2015年09月11日

Mr.タスク 【劇場で鑑賞】

『ドグマ』や『レッド・ステイト』などを発表し、
カルトな人気を誇るケヴィン・スミス監督の新作で
人間をセイウチへと変えようとする男の狂気を描いた
映画『Mr.タスク』が公開されましたので観に行って
きました。

向かったのはJR新宿駅東口方面で東南口から近いビル
の地下にあるミニシアター「シネマカリテ」、先日
カリコレで『ザ・ヴェンジェンス』などを観に行った
時にお世話になったこちら、こういったシネコンでは
かからないような映画が観られる貴重な場となって
います。

Mr.タスク [Blu-ray]



Mr.タスク

原題:TUSK

製作:2014アメリカ/カナダ

作品紹介
『ドグマ』などのケヴィン・スミス監督による奇想天外
なホラーコメディー。人間とセイウチの融合をもくろむ
老人の狂気により、セイウチへと変えられてしまう男の
運命を描く。取材先でとんでもない悲運に見舞われる
主人公に、『スペル』などのジャスティン・ロング。
共演には『キル・ビル』シリーズなどのマイケル・
パークス、『シックス・センス』などで天才子役として
名をはせたハーレイ・ジョエル・オスメントが名を連ねる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

ポッドキャストで下世話な番組のDJをしているウォレス
(ジャスティン・ロング)は、相棒(ハーレイ・ジョエル
・オスメント)と恋人(ジェネシス・ロドリゲス)を地元に
残し、カナダに取材に向かう、旅先で予定が狂ってしまい
バーで休憩をしていると、ある老人が冒険話を聞かせる
というチラシが目に入る、空振りに終わった取材の穴を
埋めるべくさっそくコンタクトを取るが・・・。

見知らぬ土地で狂人に出会い、人ならざるものへと
変えられてしまう映画って、ケヴィン・スミス版
『ムカデ人間』?。

こちらはセイウチとの融合を目論むということ、ムカデ人間
と同じくぶっとんだ設定なので、ホラーなのかコメディなのか
が気になるところ、いざ見始めてみるとやはりイッちゃった人
に何されるんだ?というホラー面はあり。

中には芝居がかった台詞や舞台劇を思わせるシーンもあって、
厚みと品を与えていた・・・と思います、流れ的にはちょっと
重めかなという感はありましたが。

そしてメインディッシュの“アイツ”登場!、こ、これは
衝撃的なビジュアルだ!、何とも言えない気持ち悪さの
“ソレ”はもしかしたら見る人が見れば笑ってしまうのかも、
とりあえず悪趣味なのは確かです。

そこからは徐々に珍味度が増し増し、これからどうなる
と興味深く観ていると・・・とどめに何か変なヤツ出て
きたーーー、怪しさ満点のキャラを演じていたのは
役名と同じ人、聞いたことないな〜なんて思って帰って
調べてみると、え!?あの大物俳優!、メイクしていた
ので全然気付かず、って娘さんと初共演なのこれ(w、
ともかく彼の登場でコメディ度がアップ。

そんなビッグネームが出ていてもそこまで派手なもの
では無し、コメディ面でも大笑いってとこまではいかず、
しかしクライマックスでは口アングリ!、オチも中々味
があり、最後の最後に強烈なブラックジョークもぶっ
込まれ、記憶に残る映画となりました、なおグロい表現、
スプラッターは抑え気味ですので、ゲテモノ系の中では
まだ観やすい部類に入るのではないかと、でもやっぱり
色々と観る人を選ぶバッドテイストな作品でした。

Mr.タスク [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:コメディ ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

マッドマックス 怒りのデス・ロード 【劇場で鑑賞】

荒廃した近未来が舞台のアクション映画で、日本でも
漫画『北斗の拳』など多大なる影響を及ぼした映画
シリーズ『マッドマックス』、それが今年生みの親
であるジョージ・ミラー自らがメガホンを取り、新作
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を発表、
公開されるやいなや映画ファンの皆さん達の間で
大変に話題になりました。

公開から少し経って観に行こうとしましたら、近場
のシネコンでは既に一番大きいスクリーンではなくなって
おり、3D字幕版の回数も1回ほどとかなり縮小されて
しまっていました、そこで都内まで出て3D字幕版を鑑賞です。

マッドマックス 怒りのデス・ロード 3D&2Dブルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



マッドマックス 怒りのデス・ロード

原題:MAD MAX:FURY ROAD

製作:2015オーストラリア

作品紹介
荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の
壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描き、主演のメル・ギブソン
の出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。
同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが
再びメガホンを取り、主役を『ダークナイト ライジング』
などのトム・ハーディが受け継ぐ。共演にはオスカー女優
シャーリーズ・セロン、『ウォーム・ボディーズ』などの
ニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じた
ヒュー・キース・バーンら多彩な顔ぶれが集結。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★★☆
おすすめ度:★★★★☆

資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い
荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る
独裁者イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団
に捕らわれてしまう・・・。

マッドマックスシリーズのなんと30年ぶりの新作、
しかも監督も引き続きジョージ・ミラー!、前作
『マッドマックス サンダードーム』は子供の頃に
新宿ミラノ座で観た記憶が、前売り券にはソードオフの
ショットガンを模したキーホルダーが付いていたような
気がします、ちなみに今作の特典はスカル・ステッカー
でした。

マッドマックスって懐かしいな〜なんて思い出に浸りつつ
映画が始まるのを待ち、いざ本編が始まると・・・、
なんだこの爆走ハイテンション・アクションは!、まるで
『マッドマックス2』のクライマックスがず〜っと続いて
いるよう。

オリジナリティのある改造車がこれでもかと走る!、飛ぶ!、
ぶっ壊れる!、それにまけじと人間も戦う!、こっちも跳ぶ!、
疾走感や躍動感のある映像は基本的に実物を使ったライブ
アクション、CGは補助的に使われているのみで、爆発シーン
も実際に吹っ飛ばし、クラッシュシーンも車を転倒させて
いるなど迫力満点、『マッドマックス』でただの事故
じゃないのかと思わせる頭のおかしいクラッシュを見せた
のを思い出させるマッドマックスイズム全開です。

ストーリーは至ってシンプルで説明のセリフも最小限、
メル・ギブソンに変わってトム・ハーディが演じるマックス
もやっぱり寡黙、もう一人の主人公と言える美人女優
シャーリーズ・セロンが演じる女戦士フュリオサは存在感
抜群、丸刈り&メイクで原型をとどめていなかったので
なかなかシャーリーズと判別できなかったです、なお同時期
に出演した『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』
ではかつらを使用していたということ、あちらでは普通に
金髪美女でした。

主演格以外も皆キャラが立ちまくり、中にはデビッド・リンチ
版『砂の惑星』に出てきそうな人まで、そんな色とりどりの
キャラ達は一人ひとりしっかり作りこまれているのがその人の
ファッションやら武装、置かれている状況などからわかり、
また最後まで名前がわからなかった人もいるくらい説明を
省いている一方、そのキャラにどのような過去があったのか
を想像させ、逆に深みを感じる結果に、それもマンガ的な
キャラクターにちゃんと血が通っていると感じさせているから
ではないでしょうか。

敵の親玉であるイモータン・ジョーには『マッドマックス』
でトーカッターを演じたヒュー・キース・バーンが再び
ボス役に、他にはすごい出で立ちになっていたのにも
関わらず、何故か判別出来た『X-MEN フューチャー&パスト』
などのニコラス・ホルト、そのX-MENにも出演していたレニー・
クラヴィッツの娘さんのゾーイ・クラヴィッツの姿も、
個人的に注目なのは劇中その大きな体躯が印象的だったジョー
の息子の一人を演じていたネイサン・ジョーンズ、彼は
オーストラリア出身の元プロレスラーで米プロレス団体WWEにも
参戦していました、俳優業のほうではそうそうたる面子との対戦
経験がありジャッキー・チェン、トニー・ジャー、果ては
ブラッド・ピットとのアクションシーンまで、身長211cmと
いう巨体と迫力のある風貌で大活躍されています。

気になった部分は時間的には少なかったのですが、ちょっと
早回しに見えるシーンがありました、あとエンドクレジット
の曲がミスマッチ、イメージと曲調を考えるとスリップノット
とかラムシュタインとかその辺りのほうが合っているのでは?、
まあ日本オリジナルですがね・・・。

ここから観ても全然大丈夫な作りで、以前のシリーズを
観てきたファンへのサービスがある心遣いもアリ、上映
時間の2時間もあっという間のスピード感も心地よし、
そしてこんな禍々しい世界を描きつつも砂漠の風景や夜景
など“綺麗”な映像があるのも見逃せません、2015年8月末
時点でもう既に終了してしまっている映画館が多い中、
少ないながらまだ上映しているところもありますので、是非
大きなスクリーンで観ていただきたい一本、ぜい肉を削ぎ
落とした血沸き肉踊る豪快な肉食アクション映画で最高でした。

P.S.後日今度は2D字幕版を観に行ってきました、
感想はこちら→『マッドマックス 怒りのデス・ロード (2D字幕版)』

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 17:30| Comment(2) | TrackBack(19) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

メイズ・ランナー 【劇場で鑑賞】

アメリカのベストセラー小説を基に、若者たちが謎の
巨大迷路から脱出を試みるサスペンス映画で、
シリーズ第1弾となる『メイズ・ランナー』が
公開されましたので観に行ってきました。

メイズ・ランナー 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]



メイズ・ランナー

原題:THE MAZE RUNNER

製作:2014アメリカ

作品紹介
アメリカのベストセラー小説を基に、謎の巨大迷路に
放り込まれた若者たちが決死の脱出劇に挑むサスペンス
大作の第1弾。さまざまな死のトラップが仕掛けられ、
どんどん変化していく巨大な迷路(メイズ)を、知力・
体力を駆使して駆け抜ける若者たちの運命、そして迷路
に隠された秘密が描かれる。キャストには、
『インターンシップ』のディラン・オブライエン、
『17歳のエンディングノート』などのカヤ・スコデラーリオ
らがそろう。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

高い壁に囲まれ、脱出するには外側にある毎晩構造が変化
する巨大迷路を攻略しなければならない謎のエリア、
そこには毎月記憶を失った一人の少年が送り込まれてくる、
ある日やってきた新入り(ディラン・オブライエン)が
勇敢とも無謀とも取れる行動をとってしまい・・・。

主人公がいきなり特殊な状況に放り込まれてしまう
という設定、やっぱりそのようなものには引きがあり、
こちらも御多分に洩れず、まっさらな状態からイベント
を挟みつつ徐々にその謎に迫っていく展開で観客を
惹きつけます。

ミソだったのは既にコミュニティが出来上がっている
ところに新入りが来るという形だったこと、一から
組み上げるというドラマかと思っていたので、勢力
争いというか内部抗争もありという方向性だったのが
意外でした。

キャストは若者中心のストーリーなのでフレッシュな面々
が揃います、ディラン・オブライエンやカヤ・スコデラーリオ
などこれからという方々、中でも『リトル・ランボーズ』
でデビューした子役出身のウィル・ポールター君が注目株、
少し前に公開されたコメディ映画『なんちゃって家族』
では顔芸を決めまくっていましたが、今回はシリアスな
役柄に挑戦、それでもやはり印象に残る顔立ちで、存分に
物語をかき回してくれました。

ちょっとなと思ったのはそれなりに入っていたアクション
シークエンスの中に暗くて見づらい部分があったのと、
迷路のギミックがかなりシンプルなところ、特に迷路は
色々なトラップがガシガシあるのかと思っていたので、
拍子抜けとは言わないものの、思っていたのとは違った
感じ。

しかし人間ドラマ、サスペンス、アクションと一通り
入っていて飽きさせない作りでしたし、過激な描写は
抑えられていますが結構情け容赦なし、メインターゲット
が『ハンガー・ゲーム』や『ダイバージェント』を好む
若者層を中心に据えている感じながら、ハードな面も
あり、また入りやすさも併せ持つ映画でそつなく楽しめた
一本でした。

メイズ・ランナー [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション SF
posted by かとちゃん00 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(12) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする