2016年01月16日

恐怖ノ白魔人 【劇場で鑑賞】

スペイン・バルセロナ近郊にあるシッチェスで開催
される、世界3大ファンタスティック映画祭の一つ
といわれる「シッチェス映画祭」、そこで出品された
作品からセレクトして日本で特集上映する、
「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」
が2015年も開催、2014年に続きヒューマントラスト渋谷
まで足を伸ばしました。

2本目はフランス産ホラー『恐怖ノ白魔人』を鑑賞です。

恐怖ノ白魔人 [Blu-ray]



恐怖ノ白魔人

原題:AUX YEUX DES VIVANTS

製作:2014フランス

作品紹介
少年たちが見てしまった誰にも言えない秘密! 「屋敷女」
「リヴィッド」のジュリアン・モーリー&アレクサンドル
・バスティロ監督が挑む最新ホラー!
(公式HPより)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★

フランスの郊外に住む悪ガキ3人組は、ある日学校を抜け出し、
廃墟と化した映画のセットに忍び込む、そこで彼らは女性の
誘拐現場を目撃してしまい・・・。

容赦ないストーリーや残虐なスプラッターシーンで“最凶”
と目されるフランス産ホラー、所謂「フレンチ・ホラー」、
中でも極北と言えるスプラッター作『屋敷女』を監督
したジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ
の新作がこちら。

開幕はフレンチ・ホラーらしいつかみ、そこからどうなるか
と思ったら、おや、正統派ホラー演出も出来るじゃない
ですか〜、しか〜し、やっぱり粘着質というかいやらしさ
をみせたり、変なシーンも入れてくるなど、ただでは
済ませていなかったです。

欠点としては白魔人の能力がイマイチはっきりしていなく、
疑問を起こさせる部分があったのがマイナス、つかみ所が
ないというのは良かったのですが、後は過去作からすると
ゴアシーンがそこまでではなかったので、その辺を期待
していた方には物足りないかも。

ホラー版スタンド・バイ・ミーといった導入部から
スラッシャーものに移行、やはりヨーロッパらしい何か
独特の雰囲気があり、直接的描写は避けながらも容赦が
ない部分も、捻りも入れられていたので最後まで楽しめた
映画でした、個人的に観て激しく後悔した監督コンビの
『屋敷女』でしたが、こちらは程よい湯加減かなと。

恐怖ノ白魔人 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

カンフー・ジャングル 【劇場で鑑賞】

中国のトップアクションスターであるドニー・イェン
主演のアクション映画『カンフー・ジャングル』が
公開されましたので観に行ってきました。

今年は『アイスマン』『スペシャルID 特殊身分』
『モンキー・マジック 孫悟空誕生』とドニー兄貴の
主演作が次々と公開されましたがこちらがとどめの一撃、
今後の予定はアイスマン、イップ・マン、グリーン・
デスティニーと続編が続く兄貴です。

ちなみに公開当時劇場では『全力スマッシュ』とこちら
をはしごすると割引というキャンペーンが行われていました。

カンフー・ジャングル(初回限定生産) [Blu-ray]



カンフー・ジャングル

原題:一個人的武林
KUNG FU JUNGLE

製作:2014中国/香港

作品紹介
『孫文の義士団』などのテディ・チャン監督と、『イップ・マン』
シリーズなどのドニー・イェンが再び組んで放つカンフー
アクション。一流の武術家たちが次々と命を狙われる中、
警察と武術家として名をはせた囚人が協力して犯人を追う
様子に迫る。『アイスマン』などのワン・バオチャンが
悪役を演じ、『浮城』などのチャーリー・ヤンがエリート警部
を熱演。元祖香港カンフー映画にリスペクトをささげた、
カンフーの魅力が満載の内容に引き込まれる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

拳法の達人で警察の武術教官を務めていたが、試合中に
殺人を犯してしまい、現在は服役中のハーハウ・モウ
(ドニー・イェン)、ある日名高い武術家の殺人事件を
知った彼は、捜査を担当するロク警部(チャーリー・ヤン)
に協力を申し出るが・・・。

今度のドニー兄貴は拳法の達人で警察の教官職でありながら
過ちを犯してしまい、今ではムショ暮らしをしているハーハウ
・モウという役、漢字で書くと「夏侯武」となりいかにも
強そうですね。

ストーリーは連続拳法家殺人事件の謎を追うサスペンス仕立て
になっており、アクションを盛り込みつつ、犯人がなぜその
ような事をしでかしたのか?、次は誰が狙われるのか?という
ところをしっかりと見せていく厚みがある流れ、舞台を現代に
した武術家を主人公とした武侠映画というかたちです。

主演はもちろんわれらがドニー・イェン、暴走する狂気の
武術家には『アイスマン』で実力のほどは保障済みの
ワン・バオチャン、少林寺出身の彼は本作で大活躍です、
他にも猛者が揃い、アクションのクオリティが高くなって
います、中国拳法特有の形をきちんと見せつつ現代的な映像
とテンポにアップデート、といっても香港映画の殺陣はもう
何十年も前から現在でも通用するレベルなんですけどね、
それにしても皆さん動きが良い!。

迫力十分なアクションでしたが、欠点としては話の都合上
ドニーの出番が少なめ、これはしょうがないですか、それと
尺の関係もあってそれぞれのシークエンスが少々食い足りない
長さ、出ている人が人だけにもう少し見てみたくなってしまい
ました、後はCGワークが少々チープ、これはクライマックス
の素晴らしいバトルの唯一のウィークポイント。

良かったのは『スペシャルID 特殊身分』』の時はペラペラ
だった音響がちゃんとしたものだったのと、オマージュやら
カメオ出演含め、これでもかといわんばかりのカンフー映画
へのリスペクト、エンドクレジットではマニアはのけぞること
うけあいです。

今年最後に公開されたドニー映画は思わず体に力が入る
アクション映画で面白く、まさにとどめの一撃、カンフー映画愛
溢れるこちらを作ったドニーをはじめ、その思いはジャッキーや
ジェット・リーなど中華圏から、とうとう『アイアン・フィスト』
を作ってしまったRZAやアクション映画ファンを公言するキアヌー
・リーヴスなどのハリウッドにまで飛び火、他にもヨーロッパなど
世界各地に心強い人たちがおり、武術映画の灯火は消えることは
なさそうです。

カンフー・ジャングル(2枚組)(初回限定生産) [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

カリフォルニア・ダウン 【劇場で鑑賞】

ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが主演した
ディザスター・パニック映画『カリフォルニア・ダウン』
が公開されましたので観に行ってきました。

地震、津波のシーンが含まれているため、本国より
やや遅れて公開、プロモーションもそれほどされなかった
こちら、3D作品でしたので3D字幕版を鑑賞です。

カリフォルニア・ダウン 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



カリフォルニア・ダウン

原題:SAN ANDREAS

製作:2015アメリカ

作品紹介
ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンを主演に迎え、
カリフォルニアを襲う巨大地震の脅威を描くパニック
アクション。同地に実在するサン・アンドレアス断層
が通る場所を舞台に、ゴールデンゲートブリッジの崩壊
やフーバーダムの決壊など、未曽有の災害に見舞われた
人々の姿を映す。監督は、『センター・オブ・ジ・アース2
神秘の島』でもドウェインと組んだブラッド・ペイトン。
『スパイキッズ』シリーズなどのカーラ・グギーノ、
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』シリーズ
などのアレクサンドラ・ダダリオらが共演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

地震研究家のローレンス(ポール・ジアマッティ)は
カリフォルニア州全域を南北に縦走するサンアンドレアス
断層に異変を発見、大規模な地震の発生を警戒する、
そんな矢先カリフォルニアに巨大地震が発生、レスキュー隊
のパイロット、レイ(ドウェイン・ジョンソン)は妻と
サンフランシスコに残された娘(アレクサンドラ・ダダリオ)
の救出に向かうが・・・。

メインはレイ(ドウェイン・ジョンソン)が離れ離れになって
しまった家族を助けに行くパートとサブでローレンス率いる
(ポール・ジアマッティ) 地質学チームのパート、こちらは
地震の解説的役割を担っていました。

で肝心のレイ(ドウェイン・ジョンソン)のほうはというと、
未曾有の大災害の中を家族を助けたい一心で突き進むという
シンプルなストーリー、さすがのロック様でも今度の相手
は地球そのもの、それでも家族のためならたとえ火の中
水の中!、レスキュー隊員の仕事で培った経験を生かします。

このレスキュー隊員という設定が映画を楽しむ上での分岐点
を産みました、主人公のレイは震災が起こった際に現地に
留まらず、家族を探しに行ってしまうので、その行動を
許せるなら○、そりゃないぜと思ったら×、一応スタート
地点がフラットな場所にいますので、家族を助けられる
のなら行くかなと。

脇にはレイの奥さん役で過去に『ファースター 怒りの銃弾』、
『ウィッチマウンテン』とロック様との共演が多いカーラ
・グギーノ、そして注目はレイの娘役のアレクサンドラ・
ダダリオちゃん、もう胸のダダリオがダッダーーンだ!、
シリアスな内容ながら思わず目がいってしまう男の悲しい性
・・・、他に驚いたのは歌手として有名なカイリー・ミノーグ
が出ていたこと、自分は後から知りましたが何とも言えない
役どころ。

映画の核をなすVFX映像は凄いの一言!、崩壊していく街を
リアルに描きド迫力、完全に大画面向きですので、大きければ
大きいほど満足度が増すと思います、手がけた工房は
ハイドラックス(Hydraulx)、去年の『イントゥ・ザ・ストーム』
に続きまたまた良い仕事をされていました、この映像の出来が
良いのと内容が内容だけに実際に地震と津波の被害にあった
日本でのプロモーションの小ささは致し方ないところ。

やや大味ながらベーシックな骨格に最新型の映像を載せた
ディザスターパニック作、次から次へと巻き起こる危機
また危機に手に汗握ったジェットコースターライドな映画
で面白かったです。

カリフォルニア・ダウン ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする