2018年02月27日

スリープレス・ナイト 【劇場で鑑賞】

『ピエロがお前を嘲笑う』などのバラン・ボー・オダー
監督の新作で、主演をジェイミー・フォックスが務める
サスペンスアクション作、『スリープレス・ナイト』が
公開されましたので観に行ってきました。

スリープレス・ナイト.jpg

スリープレス・ナイト

原題:SLEEPLESS

製作:2016アメリカ

作品紹介
『Ray/レイ』などのオスカー俳優ジェイミー・フォックスが
主人公を演じたアクション。マフィアからコカインを強奪した
悪徳警官が息子を誘拐され、決死の戦いに挑むさまを描く。
監督は『ピエロがお前を嘲笑う』などのバラン・ボー・オダー。
共演には『M:i:III』などのミシェル・モナハン、
『ベスト・フレンズ・ウェディング』などのダーモット・
マローニー、『モンスターズ/地球外生命体』などの
スクート・マクネイリーらがそろう。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

ラスベガス警察の刑事ヴィンセント(ジェイミー・フォックス)
は相棒のショーン(T.I.)とともに25キロものコカインを強奪
する、しかしそれは犯罪にも手を染めるカジノ王ルビーノ
(ダーモット・マローニー)から犯罪組織に渡る予定のもの
だった、裏の情報網によって犯行をかぎつけられたヴィンセント
は、ルビーノによって息子を誘拐されてしまい・・・。

ジェイミー・フォックス演じる悪徳刑事が息子を
誘拐されて取り戻そうとしますが、カジノ王ルビーノ
(ダーモット・マローニー)や犯罪組織のノヴァク
(スクート・マクネイリー)に追われ、果ては内部調査官
のブライアント(ミシェル・モナハン)から疑いを持たれる
までになり四面楚歌。

限られた登場人物をやりくりして状況的には面白い
事になっています、しかしいまいち跳ねないのは
わりと限定された空間であれこれやっているのにも
関わらずもっさり気味だからでしょうか、シーンのつなぎ、
あるいは溜めの部分で停滞してしまったか、敵と同じく
攻めあぐねている感が・・・、ある程度の範囲内にしては
位置取りがわかりにくいところもマイナスか。

良かったのはアクションの含有量が思ったより多く、
銃撃戦と格闘戦が盛り込まれていました、仕上がりも
ちゃんとしたもので、そういえばそこまでアクション派
というイメージのないジェイミーもしっかりこなされて
いました。

裏の裏があるストーリーのほうも無理を感じるところは
話が面白くなるからまあいいかなと思えるもので良く、
まずまず楽しめた映画でした。

帰って調べてみると2011年にフランスで公開された映画
のリメイクだそうで、そちらも観てみたくなりました。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。