2017年01月14日

バイオハザード ザ・ファイナル 【劇場で鑑賞】

カプコンのゲームを基にした人気ホラーアクション
シリーズの最新作、『バイオハザード:ザ・ファイナル』
が公開されましたので観に行ってきました。

今までのシリーズは全部観ており、
『バイオハザードW アフターライフ』
『バイオハザードV:リトリビューション』は
劇場にて、今回は近場の大きいスクリーンで
上映していた2D字幕版を鑑賞、こちらが2016年
最後に観た映画となりました。

バイオハザード ザ・ファイナル.jpg

バイオハザード:ザ・ファイナル

原題:RESIDENT EVIL:THE FINAL CHAPTER

製作:2016アメリカ

作品紹介
ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスにふんし、
激しいサバイバルを繰り広げる超大作アクションシリーズ
の第6作にして最終章。人類最後の生存者となったアリスと、
宿敵アンブレラ社が仕掛けるアンデッドとの最後のバトル
を活写する。メガホンを取るのは、シリーズ全作に
携ってきたポール・W・S・アンダーソン。
アリ・ラーターや、日本でモデルやタレントとして活躍中
のローラが共演。ミラの見応えたっぷりのアクションは
もちろん、壮大なバトルに期待。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、アンブレラ社の
人工知能「レッドクイーン」から48時間後に人類が
滅びると告げられる、唯一阻止する方法を教えられた
アリスは、膨大な数のアンデッドが地上を占領するなか、
ラクーンシティに向かうが・・・。

息の長いシリーズとなった映画版バイオハザードも
遂に完結、っていきなり前作の事ぶん投げて半分
リセット!?、でも設定等ちゃんと続いている模様。

ストーリーはシンプルというかミニマルというか、
その分アクションの比率が高くなっています、懐かしの
第1作に関する部分が登場しますので、事前に観ていた
ほうが楽しめます、これまでに出てきたキャラも再登場
しますし、しかし一部のキャラの扱いがぞんざいなところ
もあるのがなんとも。

アクションの比率が高まったのはまあ喜ばしいとして、
画面が暗い&カット割りが多いシークエンスが結構
あって見辛かったのがマイナスポイント、3D効果が
ありそうなところと“どこか”で観たようなキレがある
シーン、たまに出てくる印象的なガジェット(だけど
見せ場は控えめ)などは良かったですがね、

色々と大味だったシリーズ最終作、ひとまず決着をつけて
くれて安心しました、それにしても1作目とこれを観る
だけで途中すっとばしても大丈夫っぽいのは気のせい
でしょうか?(笑。

自分は2Dで観ましたが、3Dや4DXなどで観たほうが満足度
は上がりそうです、なおローラちゃんの出番は少なく、
セリフが一言二言あるのみですので注意、スクリーン映え
する美人さんでしたのでもうちょっと観たかったですね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新年のご挨拶&2016ベスト

新年明けましておめでとうございます、
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

2017年元旦

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2016年の劇場での映画鑑賞本数は計61本、一応は50本を
超えたものの、最盛期の半分くらいに落ち込んでしまいました、
下半期は週1本観るか観ないかというペース、このブログも
記事を書こうと思ったら記憶が遠のいてしまい結局放置という
体たらく、また書くかもしれませんので残してはおきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

せっかくですので2016年のベストも選出してみたいと思います、
ちなみに観た全61本中邦画はアニメの『コードギアス』のみで
実写は無し、他は全て洋画となっております。

1位.『スポットライト 世紀のスクープ』

2位.『レヴェナント 蘇えりし者』

3位.『オデッセイ』

4位.『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』

5位.『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』

以下の5本が注目作

『イット・フォローズ』
『スター・トレック BEYOND』
『デッドプール』
『ボーダーライン』
『ロブスター』

1位はストーリーに釘付けだった衝撃作。

2位は演技、ストーリー、そして映像と
ずっしりと見ごたえがあった一本。

3位は知恵を使って生き残れ!、よく出来た
SFサスペンス作。

4位は年末に投下されたスター・ウォーズ外伝作
で燃える一本!。

5位は安心安定のマーベルヒーロー作、毎年ランクイン
するのも考えてみればすごいことです。

10本選ぶとしたら印象に残った5本を追加、
アイデア勝負のホラー作『イット・フォローズ』、
面白かったのに扱いが小さかったのが残念だった
『スター・トレック BEYOND』、手堅い作りで
見事リベンジを果たした『デッドプール』、
実話かと思った強烈な一本『ボーダーライン』、
へんてこな世界観で好き嫌いがはっきりわかれ
そうな『ロブスター』。

最後に2016年のアイコンは『スーサイド・スクワッド』
のハーレイ・クインちゃんで決まりでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 20:30| Comment(4) | TrackBack(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

ザ・ブリザード 【劇場で鑑賞】

こちらは3月に観た映画です、実際に起きた海難事故
を基にした映画で主演は『スター・トレック』シリーズ
などのクリス・パインが務める『ザ・ブリザード』が
公開されましたので観に行ってきました。

こちらは3D映画でしたので、3D字幕版を鑑賞しました。

ザ・ブリザード 3Dスーパー・セット(2枚組/デジタルコピー付き) [Blu-ray]



ザ・ブリザード ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]



ザ・ブリザード

原題:THE FINEST HOURS

製作:2016アメリカ

作品紹介
アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされた海難事故、
SSペンドルトン号の救出劇を映画化。冬の寒さが厳しい
北大西洋上で悪天候により遭難した巨大タンカーに残された
生存者32人の救助に、4人の沿岸警備隊が定員12人の
小型木製救助艇で挑む。監督は、『ラースと、その彼女』
などのクレイグ・ギレスピー。主演を『スター・トレック』
シリーズなどのクリス・パインが務めるほか、『トロイ』
などのエリック・バナ、『ジェシー・ジェームズの暗殺』
などのケイシー・アフレックらが共演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(3D字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

真冬の大西洋でブリザードに襲われた巨大タンカーが大破し、
船内に32人の乗組員が取り残されてしまう。生存者の救出に
沿岸警備隊のバーニー(クリス・パイン)率いる救出チーム
が木製小型救助艇で向かおうと計画するが、難所を通り抜け
ないと辿り着けず・・・。

タンカーの救助に向かわんとする沿岸警備隊のバーニー
(クリス・パイン)率いるチーム、しかし使っている救助艇
がこれまた小型、スペックの詳細は分かりませんが、
これで荒れ狂う海の難所を抜けられるのか?という見た目、
特に前方に位置する見張り台的な部分には絶対乗りたくない
仕様です。

サブで沿岸警備隊の司令室や家族の地上方面も描写、
ウーマンリブよろしくグイグイ前に出てくるバーニーの
婚約者は女傑と見るか、邪魔と見るか評価が分かれるかも。

一方救助されるタンカーの乗組員のドラマもしっかりあり、
切迫した状況を伝えてくれます、「海の男」といった野郎
どもの中でレイ役のケイシー・アフレックが好演。

監督はクレイグ・ギレスピー、『フライトナイト 恐怖の夜』
は個人的にイマイチでしたが、こちらは楽しめました、
VFXは『アメリカン・スナイパー』『エクソダス:神と王』
などを手がけたイギリスの大手「MPC」が担当し迫力の映像
を披露。

これが実話というのが驚くまさに“スイサイド・ミッション”
といえる救助活動に赴く男たちの熱いストーリーと、クライ
マックスではこれどうなっているの?というシーンも見せて
くれた映画で面白かったです。

ザ・ブリザード [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(10) | 映画:さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする