2017年12月09日

バリー・シール アメリカをはめた男 【劇場で鑑賞】

CIAと麻薬の運び屋という二足のわらじを履いた
という実際に居た人物をを基にした映画でトム・
クルーズ主演の『バリー・シール アメリカをはめた男』
が公開されましたので観に行ってきました。

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



バリー・シール アメリカをはめた男

原題:AMERICAN MADE

製作:2017アメリカ

作品紹介
航空会社のパイロットからCIAのエージェントに転身し、
麻薬の運び屋としても暗躍した実在の人物バリー・シールの
半生を、トム・クルーズ主演で映画化。『エクス・マキナ』
などのドーナル・グリーソン、『21オーバー 最初の二日酔い』
などのサラ・ライトらが共演。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でトムとタッグを
組んだダグ・リーマンがメガホンを取る。トムが全て自分で
こなしたフライトシーンに注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

民間航空会社のパイロットでトップクラスの操縦技術を持つ
バリー・シール(トム・クルーズ)は、CIAにスカウトされ、
偵察機のパイロットとして大きな成果を挙げる、しかし作戦の
過程で麻薬組織と接触し・・・。

トム・クルーズが運命に翻弄される男を演じる
この映画、どうもトム様が爽やか過ぎて結構
やばい事をやっているのにやや軽めの雰囲気、
その代わり流れ的にはテンポ良く進んでいく感じ。

実話ベースのこちらは、変な盛り付けが無くても
なんだかんだでとんでもない事が巻き起こっており、
思わず笑ってしまう部分も、その代わりアクション
シーンが無く、ジャンル分けや宣伝などで“サスペンス
アクション”と銘打たれているのを受けて観ると、
ただ地味だな〜となってしまうかもしれません。

主演はご存知トム・クルーズ、彼がやはりスターというか
非現実的な佇まいに見られたところに、現実的な出来事が
挟み込まれるので、変な意外性があって良かったです、
脇では個性派のケイレブ・ランドリー・ジョーンズの
ものすごいホワイトトラッシュっぷりが印象的。

自分はアクションシークエンスがあるかな?と思って
観た口ですが、サクサク進む展開で退屈はしなかった
実録もの映画、トムが操縦席に居る飛行機のフライト
シーンに注目ですね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 19:30| Comment(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。