2018年01月17日

キングスマン ゴールデン・サークル 【劇場で鑑賞】

2014年に公開されヒットしたスパイアクション映画
『キングスマン』の続編で、前作の主要キャストに
加え豪華新キャストが揃う映画、
『キングスマン ゴールデン・サークル』
が公開されましたので観に行ってきました。

キングスマン ゴールデン・サークル.jpg

キングスマン ゴールデン・サークル

原題:KINGSMAN:THE GOLDEN CIRCLE

製作:2017イギリス

作品紹介
コリン・ファースが粋なスパイを演じてヒットした
『キングスマン』の続編。スパイ組織「キングスマン」
の本拠地が壊滅状態に陥る中、敵を追ってアメリカに
渡るスパイの奮闘を描く。マシュー・ヴォーン監督、
タロン・エガートンやマーク・ストロングらが続投し、
新たにハル・ベリーやチャニング・テイタムらが参加。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織
「キングスマン」、見事“ガラハッド”のコードネームを
得てエージェントとして活躍する事になったエグジー
(タロン・エガートン)だったが、ある日謎の組織
「ゴールデン・サークル」によってキングスマンたちが
襲撃され・・・。

小粋さと悪趣味スレスレが合わさったスパイアクション映画
『キングスマン』の続編、前作のキャストに加え、
ジュリアン・ムーア、ジェフ・ブリッジズ、ハル・ベリー、
エルトン・ジョン(!)とオスカー獲得者がいっぱいでなんとも
贅沢。

今回は本筋のほかにも、新たな敵キャラなどサブのほうも
あって色々盛りだくさん、結局なんでだったの?という部分が
あったにせよ、長めの尺を飽きさせません、展開の都合上
アメリカ的なものが導入されているのは自分としては新味と
捉えられ、雰囲気を壊すというようには思いませんでした。

アクション好きとして期待していたシークエンスはまたもや
ハイクオリティ、どうやって撮っているのか?と思ってしまう
カメラワークは健在、繰り返し見たくなる長回しのシーンは
中毒性アリ。

そのアクション担当は前作と同じ顔ぶれ、
スタントコーディネイターはジャッキースタントチーム
出身のBradley James Allan、
ファイトコーディネイターは
Guillermo Grispo
という方でキングスマンシリーズのほかには『ワンダーウーマン』
『ザ・ヘラクレスなどを手がけています。

残酷描写や下ネタ、Fワードを使うセリフなどがあって制限は
PG12と日本ではやや低め設定、ちなみに本国イギリスでは15、
アメリカではR指定だそう、言語の関係でしょうか?。

またもいい具合に悪ノリを見せ、ケレン味の利いたアクション
が光った安定の出来の続編で面白かったです。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。