2017年12月09日

バリー・シール アメリカをはめた男 【劇場で鑑賞】

CIAと麻薬の運び屋という二足のわらじを履いた
という実際に居た人物をを基にした映画でトム・
クルーズ主演の『バリー・シール アメリカをはめた男』
が公開されましたので観に行ってきました。

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]



バリー・シール アメリカをはめた男

原題:AMERICAN MADE

製作:2017アメリカ

作品紹介
航空会社のパイロットからCIAのエージェントに転身し、
麻薬の運び屋としても暗躍した実在の人物バリー・シールの
半生を、トム・クルーズ主演で映画化。『エクス・マキナ』
などのドーナル・グリーソン、『21オーバー 最初の二日酔い』
などのサラ・ライトらが共演。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でトムとタッグを
組んだダグ・リーマンがメガホンを取る。トムが全て自分で
こなしたフライトシーンに注目。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)ビスタ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

民間航空会社のパイロットでトップクラスの操縦技術を持つ
バリー・シール(トム・クルーズ)は、CIAにスカウトされ、
偵察機のパイロットとして大きな成果を挙げる、しかし作戦の
過程で麻薬組織と接触し・・・。

トム・クルーズが運命に翻弄される男を演じる
この映画、どうもトム様が爽やか過ぎて結構
やばい事をやっているのにやや軽めの雰囲気、
その代わり流れ的にはテンポ良く進んでいく感じ。

実話ベースのこちらは、変な盛り付けが無くても
なんだかんだでとんでもない事が巻き起こっており、
思わず笑ってしまう部分も、その代わりアクション
シーンが無く、ジャンル分けや宣伝などで“サスペンス
アクション”と銘打たれているのを受けて観ると、
ただ地味だな〜となってしまうかもしれません。

主演はご存知トム・クルーズ、彼がやはりスターというか
非現実的な佇まいに見られたところに、現実的な出来事が
挟み込まれるので、変な意外性があって良かったです、
脇では個性派のケイレブ・ランドリー・ジョーンズの
ものすごいホワイトトラッシュっぷりが印象的。

自分はアクションシークエンスがあるかな?と思って
観た口ですが、サクサク進む展開で退屈はしなかった
実録もの映画、トムが操縦席に居る飛行機のフライト
シーンに注目ですね。

以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:ドラマ
posted by かとちゃん00 at 19:30| Comment(0) | 映画:は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

アトミック・ブロンド 【劇場で鑑賞】

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で強烈な印象を
残したのも記憶に新しい、シャーリーズ・セロン主演
のアクション映画『アトミック・ブロンド』
が公開されましたので観に行ってきました。

アトミック・ブロンド [Blu-ray]



アトミック・ブロンド

原題:ATOMIC BLONDE

製作:2017アメリカ

作品紹介
『モンスター』などのシャーリーズ・セロン主演のアクション。
腕利きのスパイが、奪還を命じられた最高機密のリストを
めぐってし烈な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは
『ジョン・ウィック』シリーズに携わってきたデヴィッド・リーチ。
『X-MEN』シリーズなどのジェームズ・マカヴォイ、
『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマンらが共演する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★☆
おすすめ度:★★★☆

舞台は冷戦下、世界各国のスパイが狙う最高機密クラスのリスト
が何者かに奪われてしまう、そこでイギリスの情報機関MI6は
最強の女スパイ、ロレーン(シャーリーズ・セロン)に捜索の任務
を与えるが、そこにはすさまじい争奪戦が待ち構えていた・・・。

ビジュアル・イメージや女性スパイもの、『ジョン・ウィック』
シリーズに携わってきたデヴィッド・リーチが監督ということで、
華麗なアクションをイメージしていましたが、いざ見てみると
ゴツゴツとしたハードヒットを見せるストロングスタイルな
アクションシークエンス、これには意表を付かれました、
いかにも痛そうな殺陣や、スタント部分など可能な限り本人が
行っており、立ち回り時の動きの良さを見せます、体もしっかり
作っていてシャーリーズ姐さんの気合を感じさせますね。

そのアクションシーンで男性とどつきあいをガンガンやる
ときに、シャーリーズと敵とのサイズ感が合っているなと
思ったら177cmの長身!、ヒール履いたら180超えと、
恵まれた体躯を生かします、さすがの『マッド・マックス』
でもここまではやっておらず、もう一歩アクションに踏み込んで
いました。

ストーリーはスパイものながらそこまで複雑なもの
では無し、前半がやや地味で動き出すまではまったりか、
まあちゃんと仕掛けもあるので悪くは無かったです。

音楽は豊富に使用、セレクトは80年代中〜後期くらいで、
デヴィッド・ボウイ、ニュー・オーダー、クラッシュや
懐かしのネーナまで、何曲かカバーバージョンも使われて
いました。

『007』シリーズのような大きなネタは無いものの、
全編を通してクールなシャーリーズが見られ、彼女の
一味違うアクションも楽しめた映画でした。

アトミック・ブロンド [DVD]



以下予告編動画
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  にほんブログ村 映画ブログへ  
ラベル:アクション
posted by かとちゃん00 at 18:00| Comment(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

アナベル 死霊人形の誕生 【劇場で鑑賞】

人気ホラー映画シリーズ『死霊館』に登場する人形
アナベルをメインに据えたスピンオフ作品第2弾の
『アナベル 死霊人形の誕生』が公開されましたので
観に行ってきました。

アナベル 死霊人形の誕生 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



アナベル 死霊人形の誕生

原題:ANNABELLE:CREATION

製作:2017アメリカ

作品紹介
ホラーシリーズ『死霊館』に登場する人形アナベルに迫る
スピンオフの第2弾。手にした者を怪現象に引きずり込む
アナベルの生まれた経緯が明らかになる。メガホンを取るのは
『ライト/オフ』などのデヴィッド・F・サンドバーグ。
『バッド・ウェイヴ』などのステファニー・シグマン、
『ヴェンジェンス』などのタリタ・ベイトマン、
『ウィジャビギニング 〜呪い襲い殺す〜』などの
ルル・ウィルソンらが出演する。
(from Cinema Today)

鑑賞形態:映画館(字幕版)スコープ
満足度:★★★
おすすめ度:★★★☆

幼い娘を亡くした人形職人とその妻が暮らす屋敷に、
児童養護施設からシスターと6人の少女が住むことに
なった、施設が閉鎖され新たな住まいを見つけられた
彼女たちだったが、その家では怪現象が起こり、ある日
不気味な人形アナベルを発見する・・・。

人気シリーズになったホラー映画『死霊館』に出てきた
人形のスピンオフ映画『アナベル 死霊館の人形』に続いて、
今度は恐怖の人形アナベルの誕生の秘密に迫ります、前作
と時代設定が違い、キャストも一変されているので、ここ
から観始める事も出来ますが、出来れば前作を観ていたほう
が良く、そのほうがより楽しめる作りになっています。

監督はなかなか面白かったホラー映画『ライト/オフ』
のデヴィッド・F・サンドバーグ、コツコツとフラグを立て、
しっかり積み立てていく丁寧さがあり、視線の誘導や凝った
音響と大変作りがしっかりしています、ギミックや小道具
の組み込みも◎。

ただ悪霊側に色々盛り込んでくれているのは良いものの、
それによって設定が良く分からなくなってしまうところが
あります、今何体いるの?という数の問題や、人形と○○○
はどういう状態なんだろう?とちょっとわかりにくかったです。

キャストは初見の方々ばかり、しかしメインの子役さん方が
地に付いた演技を見せ、全く違和感無く進行、若いのにまた
上手いですね、層の厚さを感じました。

怖がらせるスポットが十分あった優等生的ホラー映画で、
そつなく楽しめた作品でした。

以下予告編動画に続き【ネタバレあり】感想
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【続きを読む】をクリックで【ネタバレあり】感想です。

  にほんブログ村 映画ブログへ  

続きを読む
ラベル:ホラー
posted by かとちゃん00 at 23:30| Comment(0) | 映画:あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする