2017年10月09日

エイリアン コヴェナント 【劇場で鑑賞】

巨匠リドリー・スコット監督の新作で、名作ホラー
『エイリアン』の前日譚にあたる映画、
『エイリアン コヴェナント』が公開されましたので
観に行ってきました。

エイリアン:コヴェナント 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]



エイリアン コヴェナント

原題:ALIEN:COVENANT

製作:2017アメリカ

作品紹介
巨匠リドリー・スコット監督がメガホンを取った『エイリアン』
シリーズの原点となるSFホラー。移住のため宇宙船コヴェナント
号で旅立ったクルーたちが、ある惑星で遭遇した出来事を
描写する。アンドロイドを『スティーブ・ジョブズ』などの
マイケル・ファスベンダーが演じ、ヒロインを
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などの
キャサリン・ウォーターストンが熱演。スコット監督が構築
した世界観と衝撃の展開に絶句する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

コールドスリープ中の宇宙移民4000人を乗せた宇宙船
コヴェナント号は、植民地の惑星オリガエ6に向かって
宇宙を航行する途中、事故が発生してしまい・・・。

あの名作ホラー『エイリアン』の原点に迫るこちら、
そういえば2012年の公開時、エイリアンサーガという
プロモーションが全くされなかった同監督作の
『プロメテウス』がありましたが、もしかしてと思ったら
・・・、思いっきり繋がっているやないかい〜、もう
忘れちゃったよ!、今度はプロメテウス2とかではなくて、
タイトルにしっかり「エイリアン」といれてアピールする
方向に転換した模様。

物語は移民宇宙船「コヴェナント」にトラブルが起き、
謎の惑星に降りて大騒ぎというもの、主役はダニー
(キャサリン・ウォーターストン)ということでしたが、
観てみると完全にアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)
が主軸、全編を通して哲学的な台詞がまぶされています。

アンドロイドパートが格式の高さを見せる反面、宇宙船
のクルーのほうはプロフェッショナル感皆無、なんだか
キャラも薄い、リドリー監督『オデッセイ』最近撮った
ばっかりなのに真逆じゃないですか〜、王道のB級ホラー
の犠牲者という感じで、対比を見せたかったのだったら
やりすぎでちょっとアンバランス。

流れとしては前半地味ながらしっかり前置き、後半畳み
掛けるという王道の作り、しかしながらクライマックス
などどうも既視感があるというか・・・、まあこう
なっちゃうかなといえなくもないですけどね、あとさすがに
展開が読めすぎというのもあり。

良かったのは綺麗な映像、美術、R15指定ということで
若干グロいところもあり容赦のなさは○、そして表情の
一つ一つから目が離せないマイケル・ファスベンダーの演技、
これらで最後まで観続ける事が出来ました、しかしながら
結局思ったほどでは・・・という感想になってしまった
こちら、続編があるとしたらどうなってしまうのでしょうか。

予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー SF
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

X-ミッション 【劇場で鑑賞】

こちらは2月に観た映画です、実際に活躍している
アスリートがスタントマンとして参加している
エクストリームスポーツを駆使したアクション映画で、
主演を『G.I.ジョー バック2リベンジ』などのルーク・
ブレイシーが務める『X-ミッション』が公開されました
ので観に行ってきました。

こちらは3D映画でしたので3D字幕版にて鑑賞です。

X-ミッション(初回仕様/3枚組/デジタルコピー付)[4K ULTRA HD 3D Blu-ray]



X-ミッション

原題:POINT BREAK

製作:2015アメリカ/ドイツ/中国

作品紹介
キャスリン・ビグロー監督作『ハートブルー』に着想を得た、
アスリートによる犯罪集団への潜入捜査を敢行するFBI捜査官
の活躍を描くクライムアクション。元アスリートの捜査官が
ミッションを遂行する一方、命知らずの犯罪者との間に信頼
と友情が生まれるさまを活写する。『カルロス』などの
エドガー・ラミレスや『スパイ・レジェンド』などのルーク
・ブレイシーのほか、サーフィンやスノーボード界などの有名
アスリートがスタントとして出演。CGを使用しない生身の
アクションの迫力に興奮。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

以前エクストリームアスリートとして鳴らし、ある出来事
がきっかけで引退、今ではFBI捜査官に転身したジョニー・
ユタ(ルーク・ブレイシー)は、エクストリームスポーツの
カリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が中心となって
いるアスリート犯罪集団への潜入捜査を試みるが・・・。

なんか見た事があるような設定だなと思い原題をみてみると
『POINT BREAK』、え、これって1991年の『ハートブルー』
のリメイク?、若き日のキアヌー・リーブスとパトリック・
スウェイジが共演し、監督は『ゼロ・ダーク・サーティ』
のキャサリン・ビグロー、当時はジェームズ・キャメロン
の奥さん(そのころは元になったばっかりでしょうか)として
有名だったような、配給会社が違うのか予告編やらポスター、
チラシなどのプロモーションではその事に一切触れられて
おらず、帰ってシネマトゥデイや映画.comを見てみるとそちら
には書いてありました。

新たに主役に抜擢されたのは『スパイ・レジェンド』など
の新星・ルーク・ブレイシー、対するボーディには
『NY心霊捜査官』などのエドガー・ラミレス、監督は
撮影クルーから監督に転じたエリクソン・コアとフレッシュ
な面々。

見所は本物アスリートがスタントマンとして参加している
というエクストリームスポーツシーン、CGを使わず実際に
現地で行ったというスポーツの数々はさすがに説得力が
ありました、個人的には中・長距離のショットが多かった
ので、アクションカムを使ったPOV的な画や寄りのショット
も欲しかったところ、この辺はガチでやっていたからその
ような機器を装着しなかったのかもしれませんね、それでも
十分楽しめましたが。

ではストーリーのほうというと、う〜ん・・・、犯罪集団が
ある目的に沿って行動しているのですが、これがわかりにくい、
その原動となった出来事を聞くとまたハテナマークが頭をチラ
ついてしまう結果になりますし、これだったらシンプルにエコ
テロリストか、あるいはそれを装った金目当てみたいな形に
したほうがわかりやすかったのではないでしょうか、潜入もの
らしくその先で友情や愛情が生まれるというドラマがあります
ので、そういえばロマンス部分も薄かったっす・・・、脚本は
『ソルト』などのカート・ウィマー、曲者の彼ですので確か
に捻りを加えられているのはわかるものの、今回は策士が
策に溺れてしまった感が。

ぶっちゃけアクションシークエンスオンリー、それも格闘
や銃撃ではなくスポーツ中心なので、その辺りは心に留めて
おいたほうが吉ではないでしょうか、自分はそこそこ
楽しめた映画でした。

X-ミッション ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

オデッセイ 【劇場で鑑賞】

こちらは2月に観た映画です、『エイリアン』など
の名匠リドリー・スコット監督の新作で主演は
マット・デイモンが務めるSF映画『オデッセイ』
が公開されましたので観に行ってきました。

こちらは3D映画でしたので、3D字幕版を上映して
いる映画館まで行って鑑賞しました。

オデッセイ(3枚組)[4K Ultra HD 3D Blu-ray]



オデッセイ

原題:THE MARTIAN

製作:2015アメリカ

作品紹介
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホン
を取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが
火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。
火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きている
ことが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助けよう
とするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。共演は、
『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステイン
や『LIFE!/ライフ』などのクリステン・ウィグなど。
スコット監督による壮大なビジュアルや感動的なストーリー
に注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★★☆
おすすめ度:★★★★

火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク
・ワトニー(マット・デイモン)、乗組員はワトニーが死亡
したと思い火星を去るが、彼は奇跡的に命を取り留めて
おり・・・。

火星に一人取り残されてしまったマーク、

空気無し!、

水無し!、

通信手段無し!

という絶望的な状況に陥ってしまいます。

次に火星に有人探査機が来るのはなんと4年後!、
食料もこころもとなくなっていくなか、どうやって
生き延びるのか?。

そこで使うのが植物学者としての知識や数学、化学
といった非常に現実的なもの、一つ一つのエピソード
がいちいち面白く、見入ってしまいます。

映像はさすがリドリー監督、綺麗です、CGワークも
問題なし、デザインワークでは宇宙服が格好良く、NASA
ってこんなの使っているのかと驚いて帰って調べてみると
全然違うもの、あ、これ実話ベースじゃなかった・・・、
音楽はマークは愚痴っていましたが(笑)これまた良い感じ。

実際に起こった出来事のように思わせるリアリティと
知恵を駆使するサバイバルに、ドキドキハラハラの
アドベンチャーをプラスという、非常に良く出来た
作品、ユーモアを忘れていないところもニクい、理系
でなくても楽しめる大満足のSF映画でした。

オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:SF サスペンス
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(16) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする