2016年08月18日

エージェント・ウルトラ 【劇場で鑑賞】

こちらは1月に観た映画です、『バットマンVSスーパーマン』
のレックス・ルーサー役などで知られるジェシー・
アイゼンバーグが主演し、『トワイライト』シリーズなど
のクリステン・スチュワート共演のアクション映画
『エージェント・ウルトラ』が公開されましたので観に
行ってきました。

エージェント・ウルトラ [Blu-ray]



エージェント・ウルトラ

原題:AMERICAN ULTRA

製作:2015アメリカ

作品紹介
『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼン
バーグ、『トワイライト』シリーズなどのクリステン・
スチュワートが共演したアクション。CIAの洗脳プログラム
によって工作員へと育成された青年が、巨大な陰謀と恋人
に迫る危機に立ち向かう。メガホンを取るのは、
『プロジェクトX』のニマ・ヌリザテ。『ロスト・ハイウェイ』
などのビル・プルマン、『スパイダーマン3』などの
トファー・グレイスらが脇を固める。ダメ青年から敏腕
工作員へと瞬時に変貌する主人公の姿が痛快。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

アメリカの片田舎のコンビニでバイトをしているダメ男な
青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、同棲している
恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とごく普通の
生活を送っていた、しかしある日店に暴漢たちが乱入して
きて・・・。

50〜60年代に実際にあったCIAの洗脳実験プロジェクト
「MKウルトラ計画」にインスパイアされたこちら、ごく普通
のコンビニ店員の主人公マイクがある出来事をきっかけに
眠っていたエージェントとしての能力を覚醒させるという
お話。

何故こんな力を身に付けたのか?、そして迫りくる追っ手、
恋人フィービーとのロマンスとサスペンス、アクション、
ラブコメと一通り入っています、まあB級映画ですので
どれもそれなりの規模、アクションでは『イコライザー』
に似たギミックを使い、そちらもまずまず。

主演のジェシー&クリステンのカップリングは良好、以前
共演経験があるからでしょうか、印象に残るのは狂人
エージェント役のウォルトン・ゴギンズ、後にタランティーノ
の新作『ヘイトフル・エイト』でも活躍された彼はなか
なか強烈なルックスですね。

軽〜く観られるアクションコメディ作、能力が覚醒してから
もダメ男なのがミソで、そこが良かったです。

エージェント・ウルトラ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

イット・フォローズ 【劇場で鑑賞】

アメリカで低予算作ながらスマッシュヒットし、映画
祭で評判を呼んだホラー映画『イット・フォローズ』
が公開されましたので観に行ってきました。

謎に包まれた設定でヒットもしたホラー映画ということ
で観に行こうとしましたら上映館数がかなり少なく、
あまり行かない映画館まで遠征です。

イット・フォローズ [Blu-ray]



イット・フォローズ

原題:IT FOLLOWS

製作:2014アメリカ

作品紹介
各国の映画祭で高い評価を獲得し、クエンティン・タラン
ティーノも絶賛の声を寄せたホラー。ある男との性行為を
機に、他者には見えない異形を目にするようになって
しまった女性に待ち受ける運命を見つめる。メガホンを
取るのは、新鋭デヴィッド・ロバート・ミッチェル。
『ザ・ゲスト』などのマイカ・モンロー、テレビドラマ
「リベンジ」シリーズなどのダニエル・ゾヴァットらが
出演。独創的で異様な怪現象の設定に加え、次々とヒロイン
の前に現れる異形の姿も鮮烈。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

