2017年11月10日

ワンダーウーマン 【劇場で鑑賞】

DCコミックスのヒーローが集結する映画
『ジャスティス・リーグ』の公開が2017年11月下旬
に迫った10月のこと、その映画にも登場するスーパー
ヒロイン『ワンダーウーマン』がまだ上映されて
いたので、見逃すまいと観に行ってきました。

ワンダーウーマン 3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/2枚組/ブックレット付) [Blu-ray]



ワンダーウーマン

原題:WONDER WOMAN

製作:2017アメリカ

作品紹介
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも
登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマン
を主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性
を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。
ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・スピード』
シリーズなどのガル・ガドット。『スター・トレック』
シリーズなどのクリス・パインらが共演し、監督は
『モンスター』などのパティ・ジェンキンスが務める。
イスラエルでの兵役経験もあるガルの本格的なアクション
に期待。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

人間社会から隔絶した島に女性のみで暮らす一族、
そのプリンセスとして生まれたダイアナ(ガル・ガドット)は、
美しく、そして強く成長した、そんなある日、彼女は浜辺
に飛行機が不時着するのを発見、そこには今まで見たことの
なかった男性の姿があり・・・。

DCコミックス産の老舗ヒロインのワンダー・ウーマンですが、
バットマンやスーパーマンに比べて実写化が少なく、自分は
70年代のテレビシリーズをかすかに覚えているくらいの
認知度、ですのでほぼ全く知らない状態での鑑賞なので、
こういう背景があったのかと非常に新鮮、その内容は
マーベルに当てはめるとあの作品とあの作品を足して
2で割ったような感じもありますが、作りはこちらも負けず
にしっかりしていました。

設定がワンダーウーマンが世間の事を知らずに育った
というものなので、カルチャーギャップコメディに振る
ことも出来るところ、そこはアクセント程度にとどめ、
シリアスに決めます、戦時中という時代背景もあり、
悲惨な現実に向かう彼女の姿も見所で、エンタメ作品
の中で戦争の愚かしさを描いているのも志を感じます。

そしてなんといってもワンダーウーマンが格好良い!、
演ずるは『バットマン vs スーパーマン』で颯爽たる
デビューを飾ったガル・ガドット、彼女の凛とした
佇まいと最新のVFX、ザック・スナイダー直系のスロー
モーション&キレキレのハイレベルなアクションシーン
が相まって、現代に素晴らしいワンダーウーマンを
生み出してくれています。

共演のクリス・パインも色男で◎なスーパーヒロイン
爆誕作、今後の『ジャスティス・リーグ』での活躍
にも期待です。

ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | 映画:わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

わたしに会うまでの1600キロ 【劇場で鑑賞】

『ダラス・バイヤーズクラブ』などのジャン=マルク
・ヴァレ監督の新作で主演のリース・ウィザースプーン
と助演のローラ・ダーンがアカデミー賞にノミネート
されたヒューマンドラマ『わたしに会うまでの1600キロ』
が公開されましたので観に行ってきました。

前回観た『カリフォルニア・ダウン』に続きカリフォルニア
が出てくるこちら、今度は市街地ではなく自然歩道で、
カリフォルニア州のモハベ砂漠からスタートということです。

わたしに会うまでの1600キロ [Blu-ray]



わたしに会うまでの1600キロ

原題:WILD

製作:2014アメリカ

作品紹介
『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』などのリース
・ウィザースプーンが、1,600キロの距離を3か月かけて
1人で歩き通した女性を演じたヒューマンドラマ。
第二の人生を歩むために、自然歩道のパシフィック・
クレイスト・トレイルに挑んだ実在の女性、シェリル
・ストレイドのベストセラーを基に、『ダラス・バイヤーズ
クラブ』などのジャン=マルク・ヴァレが映画化。
『ランブリング・ローズ』などのローラ・ダーンが共演する。
美しく壮大な情景、過酷な旅と共につづられるヒロインの
人生を体現したリースの演技に圧倒される。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

母(ローラ・ダーン)を亡くし、結婚生活が崩壊してしまった
シェリル(リース・ウィザースプーン)はアメリカ西海岸を
南北に縦走する長距離自然歩道「パシフィック・クレスト・
トレイル」を旅することを決意、しかしいざ旅に出ると厳しい
自然に苦しみ・・・。

アメリカの三大長距離自然歩道のひとつである「パシフィック
・クレスト・トレイル」通称PCTを徒歩で旅する女性を描いた
ロード・ムービー、シェリル(リース・ウィザースプーン)が
旅するところを追うパートをメインに、ところどころ彼女の
過去がフラッシュバックで挿入され、徐々に人物像が明らか
になります。

その内容は邦題から想像するよりシリアスといいますか、結構
荒んでしまっていました、もう一つの思い出であるのは亡き
母親との日々、ローラ・ダーン演じる彼女が明るい方で、
その暖かさがシェリルと観客の双方に降り注ぎます。

シェリルが旅するのは総延長は4000キロメートル以上の自然
歩道。その内1600kmもの道のりにチャレンジするわけですが、
全くの初心者というのが驚き、見るからに無茶だろ・・・
という装備で挑もうとするのでヒヤヒヤ、距離としては日本
を縦断するくらいで、しかも徒歩ですからね、想像もつき
ません、そんな状態の彼女が旅が進むにつれ体が消耗し、
様々な失敗を重ねるのがリアル。

旅自体は割と淡々と進みます、これは実話ベースからかも
しれませんけど、大きな抑揚はそれほどという感じですので
ドラマティックなものを求める方には不向きかなと、しかし
雄大な自然の中を歩く彼女とフラッシュバックで明かされて
いく過去が両立したドラマの進行具合は間延びしておらず、
旅の中での出会いも微妙に捻りが加えられていて○。

物語を彩る音楽も良かったです、有名な「コンドルは
飛んでいく」の旋律も印象的、他には劇中の年代に沿った
90年代の楽曲を使用し、ポーティスヘッドの使い方で撃沈。

ものすごい感動したとか、号泣したとかはなかったにせよ、
一歩前に踏み出そうという気にさせてくれるものはあり、
じわりじわりと心に染みる映画で良かったです。

なお原作者のシェリル・ストレイドもチョイ役で出演
しています。

わたしに会うまでの1600キロ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画:わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

ワイルド・スピード SKY MISSION 【劇場で鑑賞】

大ヒットカーアクションシリーズの最新作でこれが
7作めとなる『ワイルド・スピード SKY MISSION』が
公開されましたので観に行ってきました。

こちらは一応3D作品のようですが、都内で上映して
いる劇場をチェックしてみるとアイマックス以外は
全て2Dとなっていました、ですので3Dバージョンを
観にアイマックスデジタルシアターまで遠征、いざ
観てみると確かにスカイミッションの“スカイ”の
部分に効果はあったものの、それ以外は特に3Dで
観る意味はあまりない感じ、しかし映画としては
面白かったので、翌週改めて2Dヴァージョンも
鑑賞、計2回観に行くことになりました。

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



ワイルド・スピード SKY MISSION

原題:FURIOUS 7

製作:2015アメリカ

作品紹介
高級車や名車が続々と登場し、迫力満点のカーアクションが
繰り広げられるヒットシリーズの第7弾。ヴィン・ディーゼル
演じるドミニクら、すご腕ドライバーにしてアウトローの
面々が、東京、アブダビ、ロサンゼルスといった世界各地
を舞台に壮大な戦いに挑む。メガホンを取るのは、
『ソウ』シリーズなどに携ってきたジェームズ・ワン。
オリジナルメンバーに加え、ジェイソン・ステイサム、
カート・ラッセル、トニー・ジャーがシリーズに参戦する。
スリリングな展開はもちろん、故ポール・ウォーカーの
勇姿も必見。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(1回目3D字幕版)IMAX(スコープ)
映画館(2回目2D字幕版)スコープ

満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)を取り戻したドミニク
(ヴィン・ディーゼル)はロサンゼルスへと帰郷、相棒の
ブライアン(ポール・ウォーカー)や妹のミア(ジョーダナ・
ブリュースター)らと平穏な毎日を過ごしていた。しかし
以前壊滅させた犯罪組織のボスでその身が重体になって
いるオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)の兄
である特殊部隊出身のデッカード(ジェイソン・ステイサム)
の復讐の魔の手が彼らに迫っていた・・・。

人気カーアクションシリーズの最新作がこちら、回を重ねる
ごとにパワーアップしている稀有なシリーズです、自分は
初期は正直そこまでそそられるものはなく、スルーして
いましたが、試しに観てみた『ワイルド・スピード MEGA MAX』
が大当たり、続く『ワイルド・スピード EURO MISSION』
楽しめ、今度も劇場で鑑賞することに。

好調なこのシリーズも今作の撮影中に主演の一人である
ポール・ウォーカー氏が事故で亡くなってしまうという
大きなアクシデントに見舞われました、それを乗り越えて
遂に完成、そして公開、ポールの最後の勇姿がしっかり
見られ、その違和感のない作りは彼の死が信じられない
ほど。

監督を務めたのは『インシディアス』『死霊館』など
のホラー映画で有名なジェームズ・ワン、コテコテの
演出からグリンと回る一味違うカメラワークを見せるなど
多彩な画作り、いつもとは真逆の“陽”の雰囲気も問題なく
構築、小気味よいテンポ&決まりまくるアクションと職人
としての腕の確かさを披露しています。

売りであるアクションのほうもこれまたてんこ盛り、様々
な車種を使った破天荒なカーアクションを中心に銃撃戦、
格闘戦と総合的なアクション作なのは変わらず、今回は
特に格闘戦がパワーアップされているのが個人的に嬉しく、
珍しく悪役のジェイソン・ステイサムをはじめ動ける人を
揃えてくれています、タイからは『マッハ!無限大』など
で知られるスーパーアクションスター、トニー・ジャーが
参戦、朴訥な雰囲気から一変して悪党フェイスになって
いるので一瞬気づかず、しかしムエタイの動きをちゃんと
してくれているのですぐに分かりました、他には現役女子
総合格闘家で『エクスペンダブルズ3』にも出演していた
ロンダ・ラウジーもゲスト出演、各々得意のムーヴを見せる
なか、ロック様ことドウェイン・ジョンソンのあの技が
ついにスクリーンで炸裂!、見たい対戦カードも入れて
くれていてサービス満点でした。

そしてエンディングは実際の出来事と重ね合わせるもので
素晴らしくまた切ない、自分としてはこれでシリーズが
終わっても十分だと思えましたが、彼らとファンが共に
前に進んでいくのも一つの道でしょうね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(17) | 映画:わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする