2017年01月19日

ダーティ・グランパ 【劇場で鑑賞】

名優ロバート・デ・ニーロと、若手人気男優
ザック・エフロンが共演したコメディ映画
『ダーティ・グランパ』が公開されましたので
観に行ってきました、こちらが今年観た最初の
映画となります。

ダーティ・グランパ [Blu-ray]



ダーティ・グランパ

原題:DIRTY GRANDPA

製作:2016アメリカ

作品紹介
名優ロバート・デ・ニーロと、『恋人まで1%』などの
ザック・エフロンの共演で放つ痛快バディムービー。
真面目過ぎる孫と奔放過ぎる祖父が旅に出て、行く先々
で大騒動を巻き起こす様子を生き生きと描写する。
メガホンを取るのは『ブルーノ』などサシャ・バロン
・コーエン作品に携わってきたダン・メイザー。
デ・ニーロの体当たりのギャグ、祖父と孫の珍道中
に笑いがこみ上げる。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

1週間後に挙式予定の弁護士ジェイソン(ザック・エフロン)は、
祖母の葬儀にて、一人残された祖父ディック(ロバート・デ
・ニーロ)と再会、運転免許を失効した祖父が思い出の場所
フロリダへと向かうため、強引にドライバーとして共に旅行
するはめになるが・・・。

おじいちゃんと孫の年の差コメディでこの面子ですので、
ビル・マーレイ主演『ヴィンセントが教えてくれたこと』
みたいな笑いあり涙ありみたいな感じかと思ったら・・・、
序盤でいきなり下ネタか〜〜い!、『ハングオーバー』
みたいなお下劣系だったとは。

“ダーティ”なおじいちゃんに振り回される堅物の孫
というドタバタバディーコメディ、『マイ・インターン』
でこの前紳士を演じたデニーロ御大が今度は真逆の
エロジジイに、さわやか系のザック君も脱がされる!、
というか下ネタ多いな〜。

共演はレノーア役にキュートなゾーイ・ドゥイッチ、
お母さんがなんと『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
に出ていた懐かしのリー・トンプソン!、言われてみると
なんとなく似てるかも、他に『ライフ・アフター・ベス』
などのコメディエンヌ、オーブリー・プラザが今度は全然
違うキャラを見せ、またまた印象に残りました。

これは完全にデニーロ御大とザック君の企画じゃない
事故作!、しかし作風に一本筋が通っており、すがすがしさ
を感じるほど、手堅く笑いをくれた映画で面白かったです、
ただネタがおバカ&お下劣なのでその辺は覚悟されたほうが
(特にザック君のファン)よろしいのではないでしょうか。

ダーティ・グランパ [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
タグ:コメディ
posted by かとちゃん00 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画:た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

バイオハザード ザ・ファイナル 【劇場で鑑賞】

カプコンのゲームを基にした人気ホラーアクション
シリーズの最新作、『バイオハザード:ザ・ファイナル』
が公開されましたので観に行ってきました。

今までのシリーズは全部観ており、
『バイオハザードW アフターライフ』
『バイオハザードV:リトリビューション』は
劇場にて、今回は近場の大きいスクリーンで
上映していた2D字幕版を鑑賞、こちらが2016年
最後に観た映画となりました。

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]



バイオハザード:ザ・ファイナル

原題:RESIDENT EVIL:THE FINAL CHAPTER

製作:2016アメリカ

作品紹介
ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスにふんし、
激しいサバイバルを繰り広げる超大作アクションシリーズ
の第6作にして最終章。人類最後の生存者となったアリスと、
宿敵アンブレラ社が仕掛けるアンデッドとの最後のバトル
を活写する。メガホンを取るのは、シリーズ全作に
携ってきたポール・W・S・アンダーソン。
アリ・ラーターや、日本でモデルやタレントとして活躍中
のローラが共演。ミラの見応えたっぷりのアクションは
もちろん、壮大なバトルに期待。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、アンブレラ社の
人工知能「レッドクイーン」から48時間後に人類が
滅びると告げられる、唯一阻止する方法を教えられた
アリスは、膨大な数のアンデッドが地上を占領するなか、
ラクーンシティに向かうが・・・。

息の長いシリーズとなった映画版バイオハザードも
遂に完結、っていきなり前作の事ぶん投げて半分
リセット!?、でも設定等ちゃんと続いている模様。

ストーリーはシンプルというかミニマルというか、
その分アクションの比率が高くなっています、懐かしの
第1作に関する部分が登場しますので、事前に観ていた
ほうが楽しめます、これまでに出てきたキャラも再登場
しますし、しかし一部のキャラの扱いがぞんざいなところ
もあるのがなんとも。

アクションの比率が高まったのはまあ喜ばしいとして、
画面が暗い&カット割りが多いシークエンスが結構
あって見辛かったのがマイナスポイント、3D効果が
ありそうなところと“どこか”で観たようなキレがある
シーン、たまに出てくる印象的なガジェット(だけど
見せ場は控えめ)などは良かったですがね、

色々と大味だったシリーズ最終作、ひとまず決着をつけて
くれて安心しました、それにしても1作目とこれを観る
だけで途中すっとばしても大丈夫っぽいのは気のせい
でしょうか?(笑。

自分は2Dで観ましたが、3Dや4DXなどで観たほうが満足度
は上がりそうです、なおローラちゃんの出番は少なく、
セリフが一言二言あるのみですので注意、スクリーン映え
する美人さんでしたのでもうちょっと観たかったですね。

バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(9) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新年のご挨拶&2016ベスト

新年明けましておめでとうございます、
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

2017年元旦

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2016年の劇場での映画鑑賞本数は計61本、一応は50本を
超えたものの、最盛期の半分くらいに落ち込んでしまいました、
下半期は週1本観るか観ないかというペース、このブログも
記事を書こうと思ったら記憶が遠のいてしまい結局放置という
体たらく、また書くかもしれませんので残してはおきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

せっかくですので2016年のベストも選出してみたいと思います、
ちなみに観た全61本中邦画はアニメの『コードギアス』のみで
実写は無し、他は全て洋画となっております。

1位.『スポットライト 世紀のスクープ』

2位.『レヴェナント 蘇えりし者』

3位.『オデッセイ』

4位.『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』

5位.『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』

以下の5本が注目作

『イット・フォローズ』
『スター・トレック BEYOND』
『デッドプール』
『ボーダーライン』
『ロブスター』

1位はストーリーに釘付けだった衝撃作。

2位は演技、ストーリー、そして映像と
ずっしりと見ごたえがあった一本。

3位は知恵を使って生き残れ!、よく出来た
SFサスペンス作。

4位は年末に投下されたスター・ウォーズ外伝作
で燃える一本!。

5位は安心安定のマーベルヒーロー作、毎年ランクイン
するのも考えてみればすごいことです。

10本選ぶとしたら印象に残った5本を追加、
アイデア勝負のホラー作『イット・フォローズ』、
面白かったのに扱いが小さかったのが残念だった
『スター・トレック BEYOND』、手堅い作りで
見事リベンジを果たした『デッドプール』、
実話かと思った強烈な一本『ボーダーライン』、
へんてこな世界観で好き嫌いがはっきりわかれ
そうな『ロブスター』。

最後に2016年のアイコンは『スーサイド・スクワッド』
のハーレイ・クインちゃんで決まりでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 20:30| Comment(4) | TrackBack(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする