2018年02月13日

ガーディアンズ 【劇場で鑑賞】

珍しいロシア製作のヒーローもの『ガーディアンズ』
が公開されましたので観に行ってきました。

ガーディアンズ.jpg

ガーディアンズ

原題:ZASHCHITNIKI / THE GUARDIANS

製作:2017ロシア

作品紹介
驚異的能力を持つヒーローたちが、国家を救うために
戦うロシア発のアクション。かつて超人部隊計画で
生み出された超人たちが、国家を危機に陥れようと
自らも超人となった組織の科学者とバトルを展開する。
メガホンを取ったのは、『クライム・スピード』などの
サリク・アンドレアシアン。アントン・パンプーシュニー、
サンジャル・マディ、セバスティアン・シサク、
アリーナ・ラニナらが出演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★

冷戦下のソ連で行われていた超人部隊計画は、違法な
遺伝子操作で特殊能力を持つ兵士を作ろうとしていた、
しかし科学者のクラトフが叛乱して研究所を爆破し、
超人たちも姿を消してしまう、50年後、超人化した
クラトフはその力を使いロシアに反旗を翻す、超能力
に対抗できずなすすべの無い軍はあの超人たちを探し・・・。

珍しいロシア製ヒーローもの、ロシア製ヒーローは
ダークファンタジーになってしまうかもしれませんが
2004年の『ナイトウォッチ』、2006年の『デイウォッチ』
を自宅で鑑賞したのみ、映画館でロシア映画を観るのは'14年
『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』以来
2回目となります、映画が始まると当然言語はロシア語でした。

主人公は

念力おじさん、

俊足剣士、

透明美女、

そして・・・熊男!、

のヒーロー4人組、これがなんかどこかで見た事
あるぞ?という設定で、能力なんかは遺伝子どうこう
を超越しているような気が・・、いや、面白いので良い
でしょう、しかし皆さんルックス良し、動き良しで
なかなか、加えて女司令官もまた濃いめです。

対するヴィランはなんと上半身裸!、この特殊メイクが
懐かしのトロマかエンパイアピクチャーズなんかに
出てきそうな80年代の香り・・・、どの機械でも操れる
というかなり強力な力を持っていますが、どこをどう
やってるのかわからないのがご愛嬌。

ストーリーはシンプルで、非常にサクサク進み、ラン
タイムも短めでとっつきやすくなっています、
一人一人を掘り下げず、だいたいの事は台詞で済ま
せてその分アクションに注いでいる感じ、そうすると
劇中の設定もあって何か続編のような雰囲気。

アクションは思った以上に良く、格闘シーンのクオリティ
は高いです、ロシアなのでもしや「システマ」?と
思いきや、割とオーソドックスできっちり作られた殺陣、
しかも女優さんのスタントでないところの動きもキレキレ
でした。

映像も綺麗、美男美女が集い、凄いロケ地を使っていて
さすがロシア!と思わされました、CGの技術も十二分で
大作並の画、ただモブのほうに手が回らないのか人気が
全然無いのには目を瞑りたいところ。

大味なストーリーに良い映像とアクション、フェティッシュ
なシーンが入っていたり、突っ込みどころが沢山あったりと、
これはネタ映画として楽しむのが正解かなと、好意的に
取ればこの発展途上な出来はロシアならではの味わいで、
マーベルでは絶対こうならないでしょうから。

B級映画好きな自分としては非常に楽しめた快(怪)作、
何故か憎めないのは絶対に熊男のせいでしょう(笑。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション SF
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。