2018年02月06日

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! 【劇場で鑑賞】

アメリカ軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」の
活躍を描く、実はヨーロッパ製作の映画
『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』
が公開されましたので観に行ってきました。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!.jpg

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

原題:RENEGADES

製作:2017フランス/ドイツ

作品紹介
ボスニア紛争末期のサラエボに派遣されたネイビーシールズが、
ナチスの金塊を奪取しようとする痛快アクション。リュック・
ベッソンが製作と脚本を手掛け、『イントゥ・ザ・ストーム』
などのスティーヴン・クエイルが監督を務める。リーダーを
『300 <スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜』などの
サリヴァン・ステイプルトン、彼の上官を『セッション』など
のJ・K・シモンズが演じるほか、『鑑定士と顔のない依頼人』
などのシルヴィア・フークスらが共演。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

1995年、紛争中のサラエボに送り込まれたマット(サリヴァン
・ステイプルトン)率いる5人のアメリカ海軍特殊部隊
“ネイビーシールズ”の面々は、知り合った地元の女性から
総額3億ドル相当のナチスの金塊が湖に沈んでいるという話を
聞きつける。それがあれば戦禍に苦しむ避難民を救うことが
できると懇願された彼らは、湖の底からの金塊を運び出す作戦
を立てようとするが、そこは敵陣のまっただなかで・・・。

すっかりB級アクション映画の帝王と化し、『ヴァレリアン』
の公開を控えるリュック・ベッソン率いるフランスの
「ヨーロッパコープ」社がドイツの「Studio Babelsberg」や
ベルギーの会社で『トランスポーター イグニション』にも
関わっていた「Belga Productions」などと組んでアメリカ
の特殊部隊の映画を作ったというこちら、舞台がヨーロッパ
というのも合点がいきます。

特殊部隊ものでもゴリゴリの戦争映画ではなく、
どちらかというと『特攻野郎Aチーム』的なノリ、
出ている役者さんはちょいと地味ですが、もろに
B級アクション映画的な雰囲気は悪く無し。

アクションシークエンスは陸海空とバラエティに富んで
おり、これがバランスよく配合されれば良かったのですが、

ピークが終盤では無い!、

どうしてこうなった!?、さすがにクライマックスにもう
一声欲しかったところ。

アクションのペース配分に難があったものの、その一つ
一つはしっかり作られていましたし、ストーリー的にも
そつなく楽しめたB級アクション映画でした。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

劇場版 マジンガーZ INFINITY 【劇場で鑑賞】

元祖スーパーロボット「マジンガーZ」の
劇場版新作『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』
が公開、スパロボ好きには外せないということで、
約2年ぶりに映画館までアニメを観に行ってきました。

マジンガーZ INFINITY.jpg

劇場版 マジンガーZ/INFINITY

製作:2018日本

作品紹介
絶大な人気を誇る永井豪作の「マジンガーZ」の新たな劇場
アニメ。宿敵Dr.ヘルを倒して科学者となった兜甲児が、
マジンガーZらと共に新たな脅威に立ち向かう。監督を
『プリキュア』『ONE PIECE ワンピース』シリーズなどの
志水淳児が務める。ボイスキャストを森久保祥太郎、
茅野愛衣らが担当。重厚感の増したマジンガーZの勇姿に注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館 ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

「鉄の城」の異名を持つスーパーロボット・マジンガーZ
を操って、世界征服を企む悪の科学者Dr.ヘルとの戦いに
勝利した兜甲児、それから10年の月日が経ち、世界は平和
を取り戻していた、科学者となった甲児は富士山の地中で
発見された巨大な構造物を調査するとともに未知の生命反応
にも遭遇、それを機に人類は新たな脅威にさらされ・・・。

突然発表された新作はなんとテレビ版の後日談!、
10年後なのでこの物語の前は甲児君がアメリカに行ってから
日本に戻ってあの人と共闘してる筈なのですが、一切
触れられていないのが悲しかったです、あれだって
マジンガーシリーズなのに・・・。

さらに肝心な部分のなんで敵が?というところと
クライマックスのある行動に至るまでの説明が無し
と大事な部分が抜け落ちており、小難しい科学的な
設定を盛り込んだわりには懐が甘いのでは?。

いきなりぼやいてしまいましたが、成長したキャラを見せ、
軽いギャグやお色気を盛り込み雰囲気的には悪く無し。

そしてマジンガーのアクションシーンは豪快で爽快!、
武器もいっぱい使ってくれましたし、機械獣もすっごい
レアなものまで登場と大盤振る舞い!。

リファインされたマジンガーのデザインも原型を損なわず
現代的に、重厚感もあって格好良かったです、キャラ
デザインや声優さんも問題なし。

良い点悪い点を考えてみると、音楽の使い方とかもアレで、
昭和っぽくするならLPレコードでマジンガーZ大全集が子供
の頃愛聴盤だった自分としては良い曲いっぱいあるのに
使わないのもったいないな〜とか、アニキの曲で締めたほうが
良かったのでは?など、やっぱり不満点のほうが勝ってしまう
かも、まずまず楽しめた映画でしたが。

それにしても驚いたのが水木一郎さん新録!、変わらぬ
素晴らしい歌声でした、アニキこそ魔神ですがな!。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アニメ
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

バーフバリ 王の凱旋 【劇場で鑑賞】

インドで記録的な大ヒットを飛ばしたという
アクション大作の続編『バーフバリ 王の凱旋』が
公開、先日自宅で第一作めの『バーフバリ 伝説誕生』
観たところ面白かったので、映画館まで観に行って
きました。

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]



バーフバリ 王の凱旋

原題:BAHUBALI 2:THE CONCLUSION

製作:2017インド

作品紹介
伝説の戦士バーフバリの壮大な物語を描いたアクション
『バーフバリ 伝説誕生』の完結編。インドの王国を舞台に、
祖父から孫の三代にわたる愛と裏切りと復讐(ふくしゅう)
を描く。前作同様プラバースが主人公を演じ、
ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、
タマンナー、ナーサルらも続投。監督・脚本の
S・S・ラージャマウリ、撮影のK・K・センティル・クマール、
音楽のM・M・キーラヴァーニらスタッフも再び集結した。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★★

伝説の英雄「バーフバリ」の息子だと知らされたシヴドゥは
今ではバラーラデーヴァの奴隷として仕える剣士カッタッパ
からある陰謀によって彼が王座を追われたという話を聞き・・・。

『バーフバリ 伝説誕生』の待望の続編、ついに先代バーフバリ
の謎が明かされる!、前作同様ド派手なアクションにロマンス
に歌にと盛りだくさん、さらに今度は宮廷のドロドロの愛憎劇
も加わりとんでもないボリュームに、それは観ていると良い
意味で、

この映画時間内に終わるのか?

と思ってしまうくらい。

突っ込みどころは結構あって、何でもうちょっととか、
それはないだろとか・・・、それでもグングン進んでいく
パワーはありました。

新たなキャラとしてはバーフバリとバラーラデーヴァ
に続いてまた髭面の「クマラ」が登場、彼は遠目から
見ても判別がつくので大丈夫でした、そして女性陣では
「デーヴァセーナ」が男性に負けじと存在感を見せ、
国母シヴァガミは色々と強烈。

アクションは『ロード・オブ・ザ・リング』か『300』
のような迫力のある戦闘シーンに香港映画のエッセンス
をまぶしたような独自のもの、中でもジェット・リー
が演じた人気キャラクター「フォン・サイヨ」ばりの
弓を使ったシーンは秀逸。

それとやっぱり画力が高い!、きらびやかな色彩や
絵になる構図など圧倒的、多少モロにCGのところも
気にならないくらいでした。

前作も劇場で観たかったと思いつつも、すぐに続きが
観られたのでプラマイゼロでしょうか、2本合わせて
並の映画の3〜4本分くらいの満足感が得られたシリーズ
で大変面白かったです。

バーフバリ2 王の凱旋 [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 17:00| Comment(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする