2017年07月16日

レイルロード・タイガー 【劇場で鑑賞】

世界的アクションスターであるジャッキー・チェン
の新作で監督は『ポリス・ストーリー レジェンド』
ディン・シェンが務める『レイルロード・タイガー』
が公開されましたので観に行ってきました。

『ポリス・ストーリー レジェンド』以来3年ぶりに
ジャッキーの映画をスクリーンで観ることに、しかし
字幕版の上映回数が少なく、都合の良い時間帯
には吹替版のみ、ジャッキーは当然石丸博也さんが
当てており、他のキャストもちゃんとプロの声優さん
が吹きかえられていたので助かりました。

レイルロード・タイガー.jpg

レイルロード・タイガー

原題:鉄道飛虎 / RAILROAD TIGERS

製作:2016中国

作品紹介
『ポリス・ストーリー レジェンド』のディン・シェン
監督と、ジャッキー・チェンが再び組んだアクション。
ジャッキー演じる男のチーム「レイルロード・タイガース」
が橋の爆破というミッションに挑む姿を活写する。
K-POPグループEXOのメンバーだったファン・ズータオや
『私の少女時代-Our Times-』のワン・ダールーらが共演。
痛快アクションとコメディー要素満載の内容が見どころ。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★☆
おすすめ度:★★☆

1941年、中国の鉄道で働く荷受人のリーダー、
マー・ユエン(ジャッキー・チェン)とその仲間
たちは、日本軍の目を盗んで物資の略奪などを
行っていたが、負傷兵ダーグオー(ワン・ダールー)を
助けたことによって、でかい仕事に当たることになり・・・。

今度のジャッキーは珍しいコメディタッチの戦争もの
に主演、笑える部分は確かにあるものの全体的に話が
冗長でテンポが悪い・・・、ジャッキーはさすがに
年も年ですのでサポートを期待したいところが、脇の
キャラも登場時にアイキャッチみたいなの作られて
見せ場も与えられているにも関わらず、なんかパッと
せず・・・、脚本とかアクション設計の問題でしょうか、
結局ジャッキーを除いては池内さん一人で奮闘している
格好に。

そこでアクションシークエンスはというと、一応
違いをつけている部分もあるものの、可くらいの
クオリティ、これもジャッキーは置いといて他に
まともにアクション出来る人が・・・という感じ、
列車の似たような画が続き飽き気味になってしまい
ましたし、というか格闘戦がほとんどない!、これは
寂しい、敵側のキャラを見ると昔だったらガッツリ
戦ってくれそうでしたがね、クライマックスはさすがに
見せ場を作っていましたが。

久々にジャッキーをスクリーンで観られたのに、日本人
が敵役とかそういうの関係なくあまり面白くないという
残念な結果に、ただジャッキーについたメイク&
スタイリストさんは良い仕事をされていました、あとは
プロップ類ですかね、列車とか戦車とか実際に稼動
させているのはやっぱり良いものです。

従来のジャッキー映画としては『ラッシュアワー』的と
思われる9月公開予定の『スキップ・トレース』に期待、
相棒がジョニー・ノックスビルですし、大丈夫かなと。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

キング・アーサー 【劇場で鑑賞】

『シャーロック・ホームズ』シリーズなどで
知られるガイ・リッチー監督の新作で、主演を
テレビシリーズ「サン・オブ・アナーキー」などの
チャーリー・ハナムが務め、『コールド マウンテン』
などのジュード・ロウが共演する、アーサー王伝説
を映画化した『キング・アーサー』が公開されました
ので観に行ってきました。

こちらはMX4Dバージョンがありましたが、2D
字幕版を鑑賞しました。

キング・アーサー 3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



キング・アーサー

原題:KING ARTHUR LEGEND OF THE SWORD

製作:2017イギリス/オーストラリア/アメリカ

作品紹介
アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション。
王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、
聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。
メガホンを取るのは、『シャーロック・ホームズ』
シリーズなどのガイ・リッチー。出演に、テレビシリーズ
「サン・オブ・アナーキー」などのチャーリー・ハナム、
『コールド マウンテン』などのジュード・ロウ、
『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』などの
ジャイモン・フンスーらが結集。壮絶なソードバトルの
数々に圧倒される。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★★
おすすめ度:★★★☆

暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)の計略に
より、スラム街へと身を落とした王の息子アーサー
(チャーリー・ハナム)、過酷な環境を生き抜き、
いつしか頼もしいリーダー格に成長した彼は
ある事件をきっかけに自身の出生の秘密を知り・・・。

「アーサー王物語」の日本での知名度はどのくらい
かわかりませんが、あまりなじみはないのは確か、
昔『円卓の騎士物語 燃えろアーサー』というタイトル
でアニメ化され、どのような内容かは忘れたものの、
子供のころ観た記憶があり、その存在は知っていました。

今回映画化したのは『シャーロック・ホームズ』で
大胆なアレンジを施したイギリスのガイ・リッチー監督、
早速観てみると・・・、出た出た〜〜お家芸のモンタージュ、
お洒落系と見せつつ実は期待できるアクションシーク
エンスも◎、字幕に収まりきらない会話シーンはネイティブ
でないのが悔やまれます。

ストーリーは正直薄めで、アーサー側はほぼアーサー
のみに焦点が絞られている格好になっているのでサブ
キャラは名前を知っていたパーシバルですら薄い描写、
“カンフージョージ”とか期待していたんですけどね、
見せ場がほとんど無いのがもったいないというか、あと
見方側の衣装が地味・・・、一方悪役のジュード・ロウ
はゴージャスな衣装や彼自身の色気、プラス統一された
黒系の鎧の軍隊と、敵側のほうがスタイリッシュに
なっています。

でもやっぱりガイ・リッチー監督だけにテンポが良く、
尺が長めの割には進行が速い!、アクション設計の
ほうは3D向けなれど、無双系の殺陣が気持ち良い〜、
結局しっかり楽しめてしまった映画でした。

あとゴリゴリのソードアクション作ではなく、思ったより
ファンタジー色が強めなので、そのあたりは注意かも
しれません、開幕のシークエンスであれれとずっこけて
しまう方ももしかしたらいるかなと。

なお同監督作の『コードネーム U.N.C.L.E.』
続きデヴィッド・ヴェッカムがチラッと出演して
いるのでお楽しみに。

キング・アーサー ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]



予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
posted by かとちゃん00 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画:か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

メッセージ 【劇場で鑑賞】

第89回アカデミー賞の多数の部門にノミネート
され、音響編集賞を受賞したSF映画『メッセージ』
が公開されましたので観に行ってきました。

メッセージ [Blu-ray]



メッセージ

原題:ARRIVAL

製作:2016アメリカ

作品紹介
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を
基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した
知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。
メガホンを取るのは、『ボーダーライン』などのドゥニ
・ヴィルヌーヴ。『ザ・マスター』などのエイミー・
アダムス、『アベンジャーズ』シリーズなどのジェレミー
・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』
などのフォレスト・ウィテカーらが結集する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★★

地球の各地に突然現れた巨大な未確認飛行物体、彼等
の意図を探るため、調査チームが編成される、アメリカ
では言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)が軍から
依頼され、コンタクトをはかるが・・・。

非常にリアル志向のSF作、人々の混乱具合や政府の
対処の仕方など、シミュレーション的な見方で
楽しめます、あの国なんかそういう行動起こしそう
だよな〜とか。

本題は異星間のコンタクト、今まで映画やアニメなどで
数多く描かれてきたものですが、こちらはあまりない
切り口、しかし冷静に考えてみるとこっちのほうが
現実的かも、なんにせよ好奇心をそそられる展開でした。

地味ながら惹きつけられる内容と上手い構成で最後まで
目が離せなかったです、自分は疑問に思うところが
あったりして、終わってからあれこれ考えるのも楽しい
SF作品ではないでしょうか。

メッセージ [DVD]



以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  

【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。
続きを読む
ラベル:SF
posted by かとちゃん00 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画:ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする