

ただ悪霊側に色々盛り込んでくれているのは良いものの、
それによって設定が良く分からなくなってしまうところが
あります、今何体いるの?という数の問題や、人形と○○○
はどういう状態なんだろう?とちょっとわかりにくかったです。

キャストは初見の方々ばかり、しかしメインの子役さん方が
地に付いた演技を見せ、全く違和感無く進行、若いのにまた
上手いですね、層の厚さを感じました。

怖がらせるスポットが十分あった優等生的ホラー映画で、
そつなく楽しめた作品でした。

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

  にほんブログ村 映画ブログへ  

ここからネタバレあり感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後の憑依アナベルが手にした赤いポップな人形は基に
なった実際のアナベル人形と同じデザイン、オリジナル
キターー!と思ったものの、やはり映画的にはこの映画
のような不気味なルックスのほうが良いですね。

エンドクレジットのルーマニアのゴーストは何?、
あ、そういえば『死霊館 エンフィールド事件』
まだ観てなかった・・・。

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。