彼氏と熱い夜を過ごしたジェイ(マイカ・モンロー)は
事が終わった後椅子に縛り付けられ、信じられない告白
を受ける・・・。

主人公のジェイはある男と性行為をした後からこの世の
ものではない人間のような「ソレ」にとり憑かれて
しまうというオカルトホラー、「ソレ」の設定がミソで、

「ソレ」はゆっくりと、しかしどこにいても確実に
追いかけてくる!、

そして捕まると・・・死あるのみ!。

とシンプルながら“どこにいても確実に”という部分が
効果てきめん、ソレは謎の高性能GPSみたいな機能を搭載
しているようで、逃げても逃げても正確に追い詰める!、
人間の歩くスピードしか出せないけれども、捕まると
殺されるし、常に移動していないといけないのでまともな
生活をおくれないと実は非常にやっかい、思い出したのは
何かのゲームで自機より遅くてのっそりついてくるキャラで、
例えば邪悪な歩くピクミンといった感じでしょうか。

とどめの設定は「ソレ」のルックス、人間そのままで
普通の人から知り合いまで“ランダム”に擬態出来、
中には常人ではないものまで、外見での不気味さを
忘れていないのが◎、「ソレ」の対処の仕方ももちろん
あり、ストーリーの幅を広げていました。

敢えて言及を避けぼかしている部分や、つっこみどころ
があるにせよ、独自の設定は面白かったですし、総じて
楽しめた一本、ゾンビはノロノロ歩きから疾走、アクション
は酒場でのどつきあいからマーシャルアーツライクなキレ
キレに移行と、映画のハイスピード化の流れの逆を突く
アイデアはお見事、登場人物が若者で青春映画的な面も
アクセントになっており、微妙に時代設定が分からなく
なる小道具類にも注目、ホラー好きには要チェックの
映画ではないでしょうか。

イット・フォローズ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

黄金のアデーレ 名画の帰還 【劇場で鑑賞】

ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの
名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟
を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ
『黄金のアデーレ 名画の帰還』が公開されましたので
観に行ってきました。

TOHOシネマズのポイントカード特典である
1ヶ月フリーパスポートを使ったのもこれで最後、
合計9本となりました。3年前に使ったときは10本
でしたので同じような本数、改めて非常に強力な
サービスだと感じさせられました。

黄金のアデーレ 名画の帰還 [Blu-ray]



黄金のアデーレ 名画の帰還

原題:WOMAN IN GOLD

製作:2015アメリカ/イギリス

作品紹介
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの
名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟
を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画
のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄
(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優
ヘレン・ミレンが好演する。彼女とタッグを組む弁護士に、
『[リミット]』などのライアン・レイノルズがふんし、
『ラッシュ/プライドと友情』などのダニエル・ブリュール
らが共演。『マリリン 7日間の恋』などのサイモン・
カーティスがメガホンを取る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)
は、第2次世界大戦中にナチスによって奪われてしまった
伯母の肖像画で、グスタフ・クリムトが描いた名画が
オーストリアにあることを知る、彼女は新米弁護士ランディ
(ライアン・レイノルズ)の力を借り、オーストリア政府に
絵画の返還を求めるが・・・。

特に派手な話ではありませんが・・・テンポが良い!、

編集が上手いからでしょうかね?、キャラの紹介から出会い、
過去のパートを挟み込みつつ流れるように展開し、飽き
させないつくり。

凛とした主役の女性を演じたのはヘレン・ミレン、思わず
素でこういう人なんだと思ってしまう自然な演技を見せて
くれました、共演のライアン・レイノルズのそこはかとない
抜け感も◎。

1ヶ月フリーパスポートを使えたので日ごろあまり観ない感じ
の作品をチョイスしましたがこれが当たり、パスポート使用
有終の美を飾れました、同時期に公開されて自分は見逃して
しまった『ミケランジェロ・プロジェクト』も大戦下の
美術品を巡るストーリーだったと記憶、戦争では人命だけ
でなく、人類共通の遺産であり、もちろんのこと個人の財産
でもある美術品も失われ、また奪われていたということを
白日の下にさらすということが根っこにありながらも、非常に
観やすい仕上がりで、間口が広くなっているところがポイント
高かったです。

黄金のアデーレ 名画の帰還 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする