2015年02月25日

REC レック4 ワールドエンド 【劇場で鑑賞】

一部ハリウッドリメイクもされたスペイン発人気ホラー
シリーズ『REC/レック』の第4弾である『REC レック4
ワールドエンド』が公開されましたので観に行って
きました。

自分はレックシリーズは1と2は自宅で、3は映画館で鑑賞
済み、こちらで2度目の劇場鑑賞となりました。

REC/レック4 ワールドエンド [Blu-ray]



REC レック4 ワールドエンド

原題:[REC]4:APOCALIPSIS

製作:2014スペイン

作品紹介
世界中を震え上がらせたスペイン発人気パニックホラー
『REC/レック』シリーズ第4弾。最終章となる本作では
大海原に浮かぶ巨大貨物船を舞台に、逃げ場のない場所
でのウイルス感染発生の危機が描かれる。これまで共同監督
などで本シリーズに参加してきたジャウマ・バラゲロが
単独でメガホンを取り、『REC/レック』の看板女優
マヌエラ・ベラスコが勇敢なヒロインを熱演。迷路のように
入り組んだ船内で展開する最終決戦に息をのむ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

スペイン・バルセロナのアパートで発生した謎のウイルス事件
に関わったテレビリポーターのアンヘラ(マヌエラ・ベラスコ)
は、悪夢のような現場から救出された後、意識を取り戻すと
手を拘束された状態で多数の医師に囲まれていた・・・。

主観映像のPOVで知られるこちらのシリーズですが4作目
にして完全廃止、一部監視カメラの映像を使っている
ものの普通の映画となりました、閉鎖空間を舞台にする
というのは共通ですね。

ストーリーはレック2の後となっており女性テレビレポーター
のアンヘラ役にマヌエラ・ベラスコが続投、3はかする程度
ですが一応関係はあり、前から続いている設定があります
ので1から観ていたほうが楽しめると思います。

2で大胆に導入されたオカルト要素はグンと減退、普通
のゾンビ映画8割に+α2割くらいでしょうか、サスペンス
要素が加わっておりそちらは良かったです、しかしPOV
でなくなったのにゾンビ関係は見辛い感じ、走るゾンビ
で迫力を出したいのか以前と似たノリの映像で、ゴア
シーンもそこそこのレベルでとどまっていました。

根幹に関わる謎が賛否が分かれそうだったり、シリーズ
の締めにしてはコンパクトかなと思いつつも普通のゾンビ
ものとしてまずまず楽しめた一本、音響設計がしっかり
していたので映画館で観て良かったかなと、しかし4作
観ましたが自分としては1がピークでした。

REC/レック4 ワールドエンド [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  


ラベル:ホラー ゾンビ
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画:ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

ランナーランナー 【劇場で鑑賞】

近年では主演作も製作され俳優としても活躍している
ジャスティン・ティンバーレイクが主演、 共演は
『ゴーン・ガール』など注目作が続くベン・アフレック、
監督は『リンカーン弁護士』などのブラッド・ファーマン
が務めるサスペンス映画『ランナーランナー』が公開
されましたので観に行ってきました。

ランナーランナー [Blu-ray]



ランナーランナー

原題:RUNNER RUNNER

製作:2013アメリカ

作品紹介
オンラインカジノで大損したのをきっかけにカジノ王に
操られ、FBIからも追われてしまう青年の逆転劇を描く
クライムサスペンス。製作にはレオナルド・ディカプリオ
が名を連ね、『リンカーン弁護士』などのブラッド・
ファーマン監督が緊迫感あふれるドラマに仕上げた。
主演は『ソーシャル・ネットワーク』などのジャスティン
・ティンバーレイク、彼を翻弄(ほんろう)するカジノ王
にはすご腕ポーカープレイヤーでもあるベン・アフレック
がふんし、堂々とした悪役ぶりを披露する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★
おすすめ度:★★

どうしても学費が欲しいプリンストン大学の学生
リッチー(ジャスティン・ティンバーレイク)は
オンラインカジノのポーカーに全財産を注ぎ込み
勝負するが大負けしてしまう、何かおかしいと
気づいたリッチーは勝率を調査しイカサマの
証拠を掴む、それを手にして胴元のオーナー
である大物のアイヴァン(ベン・アフレック)に
直談判するが・・・。

オンラインカジノを取り上げた作品ということ
で面白そうだなと観に行ったら、それ自体を使って
物語を盛り上げることはありませんでした、ゼロ
とは言わないもののただの設定の一部といった感じ。

ギャンブルで対決だ!という流れに行かずに、主人公
が様々な勢力の板挟みになり、そこからどうやって
切り抜けるかという方向性、でもこれまた盛り
上がらず・・・、どうも主人公に危機が迫っている
ということを感じにくく、どの勢力も中途半端、
おまけに各キャラが薄く魅力に乏しいのも追い打ち、
ジェマの役なんかびっくりするほど存在感がありません
でしたし。

ジャスティン主演の映画では『TIME タイム』に続き
大外れ、特に嫌いな役者さんというわけではないの
ですがね、ブラッド・ファーマン監督も前作
『リンカーン弁護士』は良かったのに・・・、
残念ながら自分としてはあまりお薦め出来ない映画
でした。

ランナーランナー [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:サスペンス
posted by かとちゃん00 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画:ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

LUCY ルーシー 【劇場で鑑賞】

『レオン』や『フィフス・エレメント』
などで知られるフランスのリュック・ベッソン
監督最新作で主演は『アベンジャーズ』などに
出演している人気女優スカーレット・ヨハンソン
が務めるSFアクション映画『LUCY ルーシー』
が公開されましたので観に行ってきました。

LUCY/ルーシー [Blu-ray]



LUCY ルーシー

原題:LUCY

製作:2014フランス

作品紹介
『レオン』や『ニキータ』などクールなヒロイン像を
打ち出してきたリュック・ベッソン監督と、
スカーレット・ヨハンソンが初めて組んだアクション
スリラー。体内に埋め込まれた特殊な薬が漏れたことで
脳機能が驚異的に覚醒し、人間離れした能力を発揮し
始めるヒロインの暴走を描く。通常は10パーセント程度
しか機能していない脳が、100パーセントへ向かって
覚醒していくヒロインを見守る脳科学者役に、オスカー
俳優モーガン・フリーマンがふんする。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

スカーレット・ヨハンソン演じる主人公ルーシー
はある事件に巻き込まれ、特殊な薬によって通常は
10パーセント程度しか使われていない脳が覚醒し、
常人離れした能力を発揮、さらにそのパーセンテージ
は上がってゆき・・・。

脳が覚醒して常人離れした能力を使えるようになると
いう題材の映画は2011年作でブラッドリー・クーパー
主演の『リミットレス』がありました、そちらは割と
ありそうな感じの能力描写でしたが、このルーシーは
それよりももっと大胆、はっきりいってありえね〜と
つっこんでしまうもので、この辺でついていけるか
否かが分かれそうです。

さらに物語が進んでいくにしたがい彼女の行動は常人
には理解できないような部分も多々、この辺は未知の
領域に入ってしまった人間という設定でのフォローが
必要か。

そのようなツッコミどころはありますが、斜め上を行く
超・能力ですので、ご丁寧にパーセンテージを表示して
くれる脳の覚醒率がドンドンアップしていくにしたがい
どのように進化するかが興味深く見られました。

間に挟み込まれる『ツリー・オブ・ライフ』』を思わせる
イメージ映像や、超・能力を視覚的に見せる特殊効果など
映像的にも面白く、ベッソン監督お得意のキレのある
アクションももちろん入っており娯楽度を上げています、
ただスカーレットの当たり役『ブラック・ウィドウ』の
ような格闘戦ではなく違った方向性なのと、後半SF度が
上がって純アクションといった雰囲気ではなくなる点が
注意。

プロデュース業を含めB級アクション映画が板についてきた
ベッソン監督が送り出したトンデモ映画、なかなかの
弾けっぷりで自分は楽しめました。

LUCY/ルーシー [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション SF
posted by かとちゃん00 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(17) | 映画:ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする