2015年08月14日

誘拐の掟 【劇場で鑑賞】

ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化した
主演をリーアム・ニーソンが務めるサスペンス映画
『誘拐の掟』が公開。

『96時間 レクイエム』『ラン・オールナイト』
に続きニーアム・ニーソン主演作今年3本目の劇場
公開、他2作品と比べて公開規模の小さかかった
こちら、近くのシネコンでやっていたのですべりこみ
で観に行ってきました。

誘拐の掟 [Blu-ray]



誘拐の掟

原題:A WALK AMONG THE TOMBSTONES

製作:2014アメリカ

作品紹介
『96時間』シリーズなどでアクション俳優としての地位を確立
した名優リーアム・ニーソンが主演を務め、ローレンス・
ブロックの傑作ミステリーを映画化したサスペンス。引退した
敏腕刑事が、猟奇殺人犯と激しい頭脳戦を繰り広げる姿を
活写する。『ザ・ゲスト』などのダン・スティーヴンスや、
ラッパーのアストロことブライアン・ブラッドリーらが共演。
邪悪な猟奇殺人鬼に挑む主人公のパワーに圧倒される。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

1999年ニューヨーク、元刑事のマット(リーアム・ニーソン)
のもとに妻を誘拐された夫ケニー(ダン・スティーヴンス)
から捜査の依頼が舞い込む、その事件は表に出せない事情
があり・・・。

今度のリーアム御大はある事件をきっかけに刑事を辞め、
酒も断った心に傷を持つ元刑事を演じ、アクションが
ほとんどない激シブなハードボイドを見せます。

ハードボイルドといえば先日観た『ラン・オールナイト』
でマフィアを題材に扱っていましたが、こちらは誘拐事件、
しかも猟奇的な殺人事件で、直接的な描写は避けている
ものの、内容は結構エグめ。

コツコツと捜査を進める地味な立ち上がりから徐々に
エンジンがかかっていき、終盤ではリーアムらしさが
光る緊迫したシーンもあり、特に犯人の何をしでかすか
わからない不気味なところが良かったです。

共演は『ザ・ゲスト』『ナイトミュージアム エジプト王の秘密』
が記憶に新しいイケメン俳優ダン・スティーヴンス、その
2作はアクの強い役でしたのでこちらの普通の青年役はまた
違う雰囲気を醸し出していて演技の幅を見せます、ダンの兄役
にはボイド・ホルブルック、聞いたことのある名前だと帰って
調べてたら・・・、え!?『ラン・オールナイト』のエド・
ハリスの息子役?、全然気づきませんでした、こちらでは
ヘロヘロの役を演じていて彼も役者としてのしっかりとした
実力を披露、他には子役のブライアン“アストロ”ブラッドリー
がダークな物語の中で一服の清涼剤となる重要な役に登板
しています。

近年アクションスターとして活躍するリーアム御大の本来の姿
はこちらのような路線のイメージかなと、アクションは最小限
でしたが、彼のいぶし銀の魅力は出ていましたし、息詰まる
サスペンスも見られた映画で楽しめました、あと予告編で
チラッと流れるサウンドガーデンのカバーでSwann Feat.
Nouelaというアーティストが歌う「Black Hole Sun」も
素晴らしかったです。

誘拐の掟 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:サスペンス
posted by かとちゃん00 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画:や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

夜明けのゾンビ 【DVDで鑑賞】

久しぶりのゾンビ映画鑑賞、3本目は
「夜明けのゾンビ」です。

夜明けのゾンビ [DVD]


夜明けのゾンビ
原題:EXIT HUMANITY
製作:2011アメリカ

作品紹介
『パラノーマル・ヴィレッジ』のジョン・ゲデス監督が
放つゾンビホラーの怪作。アメリカを二分した南北戦争期
に世界中でゾンビが大量発生。家族を失ったエドワードが
放浪の先で見たものはゾンビよりも凶暴な、生き残った
人間たちの姿だった。
(from 「キネマ旬報社」データベース)

鑑賞形態:DVD(字幕版)
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

ホラーのジャンルに入れましたが、内容は
ゾンビが出てくるアメリカの時代劇で一人の
男の伝記といった具合、ナレーションで独白
が入ったりイメージシーンなどを使うなどして
主人公の心の動きを観客に提示、それがこの
作品の中心と言っていいと思います。

一部アニメを使ったり、綺麗な風景の画、
画面の構図など映像は作りこまれています、
しかしどうしても低予算というところは見て
取れるのが惜しく、もっと予算があったらなあと
思うところが。

出てくるゾンビのメイクはちゃんとしていて
悪く無かったです、ゾンビ自体は話の要素の一つ、
脇役的な扱いですが、軽んじられてはいなく
しっかり物語に組み込まれています。

独自の雰囲気があり前半は興味深く観られていた
ものの、後半から徐々にスローダウン、話に
抑揚が足りないのか静かめな部分が多いからか、
かなり上映時間が長く感じられました、2時間半以上
あるかなと思ったら113分と2時間以内に収まって
いたのが信じられず(笑。

好みは分かれそうですが、作者の意欲が伝わって
くるゾンビ映画でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ホラー ゾンビ
posted by かとちゃん00 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

欲望のバージニア 【劇場で鑑賞】

豪華キャストが共演した映画「欲望のバージニア」
が公開されたので観に行ってきました。

欲望のバージニア Blu-ray


欲望のバージニア
原題:LAWLESS
製作:2012アメリカ

作品紹介
禁酒法時代のアメリカを舞台に、密造酒の業界において
その名をとどろかせた実在の無法者3兄弟の生きざまを
描いた犯罪ドラマ。『ザ・ロード』のジョン・ヒルコート
監督がメガホンを取り、ミュージシャンのニック・ケイヴ
が脚本と音楽を手掛けた。出演にはシャイア・ラブーフ、
トム・ハーディ、ガイ・ピアース、ミア・ワシコウスカ、
ジェシカ・チャステイン、ゲイリー・オールドマンら
豪華キャストが勢ぞろいする。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

密造酒作りを生業にする3兄弟の半生を描く
ドラマ、実話を基にしており、禁酒法時代の
都会ではなく田舎が舞台というのが一味違う
ところでしょうか。

派手ではなくじっくり観るタイプの作品、
少ないながら入っているアクションシークエンス
に特筆すべきところがなかったり、クライマックス
が微妙なので、自分としては少々勧めにくく・・・。

しかしキャストは粒揃い、こんな田舎なのにほぼ
無法地帯ってどんな情勢?、といった部分に興味
を引かれました。

この時代に興味がある方には楽しめる映画だと
思います、そういえば音楽はまだしも脚本が
ミュージシャンのニック・ケイブというのが驚き。

欲望のバージニア [DVD]


以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 映画ブログへ  続きを読む
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする