2016年03月25日

モンスターズ 新種襲来 【劇場で鑑賞】

『GODZILLA ゴジラ』などのギャレス・エドワーズが監督
を務めた異色SF映画『モンスターズ 地球外生命体』
続編で、ギャレス・エドワーズは製作総指揮に回り、
新たにこれが長編デビューとなる新鋭トム・グリーンに
監督がバトンタッチされた『モンスターズ 新種襲来』が
公開されましたので観に行ってきました。

モンスターズ/新種襲来 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]



モンスターズ 新種襲来

原題:MONSTERS:DARK CONTINENT

製作:2014イギリス

作品紹介
低予算ながらも高い評価を得た『モンスターズ 地球外生命体
の続編。地球外生命体が生息する中東で、消息不明となった
部隊の捜索にあたるアメリカ軍兵士たちが、想像を絶する
巨大モンスターと対峙(たいじ)する。前作で監督を務めた
『GODZILLA ゴジラ』などのギャレス・エドワーズが製作総指揮
を担当。『ビトレイヤー』などのジョニー・ハリス、
テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズなどの
ジョー・デンプシーらが出演。モンスターとの攻防と、
極限状況下で展開するドラマに手に汗を握る。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★☆

地球全土にモンスターが現れ、危険地帯が拡大している世界、
中東某国ではモンスターに対する米軍の空爆で被害を受けた
武装勢力と米軍が軍事衝突していた、そんな中危険地帯で
消息不明になってしまった部隊を救出するため、歴戦の兵
フレイター軍曹(ジョニー・ハリス)を隊長とし、派兵された
ばかりの若い兵士を含む小隊が捜索のため深部に向かうが・・・。

前作は怪獣映画というよりかは、モンスターがいる世界での
ロードムービーというスタイルでしたが、今度も一般的な
怪獣映画では無く、モンスターがいる世界での戦争映画と
いった趣でした、ですのでタイトルやポスターから来る
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のようにクリーチャーと
ガシガシ戦うイメージとは離れた内容となっております。

救出ミッションのために危険地帯の奥地まで向かうことに
なった小隊を描くのがメイン、モンスターは大型化し量も
増えているので、米軍は空爆で対処しているのが非常に
リアルな設定、その空爆により被害を被った現地の武装
勢力との衝突も現実的です。

そのような紛争地帯の戦争映画というところにモンスター
が・・・、う〜ん絡まない・・・、背景的扱いというか、
平行線上で交わらなかったです、それがこのシリーズの
特色といえばそうで、距離感が良いシーンがあったのも
確か、しかしいまいち盛り上がりに欠けた展開でしたので、
ガッチリ噛み合わせる場面があっても良かったのでは。

アクションはまずまずで、モンスターの独自の立ち位置や
その造形も悪くなし、所々に印象的なシーンがあるなど
良い点はあったものの、どうにもストーリーに抑揚が
少ないのと既視感があり、あまり面白くなかったのと、
ポイントで挟み込まれたイメージ映像っぽいショットも
効果的には感じられないと、やりたいことはわかるけども、
上手くいかなかったかなという自分としては惜しい作品でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


posted by かとちゃん00 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 【劇場で鑑賞】

ヤングアダルト小説が原作の近未来SF作
『メイズ・ランナー』の続編『メイズ・ランナー2
:砂漠の迷宮』が公開されましたので観に行って
きました。

前作に引き続き劇場での鑑賞となり、こちらが1ヶ月
フリーパスポート使用4本目、当時入場特典でポスト
カードがあり、自分が貰ったのはトーマス・ブローディ
・サングスター君の柄でした。

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]



メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮

原題:MAZE RUNNER:THE SCORCH TRIALS

製作:2015アメリカ

作品紹介
巨大迷路からの脱出劇をテーマに世界中で大ヒットした第1作
の続編として、迷路を脱出した主人公たちを待ち受けていた
次なる迷宮でのサバイバルを描くアクション。謎の迷路の
出口にたどり着いた“選ばれた者”たちが、第2ステージでは
砂漠を舞台に逃走劇を繰り広げる。第1作のディラン・
オブライエンやカヤ・スコデラーリオが引き続き出演し、
監督もウェス・ボールが続投する。砂漠での過酷なアクション
や行く手を阻むトラップの数々、新たな仲間も加わり展開
される友情と裏切りなど、前作を上回るステージに期待が高まる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

謎の巨大迷路の出口を発見したトーマス(ディラン・
オブライエン)たちは、外の世界に出たものの隔離施設
に移送されてしまう、なんとか脱出を試みる彼ら
だったが・・・。

前作『メイズ・ランナー』から約半年後という早い
ペースで届けられた続編、まだ記憶に残っている
内に観られたのが○。

迷路を抜けたディランたちが危険が満載の砂漠に
放り出され、前作とは違った形のサバイバルアクション
に、迷路ではなくなったかわりに今度は・・・、
バイオハザードか?!、正直ありがちといえばありがち
ですが、外しにくい手堅い選択。

アクションシークエンスはしっかりしており、前作で
あった暗くて観難いところもなくちゃんとした出来、
ストーリーも徐々に何故あんな迷路を作ったのか、
どうしてこういう世界になったのかを小出しにして
興味を繋げられるようになっており、仕掛けも用意。

キャストは前作から引き続きディラン・オブライエンや
カヤ・スコデラーリオなどフレッシュな面々で、脅威の
童顔を誇るトーマス・ブローディ・サングスター君も
続投、新顔も随時投入され渋いところではバリー・
ペッパーの姿も。

本作を観てやはり似たようなヤングアダルト小説原作の
近未来もの『ハンガー・ゲーム』や『ダイバージェント』
の中では一番とっつきやすいシリーズではないかと、
続編はアメリカで2017年公開と今度は少し間が空いて
しまいますが、また楽しませてくれそうです。

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

マジック・マイク XXL 【劇場で鑑賞】

主演のチャニング・テイタムの実体験を基にした男性
ストリッパーを描いた2012年の『マジック・マイク』
の続編『マジック・マイク XXL』が公開されましたので
観に行ってきました。

先日家で1作目を観たばかりで続けての鑑賞、公開規模
はやや小さめでしたが、近くのシネコンで上映していた
ので助かりました。

マジック・マイク XXL ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



マジック・マイク XXL

原題:MAGIC MIKE XXL

製作:2015アメリカ

作品紹介
チャニング・テイタムの実体験を基に、男性ストリップ
の世界とその裏側を描いた『マジック・マイク』の第2弾。
前作から3年後を舞台に、引退を決めたかつての仲間たち
と共に最後のショーを飾るため、ダンスコンテストを
目指すさまが展開する。チャニングのほかマット・ボマー、
ジョー・マンガニエロらが続投し、彫刻のような肉体と
情熱的なダンスを披露。さらに『ハンガー・ゲーム』
シリーズなどのエリザベス・バンクス、『ラム・ダイアリー』
などのアンバー・ハードが新たに参加。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

3年前に男性ストリップのパフォーマーを引退し、
インテリア業に就いているマイク(チャニング・テイタム)、
しかしダンスへの情熱は冷めていなかった、そこで
かつての仲間たちと再会し、最後のパフォーマンスを
行うべくマートルビーチで開催されるダンスコンテスト
を目指すことになるが・・・。

前作からの変更点としては監督が変わったのと、
一部離脱したキャストがいます、マシュー・マコノヒー
が抜けてしまったのが大きいですが、主要キャストは
再結集していますのでご安心を。

今回はロードムービーテイストになり、コメディ要素
も入って観やすくなりました、ダンスシーンも前作に
比べて増量しているのが嬉しいところ、各出演者の
見せ場もつくられており、ジョー・マンガニエロ
のおいしいシーンやマット・ボマーの隠れた特技、
ケヴィン・ナッシュはプロレスファンには今の動き
もしかして!?という場面も、もちろん主役の
チャニきゅんのキレキレダンスがまたもや炸裂!。

女性陣はアンバー・ハードやウィル・スミスの奥さん
ジェイダ・ピンケット=スミス、最近は監督業にも進出
したエリザベス・バンクスなど、個人的に懐かしかった
のがアンディ・マクダウェル、久々の映画出演のようで、
元気な姿を披露、何回も観たお気に入りの映画
『恋はデジャ・ブ』から20年以上経った今、当時の
イメージを損なわない美熟女になられていたのが
嬉しかったです。

欠点はちょっとお話が薄いかな〜というところで、
割とまったりした流れ、しかし娯楽度はアップして
いますし、ちょっぴり切ない雰囲気があるのも○、
女子同士でワイワイやりながら観るのが良いでしょうし、
前作同様ダンスに興味がある方はまた楽しめるかと
思います。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする