2018年02月06日

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! 【劇場で鑑賞】

アメリカ軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」の
活躍を描く、実はヨーロッパ製作の映画
『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』
が公開されましたので観に行ってきました。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!.jpg

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

原題:RENEGADES

製作:2017フランス/ドイツ

作品紹介
ボスニア紛争末期のサラエボに派遣されたネイビーシールズが、
ナチスの金塊を奪取しようとする痛快アクション。リュック・
ベッソンが製作と脚本を手掛け、『イントゥ・ザ・ストーム』
などのスティーヴン・クエイルが監督を務める。リーダーを
『300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜』などの
サリヴァン・ステイプルトン、彼の上官を『セッション』など
のJ・K・シモンズが演じるほか、『鑑定士と顔のない依頼人』
などのシルヴィア・フークスらが共演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

1995年、紛争中のサラエボに送り込まれたマット(サリヴァン
・ステイプルトン)率いる5人のアメリカ海軍特殊部隊
“ネイビーシールズ”の面々は、知り合った地元の女性から
総額3億ドル相当のナチスの金塊が湖に沈んでいるという話を
聞きつける。それがあれば戦禍に苦しむ避難民を救うことが
できると懇願された彼らは、湖の底からの金塊を運び出す作戦
を立てようとするが、そこは敵陣のまっただなかで・・・。

すっかりB級アクション映画の帝王と化し、『ヴァレリアン』
の公開を控えるリュック・ベッソン率いるフランスの
「ヨーロッパコープ」社がドイツの「Studio Babelsberg」や
ベルギーの会社で『トランスポーター イグニション』にも
関わっていた「Belga Productions」などと組んでアメリカ
の特殊部隊の映画を作ったというこちら、舞台がヨーロッパ
というのも合点がいきます。

特殊部隊ものでもゴリゴリの戦争映画ではなく、
どちらかというと『特攻野郎Aチーム』的なノリ、
出ている役者さんはちょいと地味ですが、もろに
B級アクション映画的な雰囲気は悪く無し。

アクションシークエンスは陸海空とバラエティに富んで
おり、これがバランスよく配合されれば良かったのですが、

ピークが終盤では無い!、

どうしてこうなった!?、さすがにクライマックスにもう
一声欲しかったところ。

アクションのペース配分に難があったものの、その一つ
一つはしっかり作られていましたし、ストーリー的にも
そつなく楽しめたB級アクション映画でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。