2018年02月20日

スリー・ビルボード 【劇場で鑑賞】

ベネチア国際映画祭などで受賞歴があり、監督を
『セブン・サイコパス』などのマーティン・マクドナー、
主演をオスカー女優のフランシス・マクドーマンドが
務める映画『スリー・ビルボード』が公開され
ましたので観に行ってきました。

スリー・ビルボード.jpg

スリー・ビルボード

原題:THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI

製作:2017イギリス/アメリカ

作品紹介
娘を殺害された母親が警察を批判する看板を設置したことから、
予期せぬ事件が起こるクライムサスペンス。本作はベネチア
国際映画祭で脚本賞、トロント国際映画祭で観客賞に輝いた。
娘を失った母をオスカー女優のフランシス・マクドーマンド
が演じ、『メッセンジャー』などのウディ・ハレルソン、
『コンフェッション』などのサム・ロックウェルらが共演。
ウディやサムも出演した『セブン・サイコパス』などの
マーティン・マクドナーがメガホンを取る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★★

ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド
(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に
苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。そのことに
よって彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する町の
人々に脅されてしまうが・・・。

一人の行動によって影響を受けた人が、その行動によってまた
他の人に影響を及ぼすという、ゴリゴリのアメリカの田舎町で
善意と悪意、怒りが入れ乱れ、輪廻やカルマを考えさせられる
物語、しかしその行いは時に予測不能なところに向かうのが
この映画の面白いところ。

出てくる登場人物は一見ステレオタイプに見えたり、一癖
あったりと様々でしたが、それぞれ一方向からでなく多面的に
描いていて、難解になるのではなく深みを持たせていました。

俳優さんの方々がまた印象深く、強烈な存在感を放つ主役の
フランシス・マクドーマンド、目が離せない演技を見せた
サム・ロックウェル、他にも脇役にいたるまでキャラが
生かされています。

紹介でサスペンスと書いてありましたが、閉鎖的な町を
舞台にした人間模様を描くドラマという感じ、網の目の
ように張り巡らされたフラグや分岐がしっかりとまとめ
られ、さらに意外性もあるという見ごたえのある映画、
そして人間ある時点で必要なものがあるんじゃないか?
という問いかけをされているようで、またそれが心に
刺さった映画でもありました。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

ジオストーム 【劇場で鑑賞】

気象コントロール衛星が暴走するパニックSF作で、
主演をジェラルド・バトラーが務める映画
『ジオストーム』が公開、4DXは吹替版のみだったので
2D字幕版を観に行ってきました。

ジオストーム.jpg

ジオストーム

原題:GEOSTORM

製作:2017アメリカ

作品紹介
天候をコントロールする気象宇宙ステーションが暴走する
さまを描いたディザスターアクション。未曾有の災害が
同時多発的に起きる地球壊滅災害“ジオストーム”の
発生を防ぐために奔走する主人公を、
『300 <スリーハンドレッド>』などのジェラルド・バトラー
が熱演する。その弟に『ハイネケン誘拐の代償』などの
ジム・スタージェスがふんするほか、エド・ハリス、
アンディ・ガルシアらが共演。『インデペンデンス・デイ』
シリーズなど携わったディーン・デヴリンが監督を務めた。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

異常気象により甚大な被害を被った近未来の地球、
人類は天候をコントロールできる宇宙ステーションを
開発し、危機を回避する事に成功した、しかし2年後
のある日、突如衛星が暴走し・・・。

ディザスターものを観るのは久々、大災害シーンは
まさに大画面向きの映像で、これは大きなスクリーンで
観て正解、やや3Dを意識させるところがあったものの、
2Dでも可でした。

ストーリーは気象コントロール衛星が暴走してさあ大変
というもの、しかしこんなに威力ある〜?、いやいや
パワーを集中させれば、とか解釈の補完は必要かも、
後半は意外な方向に舵を取りますが、飽きさせずに
引っ張っていく結果に、ただ最後ああしたらこう
なってしまうのでは?という疑問がなきにしもあらず、
終わってからネタに出来るというのはありましたし、
結局最後まで楽しめたので良かったのですがね。

主演のジェラルド・バトラーはじめ安心の役者陣、
また渋い方々が脇を固めています、中には意外な
中国系の俳優さんが出ていてビックリ。

過不足ない作りで安定して面白かったディザスター作でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

スイス・アーミー・マン 【劇場で鑑賞】

2年半ぶりにスクリーン数が多いシネコンに遠征、
そこで上映されていたダニエル・ラドクリフや
ポール・ダノが出演している『スイス・アーミー・マン』
というコメディ映画が面白そうでしたので観に
行ってきました。

スイス・アーミー・マン Blu-ray



スイス・アーミー・マン

原題:SWISS ARMY MAN

製作:2016スウェーデン/アメリカ

作品紹介
『ハリー・ポッター』シリーズなどのダニエル・ラドクリフが
主人公である死体を演じ、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
などのポール・ダノと共演した異色作。無人島で遭難した青年が、
死体と共にサバイバルしてわが家を目指す型破りな冒険を活写する。
ヒロインに『スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』
などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド。生者と死者
という不思議なコンビがたどるシュールな旅のてん末に注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

無人島で遭難してしまったハンク(ポール・ダノ)は遂に
生きる気力を失ってしまい、自ら命を絶とうとする、
ちょうどそのとき、波打ち際に流れ着いたのは男性の死体
(ダニエル・ラドクリフ)、その死体からはガスが出ていて・・・。

生きる気力をなくした男が死体とともに頑張るぞ!、
それはそうと『スイス・アーミー・マン』、って何でこんな
タイトルに?と思ったら観て納得、死体を使ってあんなこと
からこんなことまで、今まで見た事のないサバイバルを見せる
映画です。

現実と妄想が入り乱れるその物語は危ない領域に入ったり、
狂気を感じさせるものもありますが、寂しさ故にというか、
中にはせつなさもあり、笑える範囲内ということもあって
自分は不快には感じませんでした。

主演はハンク役に『リトル・ミス・サンシャイン』や
『プリズナーズ』などの個性派ポール・ダノ、変わって
はいるものの、世のボンクラどもがどこか共感するところ
がある男を好演、彼と行動を共にする死体には『ハリー・
ポッター』シリーズでおなじみのダニエル・ラドクリフ、
今回もある意味“マジック”を見せる?、とにかく
インパクトのある怪演でした。

死体と一緒になるコメディといえば少々古い映画ですが、
『バーニーズ あぶない!?ウィークエンド』という作品が
あり、個人的にはあれ以来の死体活用コメディの快作で
非常に楽しめた一本でした。

スイス・アーミー・マン DVD



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:コメディ
posted by かとちゃん00 at 19:10| Comment(0) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする