2018年01月29日

バーフバリ 王の凱旋 【劇場で鑑賞】

インドで記録的な大ヒットを飛ばしたという
アクション大作の続編『バーフバリ 王の凱旋』が
公開、先日自宅で第一作めの『バーフバリ 伝説誕生』
観たところ面白かったので、映画館まで観に行って
きました。

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]



バーフバリ 王の凱旋

原題:BAHUBALI 2:THE CONCLUSION

製作:2017インド

作品紹介
伝説の戦士バーフバリの壮大な物語を描いたアクション
『バーフバリ 伝説誕生』の完結編。インドの王国を舞台に、
祖父から孫の三代にわたる愛と裏切りと復讐(ふくしゅう)
を描く。前作同様プラバースが主人公を演じ、
ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、
タマンナー、ナーサルらも続投。監督・脚本の
S・S・ラージャマウリ、撮影のK・K・センティル・クマール、
音楽のM・M・キーラヴァーニらスタッフも再び集結した。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

伝説の英雄「バーフバリ」の息子だと知らされたシヴドゥは
今ではバラーラデーヴァの奴隷として仕える剣士カッタッパ
からある陰謀によって彼が王座を追われたという話を聞き・・・。

『バーフバリ 伝説誕生』の待望の続編、ついに先代バーフバリ
の謎が明かされる!、前作同様ド派手なアクションにロマンス
に歌にと盛りだくさん、さらに今度は宮廷のドロドロの愛憎劇
も加わりとんでもないボリュームに、それは観ていると良い
意味で、

この映画時間内に終わるのか?

と思ってしまうくらい。

突っ込みどころは結構あって、何でもうちょっととか、
それはないだろとか・・・、それでもグングン進んでいく
パワーはありました。

新たなキャラとしてはバーフバリとバラーラデーヴァ
に続いてまた髭面の「クマラ」が登場、彼は遠目から
見ても判別がつくので大丈夫でした、そして女性陣では
「デーヴァセーナ」が男性に負けじと存在感を見せ、
国母シヴァガミは色々と強烈。

アクションは『ロード・オブ・ザ・リング』か『300』
のような迫力のある戦闘シーンに香港映画のエッセンス
をまぶしたような独自のもの、中でもジェット・リー
が演じた人気キャラクター「フォン・サイヨ」ばりの
弓を使ったシーンは秀逸。

それとやっぱり画力が高い!、きらびやかな色彩や
絵になる構図など圧倒的、多少モロにCGのところも
気にならないくらいでした。

前作も劇場で観たかったと思いつつも、すぐに続きが
観られたのでプラマイゼロでしょうか、2本合わせて
並の映画の3〜4本分くらいの満足感が得られたシリーズ
で大変面白かったです。

バーフバリ2 王の凱旋 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。