2016年02月29日

グリーン・インフェルノ 【劇場で鑑賞】

『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロス
監督の新作で、食人族を描いたホラー映画『グリーン
・インフェルノ』が公開されましたので観に行って
きました。

ちなみに前売り券の特典はエコバッグ、そして改装工事
により一時休館する新宿武蔵野館が、最終上映時に
入場特典として“人肉(ビーフジャーキー)”を配布
したそうです。

グリーン・インフェルノ [Blu-ray]



グリーン・インフェルノ

原題:THE GREEN INFERNO

製作:2013アメリカ/チリ

作品紹介
『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロス監督
がメガホンを取って放つ衝撃の食人ホラー。人間を食する
風習が残るアマゾンの奥地で若者たちを襲う、阿鼻
(あび)叫喚の世界を徹底的に描き出す。監督が俳優
としても出演した『アフターショック』でも組んだ、
ロレンツァ・イッツォやアリエル・レビが今作にも出演。
巻き込まれ型ストーリーを得意とするロス監督による
残酷な展開に絶句する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

女子大生のジャスティン(ロレンツァ・イッツォ)は
アレハンドロ(アリエル・レビ)がリーダーを務める
過激な活動をする学生グループに参加、彼らは
不正なアマゾンの森林伐採の実態を世に訴えるため、
現地に赴くが、強制送還の憂き目にあってしまう、
しかしその途中で搭乗機がエンジントラブルを起こして
しまい・・・。

1981年に公開され世界を衝撃に与えたホラー映画
『食人族』にインスパイアを受けたということです、
あちらはフェイク・ドキュメンタリー形式で、今で言う
POVのさきがけとなった作品、自分が小学生の頃同級生
がなんとお父さんと一緒に観に行って「すごかったぜ〜」
と興奮気味に話していました、今でしたらR18で確実
にアウト、ゆる〜い時代でしたね、そういう自分は未見、
なにしろ大人になるまでガチのドキュメンタリーと思って
いましたので(笑、怖くて観られませんでした、こちら
はそういったモキュメンタリー形式ではなく普通の映画
となっております。

で、只の残酷ゴアゴアムービーかと思ったら・・・、
スプラッターのみならず、時にはブラックジョークを
挟み込み、ドラマもひねりが加えられたまさにキャッチ
コピーどおりの残酷無慈悲な食人エンターテインメント!。

序盤ははっきりいって地味、しかしそこでフラグ立て
されたものは後々しっかり生かされています、過激な
環境活動家で、エコテロリストのような活動をする若者
たちが保護しようとした部族が・・・、という皮肉な
展開、本題に入るとエンジンがかかりノってきます、
途中では並の作品なら停滞してしまうであろうシーン
でも、上手くイベントやネタを仕掛け、イーライ監督
(脚本も兼任)のセンスを感じた次第、そしてオチも一筋縄
ではいかなくなっており、最後まで目が離せませんでした。

スプラッターシーンはエグめの部分があったものの、
それを除けば行き過ぎてはいなかったと思います、ゾンビ
映画が観られる方でしたら大丈夫ではないかと。

出演者は無名の方々、ジャスティン役のロレンツァ・イッツォ
は監督の奥さんだそうで、個人的にはイタリアっぽい顔立ちが
こういう映画にフィットしていたかなと、『食人族』の監督
ルッジェロ・デオダートや『サンゲリア』などのルチオ・フルチ
とか、グロといえばイタリアみたいなイメージがあります、
イタリアの方ごめんなさい(笑、なおイーライ監督自身もチラッ
と出ている模様、それからなんといっても部族を演じた方々、
メインキャラ以外は現地の方を雇ったそうで、そのナチュラル
な演技で半端ではないリアリティを出しておられました。

人間を“食材”としてしか見ていないという状況は非常に絶望的
で怖く、それをベースに、異文化との関わり方や環境問題等々、
考えさせられるテーマを入れて煮込み、仕上げにビックリゴア
描写や笑えるスパイスを投入、大変おいしくいただけた映画でした。

グリーン・インフェルノ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

コードネーム U.N.C.L.E. 【劇場で鑑賞】

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』
などで人気のガイ・リッチー監督の新作で、1960年代の
人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を新たに
映画化した映画『コードネーム U.N.C.L.E.』が公開
されましたので観に行ってきました。

1ヶ月フリーパスポート期間を終え、10日間ほど劇場から
足が遠のきましたが、その間にこちらの上映回数の
雲行きが怪しくなってきたので終わらないうちに映画館
まで行く事に、微妙に公開規模が小さめでしたが、近く
のシネコンでやっていて良かったです。

コードネームU.N.C.L.E. ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



コードネーム U.N.C.L.E.

原題:THE MAN FROM U.N.C.L.E.

製作:2015イギリス

作品紹介
1960年代の人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、
『スナッチ』などのガイ・リッチー監督が新たな視点で映画化。
東西冷戦下、CIAとKGBのエージェントが協力し合い世界規模
のテロ事件を阻止すべく奮闘する。プレーボーイのソロと
堅物クリヤキンという水と油のスパイコンビを、
『マン・オブ・スティール』などのヘンリー・カヴィルと、
『ローン・レンジャー』などのアーミー・ハマーが熱演。
そのほか『アンナ・カレーニナ』などのアリシア・
ヴィキャンデル、ヒュー・グラントらが脇を固める。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン
・ソロ(ヘンリー・カヴィル)は、核兵器を手にした国際犯罪組織
を追うため、宿敵であるKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン
(アーミー・ハマー)と手を組むことに、鍵となるのは組織の手に
落ちた科学者、彼の元にたどり着くには娘(アリシア・
ヴィキャンデル)が唯一の頼りだが・・・。

2015年は
『キングスマン』
『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』
『007スペクター』
とスパイ映画が多く公開された年、その激戦の中にあって
ややおとなしい印象を与えたこちらの特徴は全体的にお洒落
というところ、ガイ・リッチー監督らしい速いカット割りを
使った映像や音楽、60年代ファッションと全体的に華やかです。

主演はナポレオン・ソロに『マン・オブ・スティール』
ヘンリー・カヴィル、今回はプレイボーイに扮しています、
相方はこちらのほうが“鋼鉄の男”という感じのイリヤに
アーミー・ハマー、共演に博士の娘役でアリシア・
ヴィキャンデル、彼女のキュートなルックスとファッション
に注目ですね、女性陣ではエリザベス・デビッキもその
ゴージャスさで華を添え、『エベレスト 3D』の時と180度
違う役で言われなければ気づかない?!。

ただやっぱりアクションにもう一声欲しかったですね、
問題はありませんでしたけど、相手が悪かったというか
・・・、トム様は鬼気迫っていましたし、マシュー監督
はキレッキレ、007もドッカンドッカンと他のスパイ映画
がドえらい事になっていましたので、しかし総じて楽しめた
スパイ映画でした、なお原作のテレビシリーズを知らない
自分でもついていけた内容ですので、初見の方でも大丈夫
と思われます。

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。続きを読む
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(17) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

機動戦士ガンダム THE ORIGIN U 哀しみのアルテイシア 【劇場で鑑賞】

人気ロボットアニメ「機動戦士ガンダム」の
キャラデザインをてがけた安彦良和氏によるコミック
をアニメ化した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』
の2作目の『哀しみのアルテイシア』が期間限定で
イベント上映、前回に引き続き劇場まで観に行って
きました。

観に行った時はTOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポート
期間中でしたが、こちらは特別興行のため対象外でした。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]



機動戦士ガンダム THE ORIGIN U 哀しみのアルテイシア

製作:2015日本

作品紹介
「機動戦士ガンダム」で不動の人気を誇るシャア・アズナブル
と彼の妹の若き日を題材に、安彦良和によるコミックをアニメ化
したスピンオフシリーズの第2作。父ジオン・ズム・ダイクン
亡き後にサイド3を脱出して地球で暮らすキャスバル・レム・
ダイクンとアルテイシア・ソム・ダイクン兄妹(後のシャアと
セイラ)と、サイド3で独裁体制を確立するザビ家との攻防の
始まりを描き出す。監督と総監督は、今西隆志と安彦良和が
続投。新たに登場するキャラクターや、モビルワーカーなど
のメカにも注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館 ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

父ジオン・ズム・ダイクンを亡くしたキャスバルと
アルテイシアは、父の側近ジンバ・ラルと一緒にサイド3
を脱出。地球で、エドワウ・マスとセイラ・マスと名前
を変えて生活していたが・・・。

地球に下りて新し生活を始めたキャスバルとアルテイシア
を中心に描き、サブでジオンのモビルスーツ開発チームの
エピソードが挟み込まれます、中心は人間ドラマでMSは
少しだけ。

バランスとしてはもう少しMSを見たいというファンの気持ち
もわからないではないですが、自分としては幽閉された母と
離れ離れになってしまったキャスバル&アルテイシアの
その後や、実権を握っていくザビ家などのドラマは悪く
無かったと思います。

前作で見られた大仰な演出や派手めなコメディ演出が
無かったのが良かったです、しかし観ていて少々
問題があるのでは?と思ってしまう部分も。

心配なのはジオン・ズム・ダイクンの人物像、前作
では狼狽した姿しか描かれていませんので、さすがに
宇宙世紀の思想に多大なる影響を与えた人には見えず、
本作でもその関連のセリフにちょっと違和感が出て
います、原作を読んでいないのでどのような人なのか
が分からないのでなんともいえませんが、今後偉人
としての側面を見ることはできるのでしょうか?、
あるいはそういう脆い人間が祭り上げられたパターン
とか。

モビルスーツはCGワークで動きに問題は無し、しかし
果たしてこれが“安彦良和”版に合っているのか?
と思ってしまいます、なぜなら人間のほうがウォーム
な雰囲気のある良いデザインですので食い合わせに疑問、
やはり従来のセル画にして、例えばザクやドムをやや
ファットなスタイリングにして差別化を図るとか、
方法はありそうなものでした。

あとはカメオ的出演のキャラのマスコットロボの出自
などアレンジ部分が楽しめるかどうか、あくまでも
“安彦良和”版の新しいガンダムということを頭に
入れておかないと混乱してしまいます。

ハードルが高くなっているガンダムのしかもファースト
直撃の物語なだけに、エンドタイトルの曲などもろもろ
トータルプロデュースに優れたセンスを感じないのが痛く、
どうも「宇宙世紀」の物語ながら正史に組み込まれない
という立ち位置を上手く使えないまま微妙な作品で終わり
そう、今後の巻き返しに期待したいところです。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アニメ ガンダム
posted by かとちゃん00 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする