2015年12月29日

マジック・マイク 【DVDで鑑賞】

映画館で『マジック・マイクXXL』の予告編を観て
面白そうだったので観に行こうと思いましたら1作目
である『マジック・マイク』を観ていないことに
気づき、急遽DVDをレンタルして観てみました。

マジック・マイク Blu-ray



マジック・マイク

原題:MAGIC MIKE

製作:2012アメリカ

作品紹介
『G.I.ジョー』などのチャニング・テイタムの実体験を基に、
『オーシャンズ』シリーズなどのスティーヴン・ソダーバーグ
監督が放つドラマ。絢爛(けんらん)なショーが繰り広げられる
男性ストリップクラブに集うダンサーたちが、さまざまな
出来事を経て自身を見つめ直していく。チャニングが主人公
のマイクにふんし、ダンサー経験者ならではの華麗な踊りを
披露。『ビーストリー』のアレックス・ペティファーや
『リンカーン弁護士』などのマシュー・マコノヒーといった
実力派の共演や、彼らの屈強な肉体も見もの。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:DVD(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

昼は実業家、夜は男性スターストリッパーとして活躍
するマイク(チャニング・テイタム)は、ひょんなことから
知り合った19歳のアダム(アレックス・ペティファー)に
女性を惹きつける天賦の才を見いだし、ダンサーとして
デビューさせるが・・・。

事前に何も知らずに鑑賞しましたので、てっきり
昔観た『フル・モンティ』のようなストリッパーを題材
としたコメディ作だと思っていたら、結構シリアスな
内容、ダンサーとしては成功しているが夢を追い続けて
いるマイクと成り上がっていくアダムを中心としたビター
テイストの青春物語といったところでしょうか。

売りとなるダンスシーンはというと・・・、

いつも見ているダンスとは毛色が違う!(笑、

ユーチューブでよく見るダンス動画はだいたいヒップ
ホップ系ですので、女性はまだしも男性はセクシーな動き
を入れるといってもさすがにここまではしないので新鮮、
自身の経験が基になっているという主演のチャニング・
テイタムの動きが素晴らしく、経験者らしいキレキレの
ダンスを見せてくれました。

主役のチャニングをはじめ共演者もグッドシェイプの
持ち主ばかりを集めています、アレックス・ペティファー
やアダム・ボマー、『サボタージュ』などに出演していた
長身のジョー・マンガニエロなど、忘れてはいけないのは
カリスマ性を発揮していたマシュー・マコノヒー、
『ダラス・バイヤーズ・クラブ』前で痩せ始めていますが、
堂々たる肉体美。

で、この映画を見るきっかけになったのは

あのケビン・ナッシュがストリッパー!?、

ということを知ったためでした、このケビン・ナッシュという
方はプロレスファンには有名で、米プロレス団体WWEやTNA
などで活躍した元プロレスラーです、もちろん来日経験もあり、
現役時代にはビッグ・ダディ・クールという異名があったくらい
の長身、共演の190cmクラスのジョー・マンガニエロよりさらに
高い約210cm!、今は亡きジャイアント馬場さんと同じくらいと
いうでかさを誇る方です、そんな彼がどんなダンスを見せるかと
思ったら、やっぱりほとんど踊らず、少ないステージシーンの中
で見せたジャンピングジャックはここでしか見られない貴重な
動きかも。

スティーヴン・ソダーバーグ監督ということで映像は綺麗、
しかし内容はセンセーショナルなものではなく渋め、ダンサー
のパフォーマンスはダンスに興味がある方でしたら見て楽しめる
と思います、チャニングもちゃんと自分で踊ってますし、ゲイ
では無い自分でも動きが見てて面白かったです、女性でしたら
さらに満足度はアップするかもしれませんね、ただダンスシーン
の分量が思ったより少ないのが惜しかったです。

マジック・マイク DVD



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ドラマ WWE
posted by かとちゃん00 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション 【劇場で鑑賞】

トム・クルーズ主演する大ヒットスパイアクション
シリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾
『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』が
公開、夏休み向け大作『ジュラシック・ワールド』
同様8月中はかなりの混雑を見せていましたので、
落ち着いた9月に入ってから観に行ってきました。

ミッション:インポッシブルシリーズは全て鑑賞済み、
『U』と『ゴースト・プロトコル』<に続き3本目の
劇場鑑賞となりました。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION

製作:2015アメリカ

作品紹介
ハリウッドスターのトム・クルーズ主演の世界的大ヒット
シリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5弾。
スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、仲間たち
と協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅というハイレベル
のミッションに挑戦する姿を活写する。共演は、
ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、アレック・
ボールドウィンら。高度1,500メートル、時速400キロメートル
で飛行中の軍用機侵入を試みる、トムの命知らずのアクション
も見どころ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

アメリカの秘密機関“IMF”のベテランエージェントで
あるイーサン・ハント(トム・クルーズ)は正体不明の多国籍
スパイ集団“シンジケート”を密かに追っていた、しかし
IMFロンドン支部で敵の罠にはまってしまい・・・。

今作で5作目となり息が長いシリーズとなったM.I.、前作
『ゴースト・プロトコル』で質の高いアクションを見せて
くれたトム様、今度はさらに体当たりのシーンが増量され、
役者魂が炸裂しています。

CGが発達している昨今ですが、やはり役者さんが実際に
スタントしているライブ感は説得力十分、同じくライブ
アクションが多かった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
といい、クオリティが高くなっているCGとガチンコスタントが
有機的に結合し、ネクストレベルに昇華しています、こちら
では特にバイクチェイスシーンの出来が白眉、レース映画
顔負けの強烈なスピード感と、右へ左へのハングオン!、
もちろんトム様も実際に乗ってまっせ!。

ストーリーはIMFが解体され、追われる立場となったイーサン
が孤軍奮闘するという内容、登場人物は最小限となり、ピント
がグッと絞られています、無理やり引っ張り出されるかつて
の仲間のベンジーには『ワールズ・エンド』や米メジャー映画
にも出ているイギリス出身のサイモン・ペッグ、彼とイーサン
の掛け合いは時にユーモラス、巻き込まれ型のキャラで非常に
おいしくなっていました、前作から引き続いてのジェレミー
・レナーは中間管理職的ネタを提供、レベッカ・ファーガソン
演ずる謎の美女イルサは物語を大いに攪乱、敵役には
『ベルファスト71』で怪しかったショーン・ハリスがさらに
不気味さを増しています。

今年は『キングスマン』、『コードネームU.N.C.L.E.」、
『007スペクター』などスパイ映画の大作が目白押し、
その中にあってもハイクオリティなアクションとトム様
の抜群のスター性で存分に光っている一本、5作目ながら
ここから観ても大丈夫になっているとっつきやすさも
ポイント、個人的にはクライマックスでもう一押し
欲しかったかなというのはあったものの、そこでマンネリ感
は打破、トム様の鬼気迫るといってもいいチャレンジ精神と、
それをキッチリ形にするスタッフ陣との連携が冴えた
アクション映画の力作で面白かったです。

あと作品の内容とは直接関係ないにせよ、トム様の来日時
のあの炎天下での“神対応”も忘れてはいけませんね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(20) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

ムカデ人間3 【劇場で鑑賞】

カルトホラーシリーズ『ムカデ人間』の最新作に
して3部作最後の一本となる『ムカデ人間3』が
公開されましたので観に行ってきました。

映画館に着くとムカデ人間マニアが集結し場内は盛況、
さすがでした。

ムカデ人間3 [Blu-ray]



ムカデ人間3

原題:THE HUMAN CENTIPEDE V (FINAL SEQUENCE)

製作:2015アメリカ/オランダ

作品紹介
人間と人間をつなぎ合わせてムカデ状にしてしまうという、
インモラルかつアブノーマルな内容で話題を集めた
シリーズの第3弾。数多くの囚人を抱えて財政難に陥った
刑務所の所長とその部下が、それを脱しようと取った
秘策が恐怖を引き起こしていく。監督は前2作の
メガホンを取ったトム・シックスが続投、出演は
ディーター・ラーザー、北村昭博など、シリーズの
スタッフ、キャストが一堂に会する。500人もの囚人を
結合して創造されたシリーズ最長を誇るムカデ人間の
姿に戦慄(せんりつ)する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★

暴動が頻発、高い職員の離職率、経費がかさむなど
最悪な状況のアメリカの刑務所、所長のビル
(ディーター・ラーザー)は、ある日とうとう州知事
(エリック・ロバーツ)から最後通告を受けてしまう、
そこで腹心のムカデ人間マニアであるドワイト(ローレンス
・R・ハーヴィー)があるアイデアを所長に告げ・・・。

斬新でシュールなホラーを見せた『ムカデ人間』

醜悪で不快なホラーを見せた『ムカデ人間2』

そして3では愛と感度のフィナーレに・・・なるわけないっ!

ってかなんじゃこりゃーーー。

今回は下品なコントというかセルフパロディというか
とにかくコメディ寄りになりました。

シリーズで伝説的活躍を見せた俳優さんの
ディーター・ラーザーとローレンス・R・ハーヴィー
のそろい踏みはムカデ人間マニア垂涎、しかし
主役は実質ディーター演じるビルで、このキチ○イ所長
がひたすら暴れまくります、このビルは1作目のハイター
博士とは変わって爆裂変態キャラ、ディーター氏の演技が
ものすごく過剰で(当然そういう指示でしょうが)
少々胸焼け・・・。

ローレンス演じるドワイトは前作とは真逆で一応真人間
という役どころ、あの殺人鬼からは考えられないユーモラス
な風貌で愛嬌がありました、これを観ると以前に子供番組
に出演していたのがわかります、超怪演を見せたかと思えば
軽快な演技を見せる彼はまさに掘り出し物ですね。

脇には何故かエリック・ロバーツが出てたり、監督本人
降臨したりとどういうチョイスなのかと、中には
トム・タイニー・リスター・Jrの姿も、メジャー作では
『フィフス・エレメント』の大統領役があった彼は、昔
米プロレス団体WWEがWWFという名前だった頃、ハルク・
ホーガンの映画のキャラ“ゼウス”でリングにあがった
こともある面白い経歴の持ち主、他にはカメオ出演程度
ながら以前のシリーズに出ていた役者さんも何人か顔を
見せています。

自分としてはコメディ部分の笑えるところが思ったよりは
少なかったかなと、本題に行くまでも長いですし、というか
もう本題が何だかよくわからなくなっているような気も・・・、
シリーズ共通しての悪趣味さはしっかりキープ、共通と
いえばムカデ人間に関してのお約束のセリフのぶっこみが
面白かったです、まあでもシリーズ最低作ですかね、ある
意味褒め言葉になりそうですが(笑、そんな変態お下劣
ブラックコメディ作でした。

ムカデ人間3 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ホラー コメディ
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする